思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

面白いテレビはないのか? 

昨日八月入りし、時がたつのは早いもので一年の1/3が経過し夏真っ盛り。
そんな昨日は一日中家にいた。
いろいろしなければならないことがあるが、なにもする気になれずぼ~っとしてると蝉の鳴き声がしないことに気付いた。
去年はどうだったのか思い出そうにもはっきりしないが、とにかくここ数年自宅で蝉の鳴き声を聞いた覚えがあまりない。
近所に雑木林があるし桜並木もあって蝉が鳴いてもおかしくないはずなのだが・・・

正月ゴールデンウイークに盆休みといえば長期休暇。
十年ほど前までその都度あちこちでかけてたし、自宅から近い山梨県内には日帰りできるということで足繁く行ってた。
ほったらかし温泉ができた当時は夜中に車を飛ばし夜明けとともにあっちの湯こっちの湯に入ったり、ぶどうの丘では何度も泊まってたが、第三セクターになって以来泊まってない。
そんなところにも行きたいが、信濃川上の白木屋旅館も随分とご無沙汰してる。

とにかくこの十年間は四年ほど前青森へ一年に五回ついでに北海道を二回、それに瀬戸内海へ一度行ったいがい泊りがけでの旅行は数えるほどしかしてない。
経済的なこともあるが母が末期癌で旅行どころでなかったし、亡くなったら亡くなったで今度は我が家の野良猫由乃にかかりっきり。
そういう生活を強いられてくると、そういう日常を当然として受け入れてしまうようだ。

そんななか十年以上前デジカメを初めて手にしたのがOLYMPUS CAMEDIA C-730 Ultra Zoomで、旅先やドライブのときはいつも持ち出してたが、デジイチのNikon D90がその後取って代わった。
まカメラの機種がなんであろうといいんですが、山や風景ばかり撮ってた自分が猫や花を撮るようになったのは自分自身意外で・・・
できるなら雄大な山を撮りたい。
もう、それは体力的に叶わぬ夢。
それなら歩いても一キロぐらいで行ける白駒の池でも行こうかと思ってたのは六月のこと。
霧に包まれた神秘的な湖と新緑に苔むした原生林。
あわよくば高見石へ行き白駒池を俯瞰して撮る。
それに夏は18きっぷが発売されるし、日帰りで明野のヒマワリ畑へ行こう。
いっそのこと松本へ日帰りしよう、などと思ってた二か月前。

現実はどうか?
夜明けとともに近所を散歩がてら、路傍の花を撮ったりしてる。
不忍池のハスは満開になってるだろうしヒマワリを撮りたいと思っても、なかなか思い通りにできない。
で、なにをしてるかといえばながら見のテレビ。

先日放送が終わって間がない「天皇の料理番」は胸をわくわくさせ見ごたえがあった。
その後続番組の「ナポレオンの村」とか「ホテルコンシェルジュ」は多少なりとも陳腐なきらいはあるが、それでも見て損はないと思う。
テレビは一億総白痴化の元凶といわれ、たしかにこんなくだらないもの誰が見るかというのがごろごろあった。
かといって本なら白痴にならないかといえばそうでもない。
小説はもとより評論書など著者の偏向的思考を羅列したようなのが跋扈してるからだ。

いや、テレビの話に戻そう。
テレビがつまらなくなったといわれ久しく、夏の風物詩だった野球のナイター中継がされなくなった。
八時といえば居酒屋はテレビでナイター中継をつけ、枝豆でビールというのが通り相場だったし、家にいてもそれがごく当然の夜だった。
歌番組がなくなったのはおニャン子クラブやモーニング娘。などジャニーズの如くとっかえひっかえ学芸会並みの歌唱力しかないのばかりが台頭し、というか金儲けの上手い奴らにテレビ局が乗ったんだろう、それじゃ~見るというか聞く方は辛い。
プロの作詞と作曲家の出る幕がなくなり、まともな歌が出来なかったのが最大の理由だろう。
演歌の竜こと高円寺龍三とはいわないが、まともな歌にまともな歌手がいれば歌番組は絶えなかっただろうに・・・
久しぶりに五木寛之の艶歌でも読み返しますか~~~

今日は日曜。
子供のころ日曜に見るテレビといえばてなもんや三度笠かポンポン大将で始まり、そのあとはシャボン玉ホリデーだった。



シャボン玉 ルル ルルルルル
シャボン玉 ララ ラララララ
ロマンティックな夢ね まるい素敵な夢ね
リズムに乗せて 運んでくるのね
ホリデー ホリデー シャボン玉
シャボン玉 ホリデー

子供だった私は面白いと思いながら見てたが、当時の大人はこの番組をどう思ってたのか?
きっと今の私のように今のテレビはつまらないと思ってたのかも知れない。
いや、この当時テレビという受像機が一般家庭に浸透し始めた頃だし、テレビ番組にしても日中放送しない時間帯があったほど番組自体少なかった。
そういう時代なので親子そろって見る内容の物が多く、世代別に視聴者を狙った番組などなかったに等しい。

今日も暑い。この記事を書いてる今室内温度は35度。
エアコンをつけてもなかなか室温が下がらない。
月日がたつのは早く、寒かったのが連日の猛暑。
つい一ヶ月半ほど前アジサイの撮影に夢中になってたのが遥か遠い日のように思え、そのとき撮った画像を見返してると蜘蛛の巣に滴がついてるのがかなりある。
このブログでそんな写真を記事にしてなかったのを掲載します。

晩くなりましたが、暑中お見舞い申し上げます。
これから盆にかけてあちこち行かれる方が多いと思いますが、いい夏休みになることを願ってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR / SLICK MASTER
shiziku_0001.jpg
関連記事
テーマ: 花のある暮らし* | ジャンル: ライフ |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret