思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

赤い花の撮影は難しい 

季節柄チューリップが見頃を迎えてます。
花の撮影は晴れてるとか曇ってるとか背景が明るいか暗いかだけでなく、昔よく見てたフォトテクニックなどの写真雑誌で赤・青・紫などはカメラが測定した露出値よりマイナス補正するようにと記憶してます。
常日頃絞り優先モードで撮影しててだいたいの補正値を経験則で割り出し、これはというカットでは1段の幅で3枚ほど撮りますが、このチューリップやツツジ、それにヒガンバナはまともな色合いで撮れたためしがありません。
露出だけでなくホワイトバランスもあれこれ調整してますが、デジカメの場合赤は色飽和を起こしやすいのでNDやPLフィルターを装着して撮影するべきかも知れません。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり
flower_2016_04_0008.jpg flower_2016_04_0006.jpg flower_2016_04_0007.jpg   
関連記事
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret