ピント合わせで困るケース 2015年11月15日 smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0 MACRO領域あり コメント:0

ピント合わせで被写体のまえに障害物があるとお手上げですが、ネットも困ったものです。
オートフォーカスだと迷いまくるか合ったとしても猫でなくネット。
smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 Macroはマニュアルフォーカスなので自分で任意のものに合わせるしかありませんが、この状態で猫の目に合わせブラさずに撮るのは至難の業といったら大げさだろうか?
そんなことでなんどもシャッターを押し、どうにか目にピントがきてるのを確保できました。
ファインダーを覗きながら中腰というより道路に片膝ついての撮影でした。
こんな時バリアングルのモニターならどれだけ楽かと思わずにいられませんね~
猫の撮影は辛い!

昨日掲載した三毛猫の一族です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 Macro
cat_tow_0031.jpg
関連記事

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する