画像処理が間に合いません

10日ほどまえ蕾のころから撮り始めた桜が2千枚以上ありますが、RAWファイルの現像というか画像処理が遅々として進みません。
撮影地は目黒不動・目黒川・新宿御苑・多摩川台公園・六郷用水・桜坂・小川町などです。
いくら撮影してもデジタルは自分で画像処理しなければならないのは楽しい反面、処理数が膨大になると辛くもなる。
画像処理したらしたでブログの記事をどう書くか?
画像を掲載するのにuntittleとしキャプションなしというブログをたまに見かけますが、よほど惹きつける画像でないといたずらに掲載してると見做されそうなのが嫌だし・・・
ということで、とりあえず今日は小川町にある西光寺の枝垂桜を掲載しておきます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs smc PENTAX-DFA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_0029_20150331161307a6d.jpg
関連記事

コメント

こんばんはー

撮りためて撮りためて現像が間に合わないってことがありますね。。。
ただ各社とも、カメラ内の画像処理には自信ありなんでしょうから、
実は撮って出しっていうのも、一つの正解とは思いますけどね(笑)

現像後に撮って出しの画像と必ず見比べるんですが、
90%くらいは現像したほうを選びます。
撮るときにもっと設定をきちんとしてれば、
もっと比率が変わるんでしょうけどねえ。。。

ちょるおさんへ
カメラ内現像は確かに楽ですがモニターが小さいので細部の色合いが判りません。
撮って出しでも時にはいいのありますが、それも仰るように撮影設定がドンピシャというか露出しだいでしょうか?
そんなことでやはりソフトでせこせこ画像処理してます。
非公開コメント