思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

白い梅を白く写すのは簡単ですが・・・ 

白いものを白く写すためにはグレー反射率18パーセントの定石通り背景が明るければ露出をプラスに、背景が暗ければマイナス補正すればいいだけ。

ここで問題にするのは背景が暗いときです。
カメラのアルゴリズムがいくら進化しようと露出補正なしで撮影すると、白い梅は灰色になるでしょう。
それは梅が白いためカメラは露出をマイナス補正するからです。
逆に白飛びを起こすかも知れません。
それは露出の測光モードと測光する位置でかなり変わりますが・・・

単体の露出計で測光すれば上記のようなことはあり得ないでしょうが、カメラのAEまかせでは思ったように写らないと思います。
そこで冒頭に挙げたグレー反射率18パーセントを活用し、暗い背景にはマイナス補正します。
下の2枚は絞り優先にし中央部重点測光で撮影しました。
測光ポイントはいずれもシベで、左のはほぼグレーで、右は光が当たってかなり明るい。
それでも背景が暗いのに露出が引っ張られ、カメラが明るく写そうとするのをマイナス1補正しました。

左にしろ右にしろ梅の花びらで最も暗いところをスポット測光し、撮影モードをマニュアルで撮影すれば花びらは白くなるし、多分割測光モードにすれば暗い背景の諧調も表現できます。
そうするには露出の基本をしっかり会得しておかなければならないので大変です。
それよりカメラが測光した露出値を補正するほうのが手軽でしょう。

かなり以前竹内敏信さんが写真雑誌で、逆光で桜の木を全体的に撮ったものにマイナス補正したというキャプションに、おかしなことを言う人だと思ったことがあります。
それまで私は風景とか山をよく撮ってて、ご来光のときなど確かにマイナス補正してたのを忘れてたからです。
それが今では草花をよく撮ってて、背景が明るいからプラス補正で背景が暗いからマイナス補正という定石にとらわれず、感性による露出補正をするようになってます。

竹内敏信さんは半身麻痺になってる今、車椅子生活を余儀なくされながらも写真家として活動してます。
そんな竹内敏信さんと比較するのはおこがましいですが、私にしてもファインダーを覗かないと欲求不満になることがあります。
肉眼で見るのをファインダーで見るのは独特な世界観がありますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_ume_0228.jpg flower_ume_0229.jpg 

flower_ume_0227.jpg
関連記事
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret