思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

岩合光昭さんが語った猫撮りの心得 

昨日所用である街へ行った帰り、ひさしぶりにスナップしようと思ったら猫がいました。
以前にもここでこの猫を見たことがあるんですが、カメラを持ってなく撮影できませんでした。
ちょうど昼時で行き交う人が多いなか、腰を落としなるべく猫目線で撮影。
 
ほとんどが猫をよけて通り過ぎて行くのに、こちらが猫を撮影してると気づいた若いグループが可愛いと立ち止まりました。
cat_town_0057.jpg  cat_town_0058.jpg 

猫はするっと物陰に。
それでも人懐こい猫なのか若者たちが撫でるのを嫌ってないようです。
そんなのを撮ろうにも猫は彼らの足の間で見え隠れしそれも暗くては撮る気になれない。
そんな彼らが離れて行ったのを撮りました。
痩せてるものの目やにが出てないし毛並も悪くない。
cat_town_0060.jpg 

その猫がまた人通りに出て来ました。
cat_town_0059.jpg 

野良猫が道行く人々の前に出て行くなどあまりないのに、どうしてなのか不思議です。
cat_town_0061.jpg 

少しすると猫が喜んだような顔になりました。
そして物陰に入って行ったのは、餌やりの人が来たからでした。
cat_town_0062.jpg 

猫が人通りの多いところへ出て行ったのは餌やりさんを待ってたからでした。
その女性にしても去って行った若者たちにしても、顔を撮るとなにかと面倒なことになるので撮影できなかったのが残念です。
この猫と会ってから別れるまで15分ほどでしたが、小さなドラマがあったことに和んでしまいました。
この猫の画像だけではそうした経緯をイメージできないでしょう。
画像だけで見る者を魅了する写真を撮りたいと思っても撮れない。
それは見知らぬ人たちの顔を撮影しネット上で公開できないからでなく、この猫の出自や生き様を知らないからでしょう。

帰宅しテレビ欄を見ると岩合光昭さんの名前が目につき、なにかと思えば「プロフェッショナル 仕事の流儀」でした。
岩合光昭さんが猫の撮影をするのに次のようなことを挙げてました。

猫に叱られないこと
猫と時間を共有する
自分が撮りたいとおりにするのではなく猫らしいのを撮る

以上のことは先日岩合光昭さんの写真展ねこの京都」を見て実感したし、京都のねこでなく、あくまで猫が主題の「ねこの京都」というタイトルにも岩合さんのネコに対する思いが如実に表れてました。
ボスニアに「世界ねこ歩き」の取材に行った際には、もっとも平和な動物の猫を通しお伽の国にしたいといってたのは、内戦の爪痕が至る所にあろうと猫はたくましく生きてるし、それをファンタジーとして描きたいんでしょう。

そしてなぜ猫を撮るかという問いに、山がそこにあるから上るのと同じで、そこに猫がいるからといってました。
私が8年もの間我が家の野良猫を撮ってるのは、まさにそれです。
それでも由乃がなにを思ってるのかわからないし、密集地のなかで撮るにはなにかと憚られることもあり、思うように撮れないのがもどかしいばかりです。
岩合さんのように地面に伏せて撮影はできませんが、草っぱらに猫がいたなら試そうと思います。
ま、ライブビューにしてカメラを地面すれすれにして撮ることもありますが、それでは猫の警戒心を完全に解きほぐすことはできないでしょうから。
関連記事
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret