smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 の玉ボケ

smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0を購入した日試し撮りしましたが、smc PENTAX-A 50mmF1.4とまで行かないが背景がかなりボケます。
同じところでピント位置を変えた画像です。
40-80mm_0003.jpg 40-80mm_0004.jpg  

玉ボケは現行レンズに比べるとうるさい感じです。
それも背景によりけりだろうし、マクロにすればガラッと変わるかも知れません。
まだそうしたシーンを撮ってないので何ともいえませんが・・・
このマクロにするには80mmの指標から左にリングを回すんですが、購入したレンズは少し硬く戸惑いました。
戸惑うといえばマクロ状態でピントリングをまわしても合わせられず焦りましたが、ピントリングをつかんで前後にスライドさせ象があるていど鮮明になったらピントリングで微調整できるようになってました。

昔のレンズなので取説がないのはもちろん、ネットで検索してもめぼしい情報があまりなく、使用法はいじりまわして試行錯誤しながらつかんでます。
それでもエグジフ情報が反映されないのが残念です。
そういった不便があっても撮影した画像の写りはいいし、いっぱい飲む金額で買えるんですから文句なしです。
やさしいボケ具合がいいです。
40-80mm_0001.jpg 40-80mm_0002.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント