思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

此岸から彼岸へ 

よく猫撮りしてる地域へ行ったのにお目当ての猫とは会えずじまい。
それでも新たな猫スポットを発見し撮影して帰ろうとすると、その近くのマンションに猫がいることを思い出し寄ってみました。
このところそのキジトラを見ることがなかったし、たまにはご機嫌伺いしようと思ったのに相変わらず姿が見えない。
マンションの住人が出てきたのでキジトラのことを聞くと、亡くなったことを知らされました。
数年前17歳とも18歳とも聞いてたキジトラなので、むべなからぬことかと・・・

3月21日墓参りへ行ってきました。
弁当は作ったしおはぎも買ってあり、あとは花をどうするか?
長い時間電車に乗ってるのに花束を持って行くのでは活きが悪くなるしコンビニのは高い。
どうせ高いなら墓地のですまそうと買うと、コンビニとさほど変わらない本数で値段もかなり上がってた。
数年ごとに値上げしてて3.5平米の管理費が1万円で、そのくせ線香と花の後片付けもしてくれない。
管理費とは名ばかりで職員の人件費と、山を切り崩した雛壇状の猫の額のような墓所を開発するのにまわしてるんでしょう。
こんなことなら足回りのいい近場の霊園にしておけばよかったと思うものの、父親が亡くなった先の近くがいいだろうと決めたのが間違いの元で・・・

出かける前の天気予報では晴れるといってたので春物のスィングトップを着てましたが、今にも雨が降ろうかという厚い雲に覆われ寒いったらありゃしない。
そんななか草むしりをしおえた墓に花を活け、弁当とおはぎを供えました。
父、母ともにどんな思いで亡くなっていったのだろう?
それよりどんな思いで生きてたのか?
手をあわせそんなことを考えたところで答えが帰ってくることはない。
まずは生きてる自分の健康を願った。
そしていつものように、墓参りするたびにこれまで亡くなった猫たちが此岸から彼岸へうまく泳ぎ着くことを願う。

生き物は死ぬからと嫌ってた母にすれば迷惑だろうと、他生の縁で外猫たちを撮り続けてる息子の願いだし聞き届けてくれるでしょう。
ましてや我が家の野良猫由乃がもうすぐ13歳になるし、その由乃の面倒を見ることになったのは母親の思いもかけぬ話だったし・・・
去年秋の彼岸からキジトラのほかに亡くなった猫がかなりいるし、彼岸で第二の猫性を謳歌して欲しい。
執着心や煩悩にあがきながら生きてる自分のことも、いずれは彼岸に導いてほしいと~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO モノクロはFinePix 770EXR

怖い顔つきをしたキジトラは初めて会ったというのに自ら足元へ寄ってきて撫でたらご機嫌に。
その後何度も撮ってるのに似たような写真ばかりなのは、キジトラが足元にまつわりついてあまり撮れなかったからなのかも知れません。
キジトラはこのマンションに棲みついてるのかどこかに塒があるのか知りませんが、飼い主に捨てられたというのにマンションの住人はじめ通りかかる人たちに撫でられ可愛がられてました。
猫は環境変化に弱いとも適応するともいわれてますが、仔猫時代に家猫だったのが見ず知らずのところに放置されたときの驚きと恐怖心は想像を絶するものがあったでしょう。
それでも地域住民から愛された、いや愛されるように自ら努力したんでしょう。

現世が此岸であの世を彼岸というそうですが、いい行いをした者だけが彼岸に行けるそうで、でなければ阿鼻叫喚地獄に落とされる。
このキジトラは此岸の荒波を泳ぎ切り、きっと彼岸にたどり着いてるでしょうね~~~
cat_shin_0001.jpg

cat_shin_0002.jpg cat_shin_0003.jpg cat_shin_0004.jpg cat_shin_0005.jpg cat_shin_0006.jpg 

25年ほど前のバブル絶頂期に購入した墓所は外柵費込でで300万近くしましたが墓石代は別。
2016_03_0008.jpg 2016_03_0009.jpg 

木蓮が咲いてるかと思えば梅も。
枝垂れ桜はやはり今年もまだ花をつけてませんでした。
2016_03_0010.jpg 2016_03_0011.jpg 
関連記事
テーマ: 猫のいる生活 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは

お墓参りにいってらっしゃったのですね(*^_^*)
久しぶりにお話しできましたか?
寒い日でしたよね。

キジトラさん、長生きしたのでしょうね。
マンションの方たちに可愛がられたのですね。
家猫だったのでしょうか?
きっと、天国へいったのでしょうね。

全ての生き物は、天国に行くと思います。
良くない行いも、やり直すチャンスを与えられるのではないでしょうか。
そんなことを考えてしまいます。

Miyu #- | URL | 2016/03/25 20:52 * edit *

Miyuさんへ

> お墓参りにいってらっしゃったのですね(*^_^*)
> 久しぶりにお話しできましたか?
> 寒い日でしたよね。
>
> キジトラさん、長生きしたのでしょうね。
> マンションの方たちに可愛がられたのですね。
> 家猫だったのでしょうか?
> きっと、天国へいったのでしょうね。
>
> 全ての生き物は、天国に行くと思います。
> 良くない行いも、やり直すチャンスを与えられるのではないでしょうか。
> そんなことを考えてしまいます。

俗にいうあの世とはなんなのか?
20年ほど前物事にあまりにも執着するのが嫌で、仏教に関する本を読み漁ったものです。
過ちを犯した人間でも西方浄土へ行けると説いてる本もありますが、それも生きてる時に悔い改めなければ地獄に落ちるとか・・・
犬や猫など動物が罪を犯すことはなく、間違いなく天国へ行くんでしょう。
ましてや捨てられたキジトラが地獄に行くことは決してあり得ませんね~~~

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/03/25 22:28 * edit *

お墓参り、きちんとされているのですね。
わが家はなかなかきちんとできずにいます。
いつもお彼岸とお盆からずれてしまう(^^ゞ
 
キジトラちゃん、お外で暮らして17.8年は長生きでしたよ。
 
地元のブロガーさんによると、
中院の枝垂れ桜は満開の様です。

うり #Ytk3Wfxk | URL | 2016/03/26 11:17 * edit *

うりさんへ

> お墓参り、きちんとされているのですね。
> わが家はなかなかきちんとできずにいます。
> いつもお彼岸とお盆からずれてしまう(^^ゞ
>  
> キジトラちゃん、お外で暮らして17.8年は長生きでしたよ。
>  
> 地元のブロガーさんによると、
> 中院の枝垂れ桜は満開の様です。

人それぞれ事情があるでしょうし、お彼岸に墓参りできなくても故人を偲べばそれでもいいと思います。
こちらの知ってる外猫は長生きしてるのが結構多いです。
大往生だっただろうし、話してくれた人も可愛がってたのがいなくなって寂しいといってました。
今日は川越でなく小川町へ行きました。
霜里分校の桜はまだ蕾で4月になってからでしょうが、東昌寺と西光寺は八分咲きでしたよ~~~
情報ありがとうございました。

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/03/26 20:24 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret