思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

一縷の望み 

私が子供のころ人生五十年といわれてました。
そして死亡原因は脳卒中がほとんどのようでした。
突然死が訪れ自宅で亡くなるケースが圧倒的でした。

それが今では人生八十年とも九十年ともいわれ、年金受給が開始される65歳でも高齢者と呼ぶのが妥当かどうか?
高齢者を前期と後期に分けたり、何歳からが高齢者になるのかをつい先日発表があったばかりですが、その詳細はともかく長寿社会になってます。

母が末期癌と宣告されたとき死生観を考えるようになりました。
それより溯った20年ほど前も一時思うことがあり仏教に関する本を読み漁ったし、7年前しまなみ海道の生口島にある耕三寺へ行ったときは逆に生きるとは何かを考えたものです。

人は生まれると同時に死に向かってるのに、そんなことを意識しながら生きてる方は稀でしょう。
大病したり肉親やまわりにそういう人がいて、初めて命とは何かを考える方がほとんどでしょう。

こちらはあと4か月ほどで64歳になります。
半世紀前人生50年といわれた時代なら老人といわれる年代だし、死んでてもおかしくない。
これからどれぐらい生きるのかわかりませんが、今思うことはとにかく生き辛いし厭な世の中になってるなと・・・

昨年秋からバラバラになってる画像ファイルの整理をしてて、昨日から外付けハードディスクにカテゴリー別にコピーしてます。
その一部にフィルム写真をスキャンしたのが少しあり、仕事で知り合ったSさんが撮ってくれたのがありました。
Sさんは一風変わり者ですが、自分にしても世間から見れば変わり者で似た者同士だったのか馬が合いました。
5歳年長のSさんとは一緒に旅行したりよく飲み歩いたものですが、25年ほど前ちょっとしたことで音信不通になってしまいました。
その前にもう駄目だと弱気なことを電話でいってきましたが、目標を決めるとそれに猪突猛進するタイプなので自殺することなどないだろうと思ってましたが、音信不通になったあと電話しても違う人のところにかかるのは引っ越したからだと思ってますが・・・
今も元気でいることを願ってますが・・・


あの時君は 若かった
わかってほしい 僕の心
小さな心を 苦しめた
僕をうらまず に いておくれ
それでも君が のぞむなら
僕は待ってる いつまでも きっとわかって もらえる .
..



話が紆余曲折してますが、下の写真に1970年とクレジットされてのは1980年の間違いです。
それでも37年前で27歳のときです。
Sさんの家に行ったときアルバムを見せられ、山下公園で撮影した女性二人のうちの一人に一目惚れし、住所を聞き出し会いたいと手紙を出し北海道へ飛んで行きました。
千歳空港から支笏湖へ車で案内してくれたのは一目ぼれした女性でなかったのは、Sさんが勘違いしてたからですがその女性が気を利かしてくれ思いを寄せる女性と二人きりで飲んだものです。
そして帰るとSさんにその女性のことをしきりに話したし、北海道に移住するかも知れないと熱い胸の内を話したのは金沢へ旅行したときでした。
このとき私は公害や大気汚染の元凶となってる車など乗るものかと免許を持ってませんでしたが、支笏湖へ案内してくれた時すれ違う車もない原生林だけの道路に感動したし、山に行くにも車があれば便利で仕事でも必要性を感じすぐ教習所に通いました。
そしてSさんを誘いドライブがてら山梨や新潟まで行ったものです。
そんなSさんに撮ってもらったら東京駅が傾いてるんですが、スナップ的な写真でいいと思うのが不思議です。

なんでもできると思ってたし夢と希望に燃えてた。
そんなときから37年たち年をとったからでなく、厭な世の中になってると思わざる得ない。
それでも淡々と生きて行くでしょう。
Sさんがこのブログを見てないかと一縷の望みに賭けてますが・・・

myself_0001_201701171755122c8.jpg
関連記事
テーマ: 独り言 | ジャンル: ブログ |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは(^◇^)

イケメンのお写真ですね(*^_^*)
Sさん、きっとお元気だと思います。

お会いになれたら、昔話ができますね。
まだまだ、人生長いですからね。

母は、まだ青春みたいに楽しんでいますよ。

Miyu #- | URL | 2017/01/22 19:57 * edit *

Miyuさんへ

> イケメンのお写真ですね(*^_^*)
> Sさん、きっとお元気だと思います。
> お会いになれたら、昔話ができますね。
> まだまだ、人生長いですからね。
> 母は、まだ青春みたいに楽しんでいますよ。

人生いろいろで人も十人十色。
自分自身一風変わってるといわれてたせいか、友人も風変わりなのが多いんですよ。
Sさんとはいろんなこと話したし世話にもなり、忘れがたい人です。
今会えばおたがいの変わり様に驚くだろうし、また話も弾むと思うんですけどね~~~
お母さんは青春でお父さんは落ち込んでて、それでもいい御両親でなによりですね~~~

freecat #- | URL | 2017/01/22 21:01 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret