思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ヒマワリとスカイツリー 

今年あまり目にしなかったヒマワリスカイツリーのそばに咲いてました。
台風の影響で今にも雨が降りそうで、せっかくの三連休がもったいないようで・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

道端の花 

昨日最終回を迎えた黒革の手帳
今シリーズの元子役は武井咲であまりにも若すぎると批判めいた評価が多かったものの、回を追うごとに評価が好転していったようです。
それはこれまでのお嬢さん役ばかりだった武井咲が見事に脱皮したからだろう。
また最終回を迎える前に妊娠三か月で入籍したことが報じられた武井咲は、女優としてだけでなく人としても羽ばたいた感が強い。

スケジュールがびっしりで休む間もなく恋愛も二十五歳まで禁止という暗黙の了解の下タレント活動を続けてるなか、数年前から奔放な行動が表立ってた。
それが当世人気の男だろうと相手がどうであれ、自分が決めた男と一緒になるのに、恋愛禁止など関係ない。
決まった出演作やCMがどうなろうと、自分の生き様を他人に左右されたくないという意思が妊娠と入籍となったのだろう。

銀行員から銀座のクラブママへ。
そして黒革の手帳をもとに次々と手玉に取っていく悪女の元子。
夜の世界を牛耳り銀座の蝶となっていく熾烈な生き様が武井咲自身の生き様にダブって見えたのは自分だけだろうか?

芸能人や政治家などの著名人が不倫しようが離婚しようがあくまで当事者の問題で、一般人にはなんら影響ないのにメディアはこぞって取り上げる。
つい先日までは松居一代が夫の船越英一郎が不倫してるとネットやテレビで公言し世間を騒がせてたが、いつの間にか尻すぼみ気味で、それがいま斉藤由貴と山尾志桜里が不倫してると袋叩きにされてる。

かつて児島美ゆきが高倉健の愛人だったと公言しメディアから抹殺されたのは、偉大なる大スター高倉健のイメージを壊すという発想でメディア自体が児島美ゆきのことをあまり取り上げなかったと同時に、彼女を非難したからだった。
高倉健は大スターで出演する作品といえばやくざ者とか硬派な役が多く、ハレンチ学園上がりの児島美ゆきでは不釣り合いで高倉健のそれまでのイメージにそぐわなかったのは確かだろうが、児島美ゆきの言い分を聞いてもおかしくはないはず。
それでもメディアは売名行為だと相手にしなかったと記憶してる。

そして3年前亡くなった高倉健の葬儀に実の妹が出席できなかったのは、高倉健が生前養女にした謎の女性が呼ばなかったからだし、その幼女に財産のすべてを贈与し愛人だったのではと噂されてる。
これもどこまでが噂で真実なのかは、当人しかわからないこと。
そんなことをメディアがしきりに取り上げては口さがない巷間を騒がせるのは世の常。

今朝また北朝鮮が発射した弾道ミサイルが襟裳岬沖に着水した。
非日常というか現実の恐怖だ。
これでまたメディアは一転して北朝鮮を非難攻撃し、著名人たちの不倫だの離婚はしばらくお預けになる。
北朝鮮国家に拉致された被害者救済は遅々として進展することなく、いつの間にか市井は忘れ去ってるようです。
それはメディアが取り上げないからでしょう。

昨日ヒガンバナを撮影したあと回転寿司屋へ行った。
汗をかいた後のビールが美味くご機嫌だったが、あとから隣に座った女性がなにをするにつけ音を立てるというか目について仕方なかった。
よく言えばテキパキしてるんだろうが、悪く言えば品がなく仰々しかった。
見たいものがあれば見たくないものもあるし、そのいずれでもなく目につくものもあるが、まさにその女性は見たくないのに鼻につく輩だった。

道端の花はムクゲだろうか?
人の目を惹くかのように咲き誇ってても、立ち止まってまで見る者はいない。
それでも写真にした。
人の感じ方は十人十色どころか百人百様だろう。
武井咲が選んだ男はともかく、黒革の手帳での演技開眼を見て、人として女優として大空高く飛翔して欲しいと思った。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4

テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

バリアングルモニター搭載のカメラが欲しい 

NIKON D7000から4年前PENTAX K-5Ⅱsに替えてもバリアングルモニターでないのが不便でならない。
というのはローアングルの撮影だと時には四つん這いというか地面に這わなければ思い通りの構図にならないからです。
ピント合わせはファインダーにしてもモニターにしてもカメラに接眼しなければならず、中腰だとかなり苦しいしブレてしまう。

デュランタを普通に撮った後、地面に落下してる花を撮るのに上記したように四つん這いになりました。
それも手持ちで最短距離に近い状態なのでピントがなかなか合わない。
それで何度もシャッターを押しまくりなんとかピントが合ったのをピックアップ。
通常の目線では見ることがないアングルは新鮮な写りになりました。


2017_09_0002.jpg

 2017_08_0015.jpg 2017_09_0001.jpg 

今夕は曇ってる東京ですが昨日一昨日と夕焼けでした。
外へ撮りに行く間に闇になってしまいそうなので室内で撮影しました。
cloud_sky_0001.jpg cloud_sky_0002.jpg cloud_sky_0003.jpg   
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

可愛がられてるのに目が点の黒猫 

学校帰りの女の子が商店の黒猫を撫で去って行くと、違う児童たちがまたこの黒猫を撫でに来ました。
可愛がられアイドル的な黒猫なんでしょうが、黒猫はこちらに気を取られにこりともしない。
猫がにこりするか?
感情豊かな猫はにこりと笑わないまでもご機嫌な時はそれなりの顔を見せます。
それでもこの黒猫はカメラが気になって目が点になってますけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

似てる猫は数多いれども・・・ 

4年前ほかの似てる猫と見分けをつけるために顔を赤いマジックで塗られたような猫を見たことがあります。
その猫と似てるのが付近にたくさんいるのを知ってたし、餌を上げてる男性を非難したところでいうことを聞くような相手でなさそうだったし・・・

それはともかくつい先日その猫がいた近くへ行くとその猫がいました。
赤いマジックはあれ以降何度も塗られたのか?それでももうマジックは塗られてないのに鼻筋が赤い。
画像処理してると4年前のその猫たちのことが懐かし思い出されてきますが、よくよく見ると耳カットが左右逆で違う猫と判明。

首輪がついてないのを見れば一目瞭然ですが、それでも4年たってるしマジックが塗られてないのも、あの男性が何らかの理由でいなくなったからではと思ってたんですが、その思惑は違ってました。
似てる猫は数多いれども、そっくりなのに違うのかとがっくりしてしまいました。

それはともかく以前掲載した記事と見比べてください。
もう、そっくりですから~~~
その記事はこちらです


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

※ 右に同じ猫だと思ってた画像を追加しました
 cat_kyojima_0008.jpg  
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑