思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

メタボな猫が壁をよじ登る 

厳冬期の谷川岳一ノ倉沢を登るなど並の人間には出来ない。
それでもクライマーたちは自分の技量と体力に挑戦してやまない。

猫もロッククライミングというか垂直な壁をよじ登る。
それはスポーツとしてでなく生きていくうえで必然性に迫られてのことだが・・・

そんな猫のまたとないシャッターチャンスに出会ったのに、上手く写し止めることができなかった。
それで昨夜猫のブログを運営してる方にアドバイスをしていただいたところ、やはりそうなのかと合点が行った。
聞くは一時の恥知らぬは一生の恥。
聞いてよかった~
KENさん有難うございました~

cat_nishi_0016.jpg 

ところでこの三毛猫を初めて見たのは今年2月ですが、その時ほっそりしてたというかまだ仔猫のような感じで小さかったんです。
cat_shinma_0029.jpg cat_shinma_0025.jpg  

2月に何度か見ていらい9月まで会ってません。
久しぶりに見たら仔猫を連れてました。
ゴールデンウイークのころ出産したそうで、1匹は生後間もなく亡くなり4匹は里子に出され、のこった1匹とともに飼い主宅から離れ近所を徘徊してるようです。
その仔猫も10月には里子に出されましたが・・・
仔猫の育児から解放されたからなのか10月になるとふっくらし始め、最近ではメタボで二重あごになってます。
仔猫がいなくなったことでやけ食いしたんでしょうか?
痩せてがりがりになるよりいいですし、飼い主いがいの方達になにかと可愛がられてるんでしょうね~

仔猫を連れてた当時の体型はスリムでしたが・・・
cat_nishi_0022.jpg cat_nishi_0021.jpg  

仔猫がいなくなった今二重あごになってます
メタボな猫でも垂直な壁をよじ登るんですからたいしたものですね~
cat_nishi_0019.jpg cat_nishi_0018.jpg cat_nishi_0020.jpg   

昨日の衆院選の結果に唖然としてますが、この三毛猫が人間だったらショックを受け激ヤセするかもしれませんね・・・
関連記事
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

この三毛ちゃん、同じ猫とは思えないくらいふっくらしましたね。
可愛がられて幸せなんでしょうね。子育て中はいろいろ気を使うし、もう気にする仔猫はいなくなって、いっぱい美味しいものもらえて、幸せ太りですね〜
太った顔もかわいいですよね。
うちのなっちゃんは高いところにジャンプするのは苦手で、ガシガシよじ登るんですよ。
太ったせいじゃなく、仔猫時代から後ろ脚のジャンプ力が弱いようです。

meriko #- | URL | 2014/12/15 16:28 * edit *

merikoさんへ
急に激太りしてるのが子育てから解放されたからならいいんですが、徘徊先でのエサやりさんが必要以上の量を与えてたり病気だとしたら・・・
ふとそんなことを思ってしまいますが、三毛猫の人懐こさについつい餌をあげてしまうのかもしれません。
後ろ足が悪くても家猫になってる今、なっちゃんあまり飛びまわらないでおとなしい方がいいのでは~

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/12/15 19:05 * edit *

今晩は~!

ネコ 大好きですが大嫌いです。
好きが講じて嫌いになる 17,8の娘のようですが
大好きだった飼い猫が亡くなってから思う事です。

綺麗な眼をしたニャンコですね♪
家に居た猫もカーテンレールの上を歩いていました。
降りられなくてニャーニャー
御免なさい、飲んでいるので涙が・・・
歳を取ると涙腺が弱くなりますね。

桜の親父 #- | URL | 2014/12/15 22:19 * edit *

桜の親父さんへ
可愛さあまって憎さ百倍。
我が家の野良猫に接してて、そんなことになることがしばしばあります。
それでも塒を開けると甘えた声で鳴きながら餌をねだる姿に、ほろっとなってしまいます。
そんな由乃がいなくなったらと思うと、どんな精神状態になるのか・・・
ペットロスとはいいますが、それは経験した方でないとわからないことでしょう。
身内同然の猫ですからね・・・
こちらも涙腺が緩く、ちょっとしたことで泣いてしまいますけどね・・・

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/12/16 05:40 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret