闘牛のような猫 2016年04月20日 墓地の猫 コメント:2

闘牛といえば角を突き合せますが、猫だと顔や頭での押し相撲になってしまう。
猫は挨拶代わりに顔をこすりつけ合いますが、これは餌を競って食べるためですが(=^・・^=)

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_tsuda_0030.jpg
関連記事

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

コメント

こんばんは

この猫の闘牛、なかなかこうした写真は撮れません!ほんとにNice shot!ですね。
とてもユニークでタイトルも素敵です。
  1. 2016/04/21(木) 19:33:26 |
  2. URL |
  3. Sapphire #v2qqKC6w
  4. [ 編集 ]
Sapphire さんへ
> こんばんは
>
> この猫の闘牛、なかなかこうした写真は撮れません!ほんとにNice shot!ですね。
> とてもユニークでタイトルも素敵です。

腰だけでなく股関節の調子も悪く、拝見しに行くのが晩くなりました。
愛新覚羅美術館が広島県の竹原にあるのを知っててそこのことだと勘違いしてましたが、邸宅が今後もきちんと保存されるといいです。
花椿通りのハナミズキが綺麗だったし、帰りに寄った某所では先客がいて猫を占有されてましたが少し離れたところで木登りしてるのを見つけ、無理して寄った甲斐がありました。
この闘牛をしてるような猫がいるのは足が遠のいてる霊園墓地ですが、この猫たちに会うのは本当に久しぶりで懐かしかったです。
独特な視点でいつかは個展の開催してくださいね~~~
  1. 2016/04/21(木) 20:03:34 |
  2. URL |
  3. freecat #hdScUxTA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する