思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

一喜一憂させるオホーツクラインの流氷 

春のような暖かい東京に、一昨日昼過ぎまでいた北海道の寒さが嘘のようですが、このブログに訪問された皆さんは如何お過ごしでしょうか・・・

さて、2日目は稚内のホテルから紋別を目指しました。
前日行った宗谷岬をやり過ごしオホーツクラインを南下していきます。
その途上にある猿払にはホタテ御殿が建てられてるといいます。
昔のニシン御殿には及ばないものの、かなり豪勢らしいです。
そういえば高原野菜の一大生産地である長野県信濃川上村にはレタス御殿があり、その手合いかと納得しながらバスガイドの話を聞いてるうち
道の駅猿払公園に到着しました。

ここは地元の物産店だけでなく日帰り温泉や宿泊施設もあり、牧場や原野と海岸地域だけに旅行者にはありがたい存在でしょう。
travel_hokkaido_0012.jpg travel_hokkaido_0013.jpg travel_hokkaido_0014.jpg

再びバスに乗り込み紋別を目指しますが、
宗谷岬から海沿いを走ってる車中から見える海は真っ青で流氷が押し寄せてないし、昨日の疲れなのか45人のツアー客は居眠りしてるのがほとんど。
それでもいろんなことを説明していた
バスガイドさん一瞬間をおきました。

「白いものが見えてきましたね・・・」
その声で
車窓を見た皆からどよめきの声が上がり、座席の背もたれに備え付けのふきんで曇った車窓を拭きまくってます。
待望の流氷が見えたからです。

何年か前宗谷岬まで流氷がびっしり押し寄せてきたことがある反面、地球温暖化で今後数十年たたないうち流氷を見られなくなる可能性があると懸念されてるそうです。
その流氷を見るツアーなのに、見えないでは何のために最果ての地まで行ったのかとなってしまうし、皆が歓声を上げるのも無理からない。

苫小牧の女性と遠距離恋愛してましたが、彼女の両親から内地の人間との結婚は許さないと反対され意気消沈したことがあったのは
33年前のこと。
彼女のことを諦めても北海道に魅せられ、いずれは永住しようと道新(北海道新聞)を取り寄せてたこともあった。
その後何度となく津軽海峡を行き来してきたのに、冬の北海道は初めてだしこちらも皆と一緒にわっと声を上げてたんでしょう。

海側とは反対の座席だったので思うように流氷を撮れなかったのが悔しいですが、そのときの雰囲気を感じていただければと思います。
浜頓別から枝幸にかけての流氷写真です。
travel_hokkaido_0015.jpg travel_hokkaido_0016.jpg travel_hokkaido_0017.jpg

travel_hokkaido_0018.jpg travel_hokkaido_0019.jpg 

枝幸を過ぎると流氷どころか氷のかけらもない海になってしまい、皆はあれっという感じで落胆しきり。
流氷岬なのに流氷が見えないんでは・・・
travel_hokkaido_0020.jpg travel_hokkaido_0021.jpg

しかも西風でガリンコ号の乗船地紋別の気温は-4度というガイドの話に、皆はさらにがっかりさせられてました。
西風だと流氷接岸には逆風だし
-4度では流氷は無理だろうと納得せざる得ない状況ですから・・・

紋別市内に到着しホテルでオプションの昼食。
お櫃のふたを撮らずに撮影してしまいましたが、ご飯は俗にいう
鮭のはらこ飯でした。
鮭の切り身は脂のってて口のなかでとろけていく感じだし、あまり好きでないイクラの醤油漬けも鮮度がいいせいでねちゃついてなくそれなりの美味しさでした。

travel_hokkaido_0022.jpg

食べ終えてロビーに出ると動く物体。
こんな寒い厳寒の地にも猫がいるのか・・・
急いで階段を下りて外へ出ると、車の下に隠れてる猫を発見。
その猫がホテルをぐるりまわって通りに出て行ったところで見失ってしまいました。
ま、ここにも猫がいるということを確認できただけでもいい。
travel_hokkaido_0023.jpg travel_hokkaido_0024.jpg travel_hokkaido_0025.jpg

いくら寒さが和らいでるとはいえ、外は寒い。
ガリンコ号の乗船時間は3時だし、素手でカメラを持つ時間はせいぜい1分が限界でしょう。
それでコンビニに行き、バスガイドがはいてるような薄手の手袋はないかと聞きましたがないとのこと。
しょうがない、カイロで温めながら撮るかと諦めると、女性店員が自分の使ってるのでよければと譲ってくれました。
自分自身わからないとしても、こちらはさぞかし落胆してたんでしょう。
やさしい気遣いに感謝するとともに、猫はいないかと聞くといますよと。
それもかなりいる様子で、なるべく近い所を教えていただきました。
重ね重ね礼をいって店を出ると、心まで温かく感じたのはいうまでもありません。

紋別町の光景です。
travel_hokkaido_0026.jpg travel_hokkaido_0027.jpg



写真の整理が追いつかず、ガリンコ号乗船まで間に合いませんでした。
そして流氷を見られたかどうか?
明日の記事を楽しみにしていただければと思います。

昨日掲載した航空写真ですが、
左のは知床半島とか襟裳岬のようにも見えますが津軽半島中央部でした。
右はその突端の尻屋崎です。
merikoさん正解おめでとうございます。
といっても何も商品ありませんけどね:`j*:

関連記事
テーマ: 四季 −冬− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

さすがのネコ写真!
freecat2828さんの行くところにネコあり!って感じですね。
こんな寒いところにもネコと思いますが、こちらのネコは寒さ慣れしているのでしょう。マミちゃんだって、日射しがあればのんびり寛いでいますから。
コンビニ店員さんの気持ちも嬉しい。晴れてたようで良かったです。

苫小牧の女性とは、なんだか縁がありますね。

meriko #- | URL | 2014/01/30 21:49 * edit *

merikoさんへ
明日か明後日、教えてもらった猫を掲載します。
人と同じで猫もその地域の風土に慣れるんでしょうね~
しゃっこいと手をぶるぶる振ってる猫の姿撮りたかったんですが、リクエストに応じてくれませんでした。
コンビニの店員さんには本当に感謝です。
遠距離恋愛は北海道へ初めて行って一目惚れした女性でした。
うたかたの恋でしたが、今ではいい思い出です。

今夜茹でた毛蟹を買ってきました。
足はそうでもないですが肩には肉がびっしりつまってます。
甲羅酒としゃれこみますかね~

freecat2828 #hdScUxTA | URL | 2014/01/30 22:09 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret