思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫の撮影中現れた夫婦 

猫の撮影中現れた夫婦がベンチに腰を下ろし包みをとりだすと、それまでまったりしてた猫たちがベンチに目を向けたかと思うと駆け寄るのも・・・
この猫たちなかには飼い猫もいますがほとんどがその飼い猫と一緒に暮らしてる外猫です。
塒があり餌もきちんと与えられてるので外猫といえども飼い猫同様。
それでも飼い主が留守がちなので、猫たちは付近というかこの叢にいることが多い。

里山というにはどうかと思いますが長閑だし、ベンチがあれば座りたくなるのが人情。
それでパンや弁当を食べる人もいるんでしょう。
そういうのを見た猫たちは餌をくれるといっせいに浮足立ちます。
塒にちゃんとカリカリと水があってもです。
人馴れした猫たちに、訪れた人たちは可愛いく思い餌をあげたくなるんでしょう。

夫婦がこの猫たちに餌をあげるのは初めてではなくなにかのついでに立ち寄ったようで、カリカリや缶詰の持ち合わせがなくおにぎりを与えてるようでした。
この撮影数日前にも親に連れられた小さな子供が調理パンを猫たちにあげてました。
ピクニック気分で食事したあまりものなんでしょう。
その子供に油ものは猫の健康に良くないので、手持ちのカリカリをあげるように分けてあげました。

外猫に興味を持ち始めた7年ほど前、餌をダシに撮影してました。
でもそれがよくないと気づいたのは定期的に餌をあげる人たちがいるのを知ったし、その人たちが餌をあげても食べなかったら病気なのかと心配してしまうし、それに食べすぎはよくない。
そんなことですぐに餌をダシにするのはやめました。
なんども顔を合わせてるうち、餌を出さなくても寄ってくるし懐いて来たからです。
そうなると足元でじゃれてたのが後ろにまわったりで、撮影しようにもピント合わせもできない。
そういう猫たちをまともに撮れないのが痛し痒しです。
それでも夫婦二人が猫におにぎりをあげてくれたおかげで思いがけないシーンが撮れました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
cat_hidaka_0013.jpg cat_hidaka_0014.jpg cat_hidaka_0015.jpg

今日コスモスを撮ろうか猫を撮ろうか迷った末或るところへ。
電車に乗ると向かい側で座りますかという声が聞こえ見ると、70代前後の男性が年老いた夫婦にいってました。
それで声をかけられた夫婦が座ったんですが、なんとも爽やかな光景でした。
それでこちらは乗り換えて違う電車に乗りドア口に座ってると、年寄りの方が乗り込んできたので座りますかと声をかけたら、なんとさきほどの夫婦です。
地下鉄はとにかく乗り換えるのが大変。
その乗り継ぎ時間は短く乗ったと思ったらすぐ発車でした。
腰の曲がった老夫婦がよく間に合ったと感心しながら立ち上がろうとすると、次で降りるからいいといいます。

目的地に着いてもなんだか撮影する気分になれず銭湯へ。
桶にタオルを入れカラン上の面台にカミソリを置き、風呂につかってもどると若者3人がこちらが座ってたところを占拠してる。
混んでるならともかく他に空いてるカランがあるというのにである。
それでタオルと剃刀をつかんだ瞬間指を切ってしまい、血がなかなか止まらない。
タオルを巻き付けて番台に行きもらった絆創膏を貼る間も血が噴き出してるのは、すいませんともいわない傍若無人さによほど強く剃刀をつかんだからだろう。
服を着るにも血がつかないよう指にタオルを巻き付けまた番台に行き、包帯がないか聞くとないので貸しタオルを巻くように出してくれました。
それで1時間ほど電車に揺られ帰宅したところ血は止まってましたがタオルは血だらけ。
途中薬局で買ったゴム製の絆創膏を貼りホッと一息。
爽やかな光景を目の当たりにした後の不愉快で痛い思いにあの餓鬼らめと思わずにいられません。
銭湯に行くと頭を洗うわけでもないのにシャワーを出しっぱなしにし、両隣に湯がかかってても知らん顔してるマナー知らずが多い。
浴槽の縁に両手を広げ人が出入りするのを邪魔してるのとか、とにかく公衆マナーを知らなさぎる。
それは若い者に限らず分別ある年寄りでもそうだし・・・
日本の先行きが思いやられてしょうがない。
関連記事
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは^^

おにぎり美味しいですよね。
ネコちゃん達が食べている姿、微笑ましいです(=^・^=)

指は大丈夫でしょうか?
ちゃんと止まってよかった。
お大事にしてくださいね。

若い人たち、これからの人生でいろいろな事、
たくさん学んで行ってほしいです。
(*^^*)

ハーモニー #- | URL | 2015/10/14 20:56 * edit *

ハーモニーさんへ
あまりの可愛さに30分ほどで100枚近く撮ったこの猫たちのシリーズもそろそろ終わります。
昼過ぎきって帰宅したとき止血してたんですが、夜パソコンのマウスをいじってるとまた出血し始めたので病院へ行きました。
傷口がかなり深くふさがるのに相当時間がかかるといわれがっくりだし、それにしてもあの身勝手なガキと思うと傷口が疼いてしょうがないです( ノД`)シクシク…

freecat #hdScUxTA | URL | 2015/10/15 05:39 * edit *

猫も「おにぎり」を美味しそうに食べるんですね。
塩分とか大丈夫かと心配ですが、こんな可愛い顔されたら・・・。確かに常習犯ですね。

僕も湯治場などの温泉によく行きますが、ご高齢の方のマナーが何だかなあ、と思うことしばしばです。身体流せよ、タオルを湯船に入れるなよ、痰を吐くなよ、等々せっかくの温泉なのにピリピリすることがあります。

先般、某温泉地に宿泊した際、隣の部屋でずーと喋り声が響きます。向こうも温泉を楽しみに来てるのだからと我慢をしておりましたが、うるさくて断続的に眼が覚めます。
ちなみに、その温泉は大人がゆっくりと楽しむために、小さな子供連れは受け入れていない静かな温泉で、壁も薄いので遮音性もよくありません。
途中で耐えかねて時計を見ると、午前2時半、さすがにブチ切れて怒鳴りつけました。
翌朝顔を確認したら、60代夫婦とと、20代のその娘夫婦(多分)らしかったです。60代夫婦の部屋が僕の隣で、そこに夜中に娘夫婦を呼んで騒いでいたのですね。
余計な話でしたが、この親にしてこの子あり、の典型かと思いました。

6x6 #JalddpaA | URL | 2015/10/15 15:47 * edit *

6x6さんへ
同じ猫がずっと食べてるような感じで記事を連投してましたが、5匹か6匹が公平な分量になるように工夫して分け与えてたし水も飲ませてましたようなので心配ないと思います。
旅先で夜騒がれるのは参ります。
齢をとるにつれ酒量がへり早い時間に寝てしまうし、それで起こされると眠れませんから。
木賃宿のように仕切り壁が薄いトロン質の話し声が筒抜けというのも困ったものですね・・・
昔健さんの映画「駅STATION」を見て、積丹半島を回ったとき入舸という漁村で泊まったんですが、夜中まで飲めや歌えやが続き女将になんとかならないのかいうと、明日出向したらしばらく帰れない漁師たちなので我慢して欲しいといわれました。
まだ若いときだったので、それがどういうことなのかわからずしょうがない連中だと不貞腐れたものですが、今から思えば逆に悪いことしてしまったと思わずにいられません。
板子一枚下は地獄。
そんな男たちが荒海を渡り、それを見送る妻子たちの気持ちを汲めなかったんですから・・・
そういうのはめったにないでしょうが、旅先で不愉快な思いさせられると、そのたび自体すべてが台無しになってしまいますからね・・・
お気の毒でしたというほかありません。
今の人は自分さえよければいいという身勝手なのが多く、本当に嫌な世の中になってしまいました。
都会だけでなく、地方へ行っても人情が薄くなってるんでしょうかね・・・

freecat #hdScUxTA | URL | 2015/10/15 22:01 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret