多摩川台公園のアジサイをマクロ撮影

これまで花をけっこう撮ってきましたが万能ズーム簡易マクロで我慢してました。
それが去年秋購入したsmc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WRのおかげで、今年から多摩川台公園のアジサイを本格的なマクロ撮影することができるようになったものの、滴をアップで撮るには物足りない。
150か180mmクラスのマクロレンズなら滴に映ってるアジサイを大写しできるので欲しいと思うものの、レンズ沼にはまったらいくらお金があっても足りないし、購入したところでまた他のが欲しくなりそうで・・・
贅沢は敵だという観念があり、ある物でなんとかするほかない。
そう、馬鹿と鋏は使いよう次第ですから~~~

一昨日雨上がりに撮影しに行きましたが、これまでよりもっと接近し最短撮影距離ぎりぎりに近い感じでピント合わせを慎重にしました。
もちろん三脚利用ですが、ライブビューモードにしミラーアップでリモコン撮影とまで行きません。
ライブビューモードでのピント合わせは私の視力では覚束ないからです。
ということで慎重にも慎重をきたし、ピント位置を少しずらしながら同じカットを何枚も撮影。
そのおかげでピンボケを量産するもきっちりピントが来てる者がかなり撮れました。
ま、構図的にいい悪いは別ですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR / SLICK MASTER
ajisai_0068.jpg

ajisai_0069.jpg

ajisai_0070.jpg ajisai_0071.jpg ajisai_0072.jpg ajisai_0074.jpg ajisai_0073.jpg      
関連記事

コメント

おはようございます。

まるで、宝石みたいにキラキラしていますね。
どうしたら撮れるのでしょう?

素人より・・・。

こんにちは♪

紫陽花と雫をアップで綺麗な写真の数々。
うっとりと眺めさせて頂きました!!
まさに芸術写真ですね♪
素敵です。
私のマクロは60ミリで、これほど近寄れないです(^^;

マクロ

マクロレンズ、楽しまれてますね。まだ秋田では紫陽花には早いので、眼の保養にさせてもらっています。

先日の記事でも、ピントに拘られておりましたが、僕から見ると、十分ジャスピン(死語ですね)だと思います。今回の作品も、これだけアップなのにお見事かと。ここまで来ると、ピントだけの問題ではなく、ちょっと風はそよいで葉が揺れただけで、ずれてしまいますから。

ちなみに、僕のマクロレンズも手ブレ補正付きなのですが、ここ暫く、あまりにブレて、ピントも外れで、レンズが変なのか、僕自身が変なのか、悩んでおりました。それが、手ブレ補正オフになっていて、数ヶ月前にオークション出品物を三脚使用で撮り、その時以来オフのままでした。

6x6さんへ
撮影時カメラの設定を状況に応じて変更するの忘れることがよくあります。
三脚利用時手ブレ補正の解除をしなかったり、ホワイトバランスやピクチャーモード等々・・・
手ブレ補正ONにせずズームを手持ち撮影だとかなりブレますからね~
マクロも同様ですが、三脚のおかげでどうにかブレとボケを克服してます。
それでも進んでる老眼で小さなファインダーでピント合わせ5分もやってると、眼精疲労と肩凝り足腰がぎくしゃくしてしまいますね~~~

Miyuさんへ
ブルーの色合いが宝石をイメージさせるんでしょうか?
どうすれば撮れるか?
カメラとレンズしだいですが・・・

梅サクラさんへ
マクロレンズ購入時60mmにしようかと迷いましたが、アリや滴をとるには100mmでも短すぎると実感してます。
ペンタックス用レンズは選択肢が少なく、シグマの150mmだか180mmが生産中止。
写真はレンズしだいなので、またニコンに戻ろうかと思ってしまいますね~~~
非公開コメント