思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

赤岳からの阿弥陀岳と木曽御岳山 


昨日同様昔の写真で、25年ほど前のお盆だと思います。

行者小屋に泊まり起きると、低気圧の通過でかなり雨に降られましたが、昼前から赤岳を目指しました。
文三郎尾根は鉄階段があちこち設置してあるんですが、これが歩幅に合わず案外きつい。
健脚者なら2時間ほどのコースをのんびり3時間余りかけて登れば、赤岳からは澄んだ青空の下阿弥陀岳と木曽御岳山に果ては穂高の大キレットまで見えたのを覚えてます。

赤岳小屋に初めて泊まったのは40年前で、その当時はござが敷きこまれた大きな部屋一つだけでしたが、この時は改装されて間がなく個室までできてました。
"小屋が岳"といわれる八ヶ岳の山小屋は、甲州商人が歩いた後はぺんぺん草も生えないといわれるほど抜け目のない先人たちが先を競って建てたという説があるようです。
その真偽のほどはともかく、行くたびにカレーライスばかり出す山小屋とは雲泥の差でした。

火事に遭った行者小屋は新装したばかりですが、その屋根で布団が干されてました。
映画「春を背負いて」で蒼井優ちゃんが山小屋で布団を干してるシーンが思い出されてきます。
mount_0004.jpg

赤岳からの阿弥陀岳と木曽御岳山
mount_0005.jpg 
関連記事
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

お早うございま~す!

赤岳小屋 懐かしいです。
私は45~50年前でしょうか。
記憶も朧ですが赤岳~横岳~硫黄岳の縦走だったと思います。
ご多分にもれず尾根歩きから沢登り、岩から冬山
一通りやりましたがパーティーを組んでの尾根は
足弱の人に合わせると 自分が参っちゃって
最後は単独行が多くなりました。
その頃は入山記録もいい加減でした。
今思えば良くぞ遭難しなかったと冷や汗ものです。
遠い記憶 懐かしいです。 

桜の親父 #- | URL | 2014/07/01 08:42 * edit *

桜の親父さんへ
初めて八ヶ岳を登ったのは40年前で、阿弥陀岳南稜から横岳ロープウエーまでの縦走でした。
その後は美濃戸口からのお気楽ショートカットで硫黄岳とか赤岳で、東側の野辺山口から登ってないのが残念です。
県界尾根はロングコースで歩きごたえあるし好きなんですけどね~
雪山はハイキングていどで美濃戸から赤岳鉱泉小屋まで正月行きました。
テント担いで行ったのにあまりの寒さで小屋泊まりという情けなさでした。
こちらも若いときは仲間と一緒でしたが、勝手気ままというか思い立った時さっと行く単独行が多かったです。
それで道に迷って遭難しかけたことありますが、それも今ではいい思い出になってます。
コメントから察するに桜の親父さんほどこちらは山に行ってませんが、山を登れなくなった今思いは同じでしょう。
そんな懐かしい時代を思い出せていただければ幸いです。

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/07/01 09:05 * edit *

先日行った礼文島で、ユースホステル桃岩荘の屋根に布団が沢山干してあり、剱岳の剣山荘でも同じだったなと・・・今も昔も山小屋の風景って変わらないですね。変わったのは登山客の多さ。それも山ガール、山ボーイと呼ばれる人たち?食事も良くなったようですね。
山小屋泊とはあまり縁のない私ですけど。
もういちど八ヶ岳にいきたいものです。(無理ですけど^^)

meriko #- | URL | 2014/07/01 10:43 * edit *

merikoさんへ
昔の山小屋と今では隔世の感があるようです。
といってももう20年ほど前のことですから、もっと近代化されてるんでしょうね~
小屋が岳といわれるほどあちこちに山小屋がある八ヶ岳は北アルプスの室堂にあるホテルには負けますが、それでもかなりモダンでした。
それでも布団干しは相変わらず小屋の屋根でしてるようですが~
道内から本州、といっても山へ行く飛行機便がないのが残念ですね・・・

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/07/01 15:49 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret