思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫と話せたら 

ベランダで香箱座りしてる猫。
なにを思ってるのかわかりませんが、そんな猫と話せたらどんなにいいことか~~~

先月末クロが現れたかと思うと雨の日いがい毎日来てます。
それも由乃の定位置に居座ってて、由乃の居場所がなくなってしまいどうしたものかと・・・
そんなこともあって猫と話せたらと思ってしまいます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 


今日散々迷ったものの獅子ヶ谷の横溝屋敷へ行きました。
それは後日掲載するとして、行くかどうかなぜ迷ったかといえば、少し長い距離を歩いたり屈んだりすると痛くなるだけでなくこむら返りを起こすからです。
このところ股関節がぎくしゃくしてて、撮影時に屈むと立ち上がるのに一苦労。
それでもひな人形の展示は今日までだし、年に一度のことなので無理して行ってきました。

綱島からバスに乗るとすぐ綱島街道に出るんですが、かつてあった綱島温泉の敷地で相鉄と東急の相互乗り入れする神奈川東部方面線の工事をしてる。
spa_0007.jpg 

開通すれば確かに便利になるものの、都心部ばかり開発してこれ以上人口を増やしてどうする気なのか?
いいたくはないが、政治が愚かなため地方は限界集落ばかり。
少しは地方の利便性を考え都心部の人口集中を緩和させる政策をとったらどうかと思わずにいられない。

それはともかく撮影し終えて綱島駅にもどったら、温泉があれば入ったのにと・・・
綱島温泉へ初めて行ったのはSさんに誘われてで、もう40年ほど前のこと。
こちらが二十代前半のときで、うらぶれた感じのヘルスセンターのような綱島温泉にあんぐりとなったものです。
それなのに五十代になって行くと、こんないいところないと思ったのは中高年というより年寄りが多く、のんびりした感じはもとより庭には猫がいたし、ビールを飲んで昼寝するにはもってこいだったからです。
綱島温泉としては銭湯だけでも再開したい意向のようですが、それさえ目途が立ってないようだし・・・
こないだの日曜旧友と酒を酌み交わしたんですが、彼は工事してるとは知らず行ってがっかりしといってました。
かつては綱島温泉駅という駅名だったし、東京の奥座敷としてにぎわった温泉街もこの東京園が最後の温泉施設でした。
ま、鶴見川の対岸には最近できたゆけむりの庄がありますが、私にしたら東京園のがず~っといいですから~~~~

ラジウム温泉というか黒湯です。
売店では餃子や焼き魚とかいろんなつまみが格安で販売されてました。
spa_0008.jpg spa_0009.jpg spa_0010.jpg 

他にも猫はいましたがこの猫が最後の猫となり、それも営業停止する2年ほど前に亡くなってしまいました。
spa_0011.jpg spa_0012.jpg spa_0013.jpg      
関連記事
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret