思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ピント合わせはボディとレンズの相性かそれとも開放値の明るいレンズなら楽なのか 

下の画像はすべてSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで撮影しました。
3月30日は手持ちでなんとかシベにあったのを選んで掲載してますが、4月1日のは三脚を使用したのにそれでも思ったようにピントが合いませんでした。

いちばん上のは上の花のシベにピントを合わせたのに下の花にピントが行ってるし、下段左のは真ん中より右に、その隣のはやはり上の花より下の方のメシベのが精細に写ってました。
さらにそのとなり、右から2枚目といちばん右はメシベよりオシベにピントが行ってまして・・・
そう思うとどれもピンボケと同じわけですが、シベのどアップでないので、これぐらいならいいだろうと画像処理しました。
その際アンシャープはしてません。

4月1日SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROからsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRにレンズを替えたのを見ると、思ったところにピントが行ってるのが多く、削除する画像は少なかったです。
というより撮影中のファインダーがすごく精細に見えました。

レンズとの組み合わせでファインダーの見え方が変わる。
それはレンズの解像度によるのか?
所有してるもので、フォーカスリングをいくら微調整しても合わないのが多いなか、 smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRはよほどのドアップでない限りピントが来るのはボディーがPENTAX K-5Ⅱsで同一メーカーの純正だからでしょうか?
その論でいくならタクマーのオールドレンズだってピント合わせは楽なはずですが、開放値が暗いレンズだとてこずってしまいます。
かといって開放値が明るいsmc PENTAX-A 50mmF1.4だと被写界深度が浅いので、これまたピンボケを量産してしまいますが、それでもファインダーが見やすいのは確か。
このあたり痛し痒しです。

花の接写の場合ピント位置を微妙にずらし何枚も撮ってますが、それでも削除するのが圧倒的に多い。
こうなるといいレンズが欲しいと思いますが、貧乏人の自分には無理なないものねだり。
あるものでなんとかするほかありませんね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_0172.jpg

flower_sakura_0176.jpg flower_sakura_0175.jpg flower_sakura_0174.jpg flower_sakura_0173.jpg    
関連記事
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret