思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

君待てども 君待てどもまだ来ぬ宵 わびしき宵 

君待てども
君待てども
まだ来ぬ宵
わびしき宵・・・
こう歌ったのはフランク永井さんですが、まさに宵間近だというのに猫たちはまだ来ぬ餌やりさんをひたすら待ってる感じ。

この日の私は三日前起きた痛風の発作で摂生を続けてた甲斐あってか、歩いても痛みがなく日帰り温泉へ行ってました。
湯上りのビールも当然ノンアルコールのビール風味で我慢し、ある猫だまりへ行くため途中下車しました。
そして目にしたのがこの猫たちでした。
昨日掲載したバイクの猫がその一匹で、移動した先がこの場所でした。
暗渠の端に生い茂った雑草には水が置かれてるものの餌はありません。

冬至が過ぎ年が明けて陽が少しずつ長くなってるとはいえ、三時をまわれば薄暗くなる。
暗渠の奥は陽が射してても猫たちがいるところはすでに日陰。
万能ズームから付け替えたsmc PENTAX-A 50mmF1.4でそういう猫たちを撮りますが、ピントの薄いこのレンズは至近距離でちょこまか動く猫を撮るのは至難の業。
というよりカメラの手入れが悪く、ファインダーとミラーに埃が付着してるのかピントを合わせづらい。
それでもなんとか撮り終え、モデルになってくれた謝礼としてカリカリを出しました。
カリカリはあっという間に一粒残らず猫たちが平ら上げました。
残ったら拾うつもりでしたが、その心配は稀有でした。

smc PENTAX-A 50mmF1.4は単焦点で開放値が明るいので薄暗くてもシャッター速度を稼げるので、陽が沈むこの時でもわりかし高速で切れます。
それよりも何よりも、柔らかなボケ具合が最大の魅力です。
絞れば当然ピントの合う範囲が広くなるし、寄ったり引いたりしながら撮ってます。
餌を待ちわびてる宵間近の猫たちの雰囲気を撮りたかったんですが、どうでしょうかね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
cat_tsuda_0009.jpg cat_tsuda_0010.jpg cat_tsuda_0011.jpg cat_tsuda_0012.jpg    
関連記事
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは

ふくよかに見える可愛いにゃんこたちですね。
飼い猫さんみたいです(●^o^●)
幸せなこたちでしょうか。

Miyu #- | URL | 2016/01/08 21:19 * edit *

Miyuさんへ
俗にいう地域猫で、水が置いてあるしボランティアの方が面倒みてるんでしょう。
幸せかどうかは当猫に聞いてみないとわかりませんけどね~~~

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/01/08 21:39 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret