獣じみたネコ

岩合光昭さんは、ネコは小さなライオンだ、と写真展「ネコライオン」のキャプションにしてました。
その写真展へ行くと、ネコとライオンが似てるのをなるほどと実感させられたものです。

ところで、この写真を撮ったとき、猫は水を飲みながら険しい目つきで辺りを警戒してるようで、なにかあればすぐにでも臨戦できる体勢を崩しませんでした。
それはライオンというより獣じみた、猫本来の姿なのかと思わずにいられませんでした。

cat_sankei_0001.jpg

関連記事

コメント

こんばんはー

猫は時に野生の獣としての一面を見せますね。
いつも見慣れてるごろ寝してる猫とはえらく違うんでびっくりしてしまいます(苦笑)

こないだテレビを見ていて、猫は人間が飼いならした家畜たちと違って、猫が人間に飼いならさせているような気にさせているというようなことを言っていましたが、それくらい猫たちって自由な生き物のような気がします(笑)

ちょるおさんへ
人は猫のペットだというようなタイトルのブログもあるし、人に飼われてるふりしながらも猫は昔本来の野生を失ってないような気がします。
猫を飼ってないので細かいところまではわかりませんが、誰しも一度は寝てばかりの猫とは違う本性を見たことがあると思いますし~

桜咲き始めてきたのを撮ってますが手持ちの万能ズームでは寄るにも寄れず離れたところから撮ると背景がうるさく感じ、タムロンの70-200F2.8Macroを買おうかと思ったりしてます。
もし使ったことあるなら感想お願いしますね~
非公開コメント