思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

いろんな思いが交錯した夜 

夕方になれば暗くなるのは当然として小雨がぱらついてた昨日は5時でも夜を思わせる気配だった。
前日ご飯を炊いたもののコンビニでツミレ・ウインナー巻き・大根・さつま揚げのおでんで晩酌したら満腹になってご飯を食べずじまいで、今夜は刺身が食べたくなるがこれから買い物に行けば混んでるし・・・
寒いし、それでたまには飲みに行くかと電車に乗る。

電車に乗ってもどこに行くか決まらないまま蒲田に着いた。
さしみを食べたいと思ってたもののたまには贅沢してウナギにするかとか、いやいや焼き鳥で我慢しようとか思うがやはり刺身だと居酒屋へ。
すると6年前青森へ一緒に行った幼馴染がいるではないか・・・
一緒に旅行したもののちょっとしたことがきっかけで仲違いしそれ以来会ってなかった友人だ。
kamata_0001.jpg kamata_0003.jpg kamata_0004.jpg    

それでも会えば以前同様に話し、こちらはあれから1年間に5回も青森へ猫を撮影しに行ったというと、彼は一緒に泊まった湯段温泉時雨庵の人懐こい猫が忘れられないという。
また彼はランプの宿として有名な青荷温泉へ行ったといい、なにもなくていいところだとしきりにいう。
なにもないところなら山小屋に勝るものはないだろうと滅茶苦茶な突っ込みを入れると、そういうことではないだろうと言い返すのはもっとも。
ま、そんな山小屋やテント泊まりする体力もなくなったし、確かに青荷温泉は秘湯でいいところだと頷いた。

青荷温泉へ行くのにどこから行ったか聞くと黒石駅から行ったというので、それなら駅前の須郷食堂を知ってるだろうと聞けば、そこでつゆ焼きそばを食べたという。
摩訶不思議なつゆ焼きそばは美味しいと意見が一致。
その須郷食堂に猫がいるし、こみせ通りの鳴海酒造を過ぎた四つ角を左折しまたすぐ右折したところに中村旅館がある。
そこに猫がいるし、泊まってはないが元遊郭で顔見世の階段が現存してると話せば、幼馴染がもっと詳しく教えてくれという。

世捨て人のような幼馴染はスマホはもちろんガラケーすら持ったことがない完全なアナログ人間。
それゆえ青荷温泉を知ってても、ネットでさえめったに目にすることのない商人宿の類である中村旅館の存在を知らなくて当然。
昔と違い今スマホは使い方次第では3千円ほどで済むし、こういう情報を得るためにもスマホぐらい持ったほうがいいと進めるも固辞する。

1時間余りで店を出て別れるが、おたがい年を取ってるしいつ何時どうなるかわからない。
こちらはひょっとすると姉と姪がいる山梨に転居するかも知れないといえば、彼もまた定年を迎えたら地方へ移住しようと考えてるとのこと。
安倍晋三のような穀潰しがのさばってる現状では自給自足とまでいかないまでも、少しでも物価が安くストレスのない地方暮らしのがいいとたがいに納得。
ここで会ったのもなにかの縁というか腐れ縁だろうが、これが最後になるかも知れないという彼。

その彼の叔母が近所にいて、会うたびに幼馴染がどうしてるかとこちらに聞く。
叔母にすればこちらと仲がいいので近況を知ってると思ってのことだろうが、青森旅行以来会ってないし、強情で人の話をまともに聞かないんでは会う気もないというばかり。
そんなことで彼と会うのはこれが最後になってもおかしくない。

帰宅してアド街ック天国を見れば九品仏が映ってる。
12月に九品仏の山門をくぐるとカエデのトンネルが凄いと峰龍太がしきりにいってるが、確かにあの紅葉は見ごたえがある。
この放送を見て紅葉目当てで九品仏に行く人に一言アドバイスするなら、山門をくぐり参道の手前で必ず振り返って山門を見ることです。
それも朝日が逆光になる8時ごろがベストで、カエデが透けて見えますから。
それにこちらが足繁く行ってた時の猫たちはすべていなくなってるものの、また新たな猫がいるのかも知れない。
そんな猫と戯れながらカエデを愛でるのは乙ですから~~~
fall_0001_2016103010322467b.jpg cat_kuhonbutsu_0001_20161030103225a8c.jpg  

九品仏の猫たち

布団に入るといろんな思いが交錯するも、酔いがまわってるのかすぐに寝てしまった。
それでも今朝起きれば昨夜の蒲田のことがあれこれ思い出されてくる。
ヨーカ堂手前にあったパン屋はなくなったし、五所川原出身者がやってた居酒屋がガールズバーに変わったことや、駅前のロータリー脇の植え込みで猫を面倒見てた男はどうしてるのか、安くて美味しかったラーメン屋の天国はいつなくなったのか、うなぎの寿々㐂は頑張ってやってるが値上がりしてるとか、蒲田で飲んだあとは決まって南蛮亭でカレーを食べたことなどとめどないことが脳裏を駆け巡る。
kamata_0002.jpg kamata_0005.jpg kamata_0006.jpg kamata_0007.jpg   cat_town_0015.jpg 

どんよりした曇り空に号砲が何度か鳴り響いた。
もしかしたら多摩川の渡し船のイベントかも知れないと行けば案の定そうだった。
渡し舟があった当時多摩川のグラウンドで昨夜会った幼馴染らとよくソフトボールをしてた。
あれから半世紀以上たってるのが信じられない。
そんなに年をとった実感がないからだが・・・

給食でよく出た揚げパンは多摩川線鵜木駅のパン屋が始めたとかで今では名物になってるが高すぎる。
それでも買ったけど給食で出たときのがずっと美味しかった。
この寒空のなか麻雀をしてるのがいましたよ。
2016_10_0021.jpg 2016_10_0022.jpg 2016_10_0023.jpg 2016_10_0024.jpg 2016_10_0025.jpg     
      
関連記事
テーマ: ある日の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret