思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

夜の猫を撮る 

駅前の空地が野原と化し外猫たちにとってパラダイスだったのが数年前ビルが建った。
その駅前に大規模な再開発案が浮上し、気になって外猫たちの様子を見に行った。

行くなら夕暮れと決め込み6時ごろ久しぶりにその駅に降り立った。
ビルが建つ前ならあちこちで見た猫たちがいない。
ようやく見つけてもすぐ逃げられてしまった。

この街は私が小さい頃近所にいた方が移り住んだところで半世紀以上前から行ってた。
高校生のころはレコードを買いにも行ってたし、洋服もよく買ってた。
それにバイト先で知り合った人が住んでたところで遊びに行くと昼からやってる大衆酒場に連れて行かれたことがあったが、そんな店が今ではネットに紹介され千ベロの店が点在してることで有名になってる。
とにかく小さな飲み屋が密集してて、そういうところだけに猫たちが多かったがビルが建ってからその姿も散見するだけとなってた。

何故夕暮れを選んだかといえば日中は暑いからだが、暑ければあまり見なくなった猫たちをますます見ることができないからに他ならない。
それに昔のレンズといえども開放値がF1.4なら夕暮れから夜でもシャッター速度を稼げるし、どんな写りをするのか確かめたいからだった。

狭い街中を何度もまわってるうち逃げた猫と再会したが、今度は逃げない。
というよりこの猫が塒としてるような店先で、そこの人間が出て来てもじっとしてた。
ボランティアの人たちがなにくれなく面倒見てるこの猫たちだが、それでもひとっ所に居つくところがあるんだろう。
そうなれば店の人間としても情がわいて餌をやり、ある種の信頼関係が成立する。
だからこそ店先というか裏口で安穏としてた。

その猫ら街角へ移動した。
街灯が点いて少し明るいところに行った猫。
これならピントを合わせられる。
それで中腰になりこっちへ向くのを待つが、思ったようにはならない。
それでもファインダーを覗いてると通行人の足が写りシャッターを押した。
カメラに顔を背けてる猫が行きかう人間をじっと見てるのは、もしかすると餌やりが来ると思ってるのかも知れない。
そんな猫の願いは叶わなかったが、こちらの思惑は叶った気がする。
タイトルをつけるなら「気になる足」だろうか・・・
撮影データ シャッター速度:1/5 絞り:F3.5 露出補正:-2/3 ISO:1600 測光モード:中央部重点測光
cat_night_0001.jpg 

片膝を抱え込んでたせいか思いのほかブレてないが、それでもsmc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5ではちょっと猫が動いただけでも被写体ブレを起こしてた。
それでsmc PENTAX-A 50mmF1.4に取り替えた。
28mmから一挙に倍近くなった50mmの画角はAPSだと中望遠になり、ネオンサインや看板の光源がとろけるようにボケてる。
それでも猫は待ち人は来ないかと通行人ばかり見てカメラにそっぽ向いてる。
猫が顔を向けるのをひたすら中腰で待ち構えてると、通行人が声をかけてきた。
薄暗いなか猫にカメラを向けてる物好きな男を、岩合さんみたいねと、家族連れの中年女性。
猫を撮ってるこちらは猫に神経を集中してて、そういわれても他人事かと思ってたが、その言葉で他の通行人も足を止めようやく事態に気が付いた。

猫を撮ってるとどこがいいのかと不思議がられるし、猫が好きな人ならどういうのを撮れたのか見せてといわれることもある。
足が痺れ立ち上がったとき、家族連れもほかの通行人も去って行ってた。
この画像見たらなんというのだろう・・・
撮影データ シャッター速度:1/60 絞り:F1.8 露出補正:-1.0 ISO:800 測光モード:中央部重点測光
cat_night_0002.jpg

撮影後記
夜の猫を撮るのは久しぶりでした。
猫が活動的になるのはなんといっても夜。
我が家の野良猫を被写体に撮ろうとしても、餌をくれるのかとばかりじっとしてて写真にならない。
かといって歩きまわってるのを撮ろうとするにはシャッター速度を上げなければならず、それに比例して感度も上げざるを得ない。
そうなれば画像が荒れて見苦しくなる。

もう7年ほど前になるだろうか、猫のブログばかり見てた当時夜の猫ばかり撮影してるのがありました。
その方にピント合わせをどうしてるか尋ねると、マニュアルフォーカスにし勘でピントリングを調節してるとのことでした。
オートフォーカスでは迷ってばかりで合焦しないからだし、当然の策でしょう。
この時私はNikon D90を使いたまに我が家の野良猫を撮影することがありましたが、ISO6400を増感してもブレまくりだったしその写りといったら新聞に掲載されてる写真よりひどく、とにかくざらついて見られたものではなかった。
なによりもピント合わせにオートフォーカスが利かないのが辛いし、なんとかピントが合ってもブレてる。
そんなことで夕暮れの薄暗いときはいいとしても、街灯だよりの猫撮りはやめてました。

単焦点大口径で開放値F1.4クラスのレンズはほぼ6桁近い高値。
中級機クラスのカメラが買える金額をおいそれと出せる身分でないし、レンズ交換する手間を省くためにもう一台ボディーが欲しい。
そう思ってたやさき浅草の喜久屋カメラに何気なく入ると50mmF1.4が8千円で売られてた。
ところがスクリューマウントだしそのマウントは扱ってないとのことで、どういうものか確認できなかった。
それからというものオールドレンズの存在が気になってしかたなく、タクマーの中古レンズをネットでチェックしてました。
すると東京駅地下のキタムラカメラでsmc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0が3980円で出てるのを見つけ手にすると、なんとマクロ機能がついてた。
これがなんちゃってマクロでなくかなり本格的でボケ味がいいのに解像度が高い。
これまでシグマの17-70mm F2.8-4.0を欲しいと思ってましたが、一気にそんな欲求がなくなってしまった。

続いてsmc PENTAX-A 50mmF1.4を購入するとマクロ並みのピント合わせを要求され怯むものの、その写りは自分の求めてたものであり、オールドレンズは侮れないと認識させられたものです。
開放値が明るいこのレンズで夜の猫を撮ろうと思ってますが、猫たちが歩きまわるのは夜もかなり晩くなってのことだし、そういう時間にこちらが撮りに行くことはなかなかできない。
それでも街はどんどん変貌し、それに伴って猫が人為的であろうと自然的であろうと淘汰されてる。
それを撮っておきたいというのは自己満足に過ぎない。
それでも猫を撮っておきたい。
年々健康が害されていく体でいつまで撮り歩き出来るかわからないですからね~~~
関連記事
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんはー

ペンタックスのレンズは古い設計のものも
かなり光学性能が高いようですね。
たぶん基本的な設計はタクマーの頃からあまり変わってないのかなあ。。。
おそらく進化してるのはコーティングなんでしょうね。

K-5IIsのスプリットスクリーンは中国製なんですが楽天で売っています。
http://item.rakuten.co.jp/digicameyouhin/kt7-1176/
一度ペンタのフィルムカメラのスクリーン交換をしたことがあるんですが、
かなり細かい作業で、くたびれました(苦笑)

ちょるお #- | URL | 2015/07/30 19:17 * edit *

ちょるおさんへ
このスクリーン以前見たことがあり、それをペンタックスのサービスセンターで聞いたところ露出が暴れることがあるのでよしたほうがいいのではといわれました。
でも、今口コミを見るとピントの山がつかみやすいと書いてる方が多く、食指が動きそうですが・・・

freecat #hdScUxTA | URL | 2015/07/30 20:01 * edit *

こちらで撮影やレンズの記事を見ると、とてもためになります。
といっても私の腕と頭ではなかなか(^^ゞ
でも読めば読むほど物欲が勝ってレンズが欲しくなる・・・。
しかし撮るのは家の猫と庭がメインなので
まずは今あるレンズをまず使いこなそう。
カメラとレンズを持って、たまに出かけてみますが
なかなかこれっていうのが撮れません。
数をこなして、考えて撮らないとダメですね。
もう少し涼しくなったら、あそこの猫達を撮りにいって来ようと思ってます。

うり #Ytk3Wfxk | URL | 2015/07/31 18:23 * edit *

うりさんへ
写真はレンズしだいと昔からいわれてたし、私は根っからのニコン党でニコン神話を信じてました。
それがペンタックスに替えたのは暗いところでもオートフォーカスが利くからですが、今ではニコンもペンタに負けないボディーを出してますがペンタに比べるとかなり高いです。
カメラはそこそこの物でも、やはりレンズはいい物というか自分にあったものを使いたい。
でも欲しいものは皆高くて・・・
それが昨日の記事で書いたことなんですが、昔のレンズなら現行レンズのほぼ1/10。
それに開放値が明るいので夜間撮影に最適というか暗いところでも撮れる。
それにボケが綺麗とくればいうことなしです。
今朝も夜明けとともに近所を散歩しながら道端の花や猫を撮ってきたし、これから自由が丘の盆踊りを撮りに行きます。
暑い日中でも撮りますが、熱中症になるので朝夕がいいです。
あそこの猫たちは餌をもらえるのはいいけど、病気になってるのに何の手当もしてあげてないのが気の毒で・・・
そんなことも見ながら撮ってもらえれば有難いですけどね~~~

freecat #hdScUxTA | URL | 2015/07/31 18:53 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret