思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

デジイチのピント合わせどうしてますか? 

皆さんデジイチのピント合わせどうしてますか?
たいがいシャッター半押しにするとAFとAEロックがかかってる設定で撮影してる方が多いと思いますが、親指AFというのをご存知でしょうか?
親指AFの設定をするにはシャッター半押しにしたときAFとAEロックがかからないようにし、AFボタンかほかのボタンにピント合わせをわりあてます。
このようにカメラ側を設定し
AFボタンを押せばピントが合った状態になり、あとはシャッターを押すだけです。

私は
猫を主に撮ってますが、どう動くかわからない予測不可能な猫でもピントを合わせてくれるということで親指AFの設定にしてます。
それでも猫の目とか眉間にピントを合わせたいのに、手前に木の枝や葉があるとそれに合わされてしまうことが多いです。
ですから
親指AFで確認した後ピントをマニュアルにして微調整しますが、じっとしててくれるならいいんですが動かれるとなかなか合わせることができません。
それに老眼で小さなファインダーに表示されたものが合ってるのかどうか、正確にわからないという状態です。

それでもPENTAX K-5Ⅱsを合掌したとき4倍にプレビュー表示するように設定してるので、それを頼りにシャッターを押してます。
それでもなおかつ
、レンズがきちんとピントを合わせてるのかという疑問があります。
というのはレンズによる個体差の当たり外れがあるようで、私が使ってる
SIGMAのくちこみにはピンボケレンズばかり出してるなどと悪評を書かれてます。
それが事実かどうかわかりませんが、若干前ピンか後ピンに感じることがあります。
それは私がマニュアルで微調整したことでピントがずれたのかもしれませんが・・・

そういう状況でもシャッター半押しで構図を整え、いざ撮ろうと思ったら猫が動いてて、またピントを合わせなおすよりはるかに楽で便利です。
風景はもちろん人物撮影なら、被写界深度をフルに利用して狙い通りのピントを得られるでしょう。
ものは試しで、いちど
親指AFの設定で撮影してみてください。

下の画像左は1の目より
明らかに2・3・4に合ってるようで、右のは拡大した画像です。
親指AFボタンを押した後、マニュアルで微調整したのがよけいだったのかもしれません。

technical_0001.jpg technical_0002.jpg

これも上と同じように撮影しましたが上の前ピンに対し、こちらは後ピンになってしまいました。
technical_0003.jpg technical_0004.jpg

木の枝がなく手ブレ起こさなければ、
ピントはびしっと決まるはずなんですけどね~

簡単な写真用語 
被写界深度について
レンズの絞り値数字が大きいほどピントを合わせた前後の合う範囲が広くなり、小さければ狭くなります。
言い換えれば、前後をぼかしたいときは絞り値を小さく(俗に絞りを開けるといい、ぎゃくは絞り込むといいます)すればいいです。
人や
花を前景と背景から浮きだたせたいせたいときなど、絞りを開けるといいでしょう。

写真を上手に撮りたい。
そう思いながら手当たりしだい撮ってきましたが、今年からはじっと我慢して撮るようにしていくつもりです。
それは猫だけでなく昨日掲載した都電荒川線にしてもそうですが、撮りたいものに見合った撮影技法があるからです。

これまではブログを運営してるので、とにかく記事にしていかなければという強迫観念がありました。
以前はランキングサイトに参加してて訪問してくださる皆さんのところを訪問しなければならなかったこともあり、まさしく強迫観念というか義務で記事の更新と訪問を続けてたことがあります。
でも、ランキング1位になったら誹謗中傷の書き込みをされ、
そういうことに意義を見出せませんでした。

それより、写真を上手に撮りたいという方に、微力ながら役立てればと思います。
と同時に毎日のように更新してきましたが、これからは自分自身納得いかないというか、気に入ったものが撮れないときは記事の更新をしないと思います。

おくれましたが、新春のお喜び心より申し上げます。
皆さんにとっていい一年になるよう願っております。
と同時に猫を撮ってるのにいいのが撮れないがどうすればいいのかなど、自問自答したことを記事にし、また質問があれば答えていきたいと思います。
ただし、カメラの設定は取扱説明書に書かれてますし、使用機種の違いでお答えできないことをお断りしておきます。
                                                2014年元旦


関連記事
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

明けましておめでとうございます。
親指AF 知ってましたが使ったことなかったです。
これ便利に使えそうですね。
今度やってみます。
 
今年も宜しくお願いいたします。

うり #Ytk3Wfxk | URL | 2014/01/02 01:15 * edit *

謹賀新年

明けまして おめでとう ございます。
昨年は本当にお世話になりました。
新年早々の"ピントの合わせ方"の記事
初心者にも優しく丁寧なご説明 嬉しく拝読いたしました。
「親指AF」頑張って練習致します。
本年も宜しくお願い致します。
素晴らしい一年で有りますようお祈りいたします。

桜の親父 #- | URL | 2014/01/02 10:02 * edit *

うりさんへ
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
親指AFは便利なのでぜひ試してくださいね~

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/01/02 10:50 * edit *

桜の親父さんへ
こちらが口幅ったく書くようなことでないかもしれませんが、親指AFを知らない方には目からウロコでしょう。
こういったことを出来るだけ取り上げていきたいと思いますので、今年もよろしくお付き合いください。
おそくなりましたが、この場を借りて新年の挨拶に代えさせていただきます。
明けましておめでとうございます。

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/01/02 10:54 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret