思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

写真を撮る者のエゴだろうか? 

今日大倉山梅林へ行ってきました。
東横線の大倉山駅に着くといつになく下車するのが多く、時間的に晩かったかと臍を噛んでしまう。
そして大倉山記念館を過ぎ梅林入り口の階段から谷間に紅白のテントが仮設されてるのを見つけたとき、嗚呼もっと早く来ればよかったと後悔するばかり。
1月下旬来た時はまだ早咲きが少し開花してる程度だったし、暖冬だったのに冷え込みがきつい日が続きまだ早いだろうと思ってたのが大間違いでした。

池のそばの淡路しだれとそこから少し離れたところの白滝しだれの奥に露店がいつも出るので、行政側に絶好の撮影ポイントに紅白のテントがあると邪魔なので設置場所を移動できないのかと、これまで三年間にわたって何度か陳情してましたが善処されてません。

池畔に面した東屋からもそうだし通路からにしても、露店の紅白の幕が写り込むことが多い。
それは逆光で撮るからですが、順光で撮ったのでは凡庸だし位置的に人がかなり入り込みます。
それで長焦点レンズで背景をぼかすしかありません。
できることなら淡路しだれと白滝しだれりょうほう重ねたのを撮りたい。
それもパンフォーカスで。
そんなことしたら紅白のテントがもろに写り込んでしまう。

それだけに場所を移動してもらえないか電話しても担当者に伝えておきますといい、三年前からずっと同じ場所に設置されてる。
これはたんに写真撮影する者のエゴだろうか?
露天商が港北区に設置料を払ってるのかどうか知りませんし、仮に設置料を受領しててそれで梅林の管理運営費に充当してたとしても、梅林の敷地内で露店を他に設置可能なところはあるのに、なぜ配慮してくれないのか?
そして今日階段の改修工事をしてましたが、わざわざ観梅時期にしなければならないのか不思議です。

そういう行政側もそうですが、今日もっとびっくりしたのは白滝しだれの真下で弁当をひろげてる老夫婦がいたことです。
今年から立ち入りできるようになったのかなと思いましたが、周りは柵で囲われてるし、立ち入り禁止の看板がなくとも木の根元で飲食などしないでしょう。
それで入っていいのかその老夫婦に聞くと、なにか言い訳してるようですが聞こえずじまい。
そばにいた人たちがよくいったというような顔をしてるのはカメラを持ってる人たちでしたが、ほかの人にしてもあんな傍若無人な老夫婦を快く思ってないはず。
府中の郷土の森へ行った時もウメの枝を折った夫婦がいて、怒鳴りつけてやったのは先月のこと。
増上寺の豆まきでは自撮り棒を高々と上げて撮影してるのがいたし、撮影する側にも公共マナーを守らないのはいますが、カメラを持たない人にもマナーの悪いのがいます。

情けは人の為ならずをこの喩えにするのはおかしいですが、他人のためになることをしてれば自らにも情けをかけてくれるようになる。
そんな世間になって欲しいものですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
真ん中下に老夫婦が写ってます。
ぼかした白滝しだれですが、パンフォーカスにするとそばの紅白の幕が鮮明になってしまいます。
flower_ume_0130.jpg
関連記事
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんにちは

このしだれ梅、うしろの白梅を背景にとてもステキです!
ピンクと白、対比がいいですね。
この記事を読んで、たしかに、無神経なものがいろいろ、きれいな梅のそばにあったりして、撮るとき、困ってしまうことがありますよね。行政側というか、公園の場合、管理しているところに、もう少しましな感性があれば、と思います。管理している側の感性を疑うことも多いですよね。こういう点、改善してほしいですね。
最新の猫ちゃんの記事、拝読しましたよ!冒頭の写真、ごろにゃんとひっくり返っていて、愛くるしいですね!なかなかこんなに可愛くは撮れません!

Sapphire #v2qqKC6w | URL | 2016/02/25 11:26 * edit *

Sapphireさんへ

> こんにちは
>
> このしだれ梅、うしろの白梅を背景にとてもステキです!
> ピンクと白、対比がいいですね。
>>屋台テントの紅白よりウメの紅白のがいいですよね~~~
> この記事を読んで、たしかに、無神経なものがいろいろ、きれいな梅のそばにあったりして、撮るとき、困ってしまうことがありますよね。行政側というか、公園の場合、管理しているところに、もう少しましな感性があれば、と思います。管理している側の感性を疑うことも多いですよね。こういう点、改善してほしいですね。
>>書面で陳情したところで一個人では木で鼻をくくったような返事しかしないのが役人でしょう。
 野良猫に餌をやらないでくださいというプレートをあちこちはってあるかと思えば、ボランティアたちがまとまって抗議する  と共生できるように取り組むという玉虫回答しますからね・・・
> 最新の猫ちゃんの記事、拝読しましたよ!冒頭の写真、ごろにゃんとひっくり返っていて、愛くるしいですね!なかなかこんなに可愛くは撮れません!
>>トップ画像の縞ミケは生後半年ぐらいから撮ってて行くたびに足元でごろにゃンしてましたが、最近あまり行ってないので先  日は餌を出しても警戒してました。でも通い続ければまたごろにゃンするでしょうね~~~

freecat #- | URL | 2016/02/25 16:38 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret