思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

神田今川小路の昼と夜 

今川小路は昼でも暗いのは神田駅の高架下というかガード下だからです。
昨日の神田駅そばの高架下にあった大越などは目の前が繁華街で昼夜人通りが絶えないのに、こちらは夜でもあまり人を見ません。
snap_196.jpg  snap_197.jpg 

それでも時間によっては馴染み客がふらっと現れるんでしょう。
こちらが若いときはガード下など電車が通るたびに揺れるのが多かったし、通過音がうるさくて敬遠したものですが、失われていくものへの郷愁とでもいうのか、こんなところで飲みたいと思ってしまう。
それも猫がいるからですが~~~
  

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

神田駅ガード下の大越 

神田やお茶の水に水道橋へ仕事でよく行ってました。
1970年代のときは大衆食堂というか一膳飯屋がかなりあったのが、1980代になるとそれに代わってキッチンジローなどのチェーン店が台頭してきました。
それでも笹巻けぬきすしとかトンカツのいも屋とか昔ながらの店が健在で昼食に利用してました。
ときにはサボウルでナポリタンとかも食べてました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO  
Nikon 1 V1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
 gourmet_0033.jpg gourmet_0034.jpg 

そして1990年代後半は神田駅ガード下の大越という大衆割烹というか居酒屋へ。
山岳写真の例会帰りは決まって大越で飲み会をしてたからです。
この大越へ初めて行ったとき、蒲田の三州屋を思わせ懐かしく感じたのは、今の三州屋が改装する前の雰囲気によく似てたからです。
新橋がサラリーマンの聖地といわれるのはサラリーマンが多いだけでなく飲み屋がたくさんあるからですが、神田は学生街の街でもあり安い飲食店がひしめいてました。
夕暮れともなれば誘蛾灯に群れる虫の如くぞろぞろと飲み屋へ。
一日の仕事を終えた者たちがそれぞれの思いでビールや焼酎割りを飲む。
大越はまさにそんな人たちでごった返してて、二階に行こうものなら低い天井に頭を何度ぶつけたことか・・・
ガード下なのに二階なので天井がどれだけ低かったか・・・
snap_191.jpg snap_192.jpg snap_193.jpg snap_194.jpg 

それが先日行くと、大越が升亀とともになくなってたのは耐震工事のためらしい。
外であまり飲まなくなってる今繁華街に行くことがめっきり少なくなってて、浦島太郎の状態。
時の流れは無情にも自分の行き場を奪い去るがごとく、あちこちで思い出の地がなくなってしまう。
山岳写真の同好会はとっくに脱退してるので会員たちとも音信不通となってますが、会そのものは今も存続してるようですが、大越がなくなってどこで例会をしてるのやら・・・
snap_195.jpg      
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

スイレンの季節です 

今年もスイレンの季節がやってきました。
まだ咲きはじめというか次から次へとかいかしては枯れていきますが花の数は少ないといっても、初夏の到来を思わせます。

スイレンとハスの見分け方は、スイレンは水面すれすれに花を咲かせるのに対し、ハスは水面からかなり高いところに花をつけます。
そしてスイレンのシベはキクの花のような感じですが、ハスは真ん中にジョウロの先端のような花托があるので簡単に見分けがつきます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
 flower_suiren_0024.jpg flower_suiren_0027.jpg flower_suiren_0026.jpg 


このところ竹原ピストルがメディアに取り上げられることが多いようです。
私が彼を初めて目にしたのは「海炭市叙景」という映画ででした。
函館市出身の作家佐藤泰志の短編小説をオムニバスにしたというかドキュメンタリータッチの作品で、勤務先の造船所が不況で閉鎖されようとするなか、初日の出を見に函館山に妹と行くものの、帰りのロープウエー代にも事欠き妹だけ乗せた兄役の竹原ピストルは歩いて下山する。
終幕間近に世の中に絶望し自殺したのか、遭難死だったのかはっきりしないがテレビで彼の死が流される。
そんな彼の演技は寡黙でも力強さを感じたものです。

この海炭市叙景を見てから6年ほど経過してますが
よ~、そこの若いの 俺の言うことを聞いてくれ~♪♪♪
こんな歌を耳にしてる方が多いのでは?
この歌手がまさかあの竹原ピストルとは思いもしていなかった。
昨夜もNHKで夜遅く出演してて、人気のほどがわかろうかというものでした。
歌手もいいですが、私としては俳優としてもっと出演して欲しいと思ってます。

敬称を略させていただきました。
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

目が口ほどにものをいってる猫2匹 

外猫が人間を警戒するのは当然としても、キジシロはとぼけたような、否、怯えてるようにも見えなんとも言い難い顔でした。
黒猫は上目遣いしてますが、来るなら来てみろとでも思ってるんでしょうか?
共に人が容易に近づけないところにいて危険がないとわかってる猫2匹。
それぞれの性格がどういうものかわかりませんが、猫の目は口ほどにものをいってるといった感じでした。

この猫を撮影したのは帰るつもりでカメラをしまおうと思った時でした。
レンズはSIGMA 70-300mm F4-5.6 DGをつけてたので20メーターほど先にいるのを撮影し、ゆっくり近づいて行くと物陰に潜んでこちらを見てました。
糸のようになってる瞳孔にマニュアルでピントを合わせましたが、ジャスピンでした。
安いレンズで歪みや色収差など欠点があっても、かなりシャープな写りをします。
SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGのカミソリマクロがどういうものか知りませんが、SIGMA 70-300mm F4-5.6 DGもジャスピンだと相当カリカリな写りで満足してます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
 cat_town_0052.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

多摩川台公園のアジサイが一株だけ色づいてました 

先日多摩川台公園へ行くとアジサイが一株だけ色づいてました。
来週になればもっと色づいてくるかと思いますが、こればかりは天気次第なので・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
 flower_ajisai_0084.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑