思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

これだけ写るなら丸ボケじゃなくてもいい 

昨日の朝は寒かったものの、風がなく日中は暖かく感じる陽気でした。
そんな天気を見越し府中郷土の森博物館へウメの撮影をしに行って来ました。
先週行った大倉山梅林にしても早咲きが少し咲いてるぐらいだし、府中へ行ったところで開花状況が芳しくないのは元より承知。
それでも敢えて行ったのは一昨日購入したばかりのSMC PENTAX A 35-70mm F4がどんな写りをするか試したかったからです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SMC PENTAX A 35-70mm F4 MACRO領域あり
flower_ume_0087.jpg

flower_ume_0088.jpg flower_ume_0089.jpg flower_ume_0090.jpg flower_ume_0091.jpg flower_ume_0092.jpg flower_ume_0093.jpg flower_ume_0094.jpg flower_ume_0095.jpg flower_ume_0096.jpg flower_ume_0097.jpg          

去年手にしたsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0の柔らかで自然な背景ボケに惹かれ、それからというものオールドレンズを漁り始めSMC PENTAX A 35-70mm F4は7本目になります。
梅の木全体を写し込んだとき背景が明るいとフリンジが出ますが、それは現行レンズでも多少なりとも同じ現象を起こすし、これだけ写るなら丸ボケじゃなくてもいいと思うのは、ボケ具合が好みだからです。
それに花などマクロ領域があるおかげでかなり寄って撮れます。

35-70mmは40-80mmは同じようなズーム域なのに何故購入したかといえば、このところsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0で花を撮影すると、花のまわりがソフトフォーカスがかかったようにもやっと写るようになったからです。
それは逆光時に多く起きるので遮光さえきちっとできれば解決するのかも知れませんが、4千円余りという手ごろな価格に飛びついてしまいました。
半月ほど前オークションで落札したsmc PENTAX-A 28-135mm F4.0の写りもまずまずで、ますますオールドレンズにはまりそうですが、しばらくは所有してるものでこれから見頃を迎える梅と桜を撮るつもりでいます。
関連記事
テーマ: RICOH DIGITAL CAMERA | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは

白梅も蝋梅も光を浴びて何とも美しいですね!オールドレンズを使っての撮影、確かに背景がやわらかくなり、丸ボケもいい感じですね。青空を背景に白梅の白が気品があり、すばらしいです!

Sapphire #- | URL | 2016/01/28 22:43 * edit *

Sapphireさんへ

> こんばんは
>
> 白梅も蝋梅も光を浴びて何とも美しいですね!オールドレンズを使っての撮影、確かに背景がやわらかくなり、丸ボケもいい感じですね。青空を背景に白梅の白が気品があり、すばらしいです!

シャキッと解像してるのもいいですが、アナログ時代プリントしたような写りもいいです。
気候的に桜は雨で、梅には青空が似合うようです。

freecat #- | URL | 2016/01/29 06:17 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret