思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

PENTAX K-5Ⅱsのフォーカスモードについて 

PENTAX K-5Ⅱsを使ってほぼ満足してますが、納得できない点がふたつあります。
ひとつは動画モード時にオートフォーカスが利かない。
もう一つはスチル時フォーカスモードをコンティニュアスにしても上手く追随しない。 
老眼が進んでる状態ですからマニュアルフォーカスでのピント合わせが辛く、ついオートフォーカスにしてしまいがち。

下のアゲハチョウは止まってるように見え、そのくせ羽ばたいてて微動してる。
これをオートフォーカスでコンティニュアスモードにすると、動体予測が追随しないというかとんでもないところでフォーカスポイントが右往左往してしまう。
それで肝心の目がピンボケになるんです。
それで通常のオートフォーカスで撮影しましたが、オリジナル画像の30パーセントほどに縮小してるにもかかわらずこのピントです。

使用レンズがSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで目いっぱい望遠側にしてるし、縮小しすぎることによって解像度が甘くなる点を考慮したとしても、こういうものなのかと・・・ 
高倍率のマグにファイアーなどできちんとピント合わせするのが理想ですが、それも動いてるものでは厳しいでしょうね・・・
そういうことになれば花のマクロ撮影はちょっとでも風が吹けば揺れ動くし、大変だと思います。
撮影するには何より目。
その目がどんどん退化し、どうしてもオートフォーカスに頼ってしまう。
風景なら三脚でマニュアルフォーカスも平気なんですけどね・・・

animal_0004.jpg
関連記事
テーマ: RICOH DIGITAL CAMERA | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret