思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

因果な猫2匹 

夕暮れまえ由乃が餌を食べにこちらに近づいて来るのにびっこを引いてました。
このところ日向ぼっこするのに叢にいることが多く、そこは引っ付き虫や枯れ枝など棘状になってるものが多いので踏んで刺さったのか?
外傷はないようですが、肉球が傷ついてるのかも知れないし違うところを負傷してるのか、懐いてないのでじっくり見ることができずどうなってるのか不明です。

夜になって餌を出そうと定位置へ行ってもいない。
いつもなら夜餌を食べてから縁の下かどこかへ身を隠すので、昨日羽子板市と銀座へイルミネーションの撮影をして帰宅するのが少し晩くなっても待ってると高をくくったのがいけなかったんですが、今夜もまた晩いのかとかってに決め込んだ由乃はいそうなところを何度見ても出て来ずじまい。
由乃がいない代わりというか・・・なんと、クロが来てるではないか!

4年前の夏足を負傷したクロは、由乃が風邪をこじらせて凄惨な状態になって餌も食べられなかったのが恢復傾向になったのを見計らうようにして姿を消しました。
肉をえぐられたような傷はひょっとすると、風邪をこじらせた由乃がクロを鬱陶しく思って噛みついたのかも知れないふしがあるし・・・
そのクロが2年前から忘れたころひょっこり現れ、今年4月半ばにも来ましたが、その時もびっこを引いてたのが今日はびっこを引いてない。
実態がどうなのかわかりませんが、とにかくすたすた歩いてる。

クロが元通り歩けるようになった代わりに、由乃がびっこを引いてる。
因果な猫2匹の奇妙なめぐりあわせはなんなんだろうと思ってしまう。

クロの正確な年齢はわかりませんがこちらに居ついた時、去勢するため獣医に診せるとすでに去勢されてて、そのとき2歳か3歳ぐらいではないかといわれてたので、今では6歳か7歳ぐらいになってる。
骨格がよくいかにもオス猫といった感じで体重は6キロ近くありそう。
そんなクロを撫でようとしても警戒してましたが、こちらだと思い出したのか足元にまつわりついて来たし、ゴロニャンしまくりでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / LUMIX DMC-FZ1000

初めて見た8年近く前の由乃は赤い涙をたまに流すものの、濃い緑の目が神秘的な美猫でした。
それが最近では年を取るとともに険しい顔つきを見せることが多くなってます。
クロは精悍な顔つきでときにはクマのような形相を見せてましたが、それもオス猫だからでしょう。
そんな2匹がまた猫団子になってくれないかと思いますが、強情な由乃は塒に入らないし、クロは誰かに飼われてるんだろうし、実現することはないでしょう。
yoshino_02144.jpg kuro_0018.jpg 

かつてはこんな感じで仲睦まじくしてた由乃とクロです。
yoshino_kuro_0010.jpg yoshino_kuro_0016.jpg 

こじらせた風邪がだいぶ良くなってきた由乃ですが、それもクロが寄り添って暖めてたからでしょう。
yoshino_kuro_0004.jpg

今日も由乃はびっこを引いてますが、マウスオン画像のように生死を彷徨うような状態でも生きながらえてきた由乃です。
びっこをひいてる原因がなんだかわかりませんが、きっと乗り越えてくれると願ってます。
本来なら獣医に診せるべきですが、懐いてないのを強引に捕まえたところでストレスでショック死しかねない。
それを思うと捕獲することもできません。

下の画像アイコンにマウスをオンするとどれだけひどい風邪だったかわかりますが、気の弱い方はマウスオンしないでください。
関連記事
テーマ: 猫と暮らす | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんばんは

由乃ちゃん、ひどい風邪をひいていたのですね。
由乃ちゃんは、帰りましたか?
心配ですね。

足を引きずることは、あまり良くないこともあるそうですね。
なんともなければいいのですが。

クロさんが、やってきて冬は温め合うといいのですね。

Miyu #- | URL | 2016/12/20 21:23 * edit *

Miyuさんへ

> 由乃ちゃん、ひどい風邪をひいていたのですね。
> 由乃ちゃんは、帰りましたか?
> 心配ですね。
> 足を引きずることは、あまり良くないこともあるそうですね。
> なんともなければいいのですが。
> クロさんが、やってきて冬は温め合うといいのですね。

隠れ画像見ましたか?
あれはまだいい方でもっとひどい状態になってましたが、生死を彷徨ってるようなそんな由乃を撮ることができませんでした。
その由乃をクロが寄り添って暖めてあげてたんですが、夏の終わりに足をえぐられたところと同じ個所をまたえぐられるような怪我をしてたクロ。
由乃が恢復していきもう大丈夫だと悟ったのか、クロが忽然として姿を消したのは4年前の11月でした。
そして2年前突然現れたし去年も今年も来て、昨日に続き今夜も来ました。
多分今日も来るだろうと昨夜の時間と同じころに現れるだろうと、由乃には少し早めに給餌し鉢合わせしないようにしました。
今年春由乃に抱いてるクロを見せたらシャーシャー怒ってたし、クロのことを忘れてるからです。
由乃の足の具合がどうなのか確かめることもはできないですが、仔猫時代から餌出ししてる人間に懐いてるし、その人が手当てしてするなりなんなりしてくれればいいんですがけどね・・・

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/12/20 21:39 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret