被写界深度と構図

右上の朝顔と左下のルリイロツルナス?ともにピントを合わせました。
カメラの位置からではルリイロツルナスのが朝顔より若干後方にありますが、レンズを両方の花に平行にしてどちらにもピントを合わせました。
被写界深度を応用しふたつの花にピントを合わせながらも背景を適度にぼかしましたが、画面がふたつの花によって対角線で割れてしまったような構図が残念でした。
見上げながらもアングルを替えればもっといい構図になっただろうし、どちらかひとつに絞ればもう少しいい写真になっただろうに・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4

関連記事

コメント

非公開コメント