思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

雨中での撮影は大変ですが 

雨中での撮影はカメラ機材が濡れて故障しないかと気になりますが、アジサイにしても他の花にしても雨が降ってる時や雨上がりのほうのがしっとりしてていい。
前夜降った雨がやんでたこの日、6時ごろ撮影現場に着きアジサイやクモの巣に付着した滴をいやというほど撮影して疲れ、休憩を兼ねてスイレンへ移動。

すると雨が降り出したので傘を差したもののすぐにやんでしまう。
これまで花や葉に滴がついてるのを撮影してるものの、をたたきつけるような雨脚を撮ってません。
それに激しい雨脚を撮りたかったのに俄か雨だし、空を見上げてもこれ以上雨が降りそうな気配はない。
それでも少し波紋が起きたのを撮りましたが・・・
雨中での撮影はなにかと大変ですが、この時ばかりは八代亜紀さんではないけど、雨雨降れ降れもっと降れと願いましたよ。

今日土砂降りのなかスイレンを撮影してきましたけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_suiren_0011.jpg flower_suiren_0010.jpg flower_suiren_0008.jpg flower_suiren_0007.jpg flower_suiren_0006.jpg



北鎌倉にあるミシュランひとつ星の懐石料理屋で食中毒が起きたというトピックで思い出したことがあります。
北鎌倉駅から東慶寺をやり過ごし踏切手前右のところかその先しばらく行った長寿寺そばだったかはっきり覚えてませんが、光風苑というのがありました。
宿のようでしたが料理屋も兼ねてた気がします。
それがものすごく趣のある建物で一度は行きたいと思いながら行けないまま、40年ほど前になくなってしまいました。
それからかなりたち初めて懐石料理屋へ行ったところは緋毛氈が敷かれ、靴脱ぎ代わりの大きな三和土から各個室に入るんですが、傍らにはせせらぎを模した水が流れててビル内のテナントとは思えない趣。
夏だったので枝豆のすり流しから始まった料理が美味しかったのはいうまでもなく、BGMの箏曲が暑さを忘れさせてくれたのを覚えてます。

横浜ランドマークタワーのロイヤルパークホテルの四季亭やホテルラフォーレ東京のなだ万とかもいいですが、行けなかっただけに北鎌倉の光風苑がどんなところだったのかと悔やまれてなりません。
そんな贅沢ははるか昔のことで、高温多湿の今さっぱりした冷や麦をよく食べてます。
薬味をネギだけでなくオオバやミョウガに替えたりしてますが、それも毎日となればさすがに飽きてきます。
たまにはすき焼きでもしますかね~~~
関連記事
テーマ: 今日の独り言 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

おはようございます。

スイレンですね。
とっても綺麗な白ですね(*^_^*)

水滴の輪がまた、演出してくれますよね。

Miyu #- | URL | 2016/06/22 05:17 * edit *

Miyuさんへ

> スイレンですね。
> とっても綺麗な白ですね(*^_^*)
>
> 水滴の輪がまた、演出してくれますよね。

スイレンは虫やごみが目立つので咲き始めのを狙うんですが、すると構図的に難しくなったりとかで・・・
季節柄滴狙いが多くなりますね~~~

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/06/22 09:50 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret