思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

目にしみるクスノキの青葉 

目に青葉 山ホトトギス 初ガツオ
そんな季節になりカツオがたたき売りならぬタタキを目にするようになりました。

食い気もいいですが、目にしみるクスノキ青葉は見たくもない世相を忘れさせくれ心が洗われました。
近郊の山ではツツジが緑に花を添え、シャクナゲも咲き始めてるかも知れない。
20年以上前梅雨入りするころ北八ヶ岳白駒池へ行ったことがありますが、夜が明けるとともに湖畔に霧が立ち込め、それが新緑を覆い隠すベールとなって神秘的でした。
そんな池畔に三脚に据えたカメラのファインダーを覗き込み、シャッターチャンスをものにしようと必死だったことが思い出される。

その当時FujiのVervia36枚撮り5本パックがヨドバシやカメラのサクラヤなど量販店で5千円弱だったろうか?
現像代が千円ちかくし10本近く撮ればしめて2万。
それに車のガソリン代や高速代に、泊りがけともなれば一泊でも5万前後の出費をしてた。
それがデジカメの今フィルムと現像代はかからないが、移動費は当時より嵩む当世。
それにもまして衰えてる体力と気力。

そんないま数日前猫撮りで歩いてたとき目にしたクスノキ青葉に、どうにもならない構図ながら雲の配置を考えなんどもシャッター押した。
まるで山を登ってた当時のような気分でだ。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
flower_may_0001.jpg flower_may_0002.jpg
関連記事
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

今晩は~!

北八ヶ岳の白駒池 行った事が有ります。
苔と原生林に感動したのを覚えていますが
当時は、写真には興味が無くただ歩くだけ・・・
20数年前のフイルム時代から写真を続け
尚未だ「思い通りに写真を撮りたい」との想い 尊敬します。
デジタルカメラが普及しなければ、今でも写真を撮らなかったかも・・・
ゴルフと写真は、お大尽がするものの考え方が、当たり前の世代
返す返すも残念に思います。

桜の親父 #- | URL | 2015/05/06 20:07 * edit *

桜の親父さんへ
ゴルフは確かに金持ちの道楽でしょうが、写真は遠出せず街中を撮り歩くだけならさほど出費は嵩みませんでした。
デジタルとなった今機材の買い増し以外にかかるのは交通費ですが、それもなにかしらの用件と抱き合わせて行くようにして節約してます。
それでも桜や新緑の撮影を泊りがけで行きたくなってしまいますが・・・
白駒池はハイカーどころか赤ちゃん連れの家族も行くありさまですが、早朝や夕暮れともなれば山の湖そのものに還り、山の気分を手軽に味わえますね。
そんなところさえ行かなくなってる今、このクスノキの眩いばかりの青葉に心打たれたといったら大げさでしょうが、山にいる気分になれたものです。
「思い通りに写真を撮りたい」というのはいろんな意味合いありますが、文字通り受け取っていただければと思います。
写真はキャリアよりセンスだし、被写体を見つける目とそれをどう撮るか!
それがいちばんだと思ってます。

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2015/05/06 20:40 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret