猫の耳に蚊

蝶々が花にとまり蜜を吸うのはいいとしても、蚊が猫の耳にとまるのは猫に血を吸うため。
外猫のなかには耳がただれてるのがいて疥癬と同じような症状を発症してるのがいますが、耳だけがただれてる場合の多くは蚊アレルギーでしょう。
猫の耳は被毛に覆われてても薄く蚊の標的になりやすい。
ある寺の地域猫は春ごろから初冬まで耳がただれ、ボランティアの方が餌をあげるとき蚊除けを置くだけでなく蚊取り線香を焚いてました。
私自身餌をあげるときよく蚊に刺されましたが、これだけ冷え込んでくるとさすがに蚊に刺されることもなくなってますが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
yoshino_0214.jpg
関連記事

コメント

こんばんは

猫は、やはり蚊に刺されるのですね。
クロも耳がただれていますから。

涼しくなったので、少し安心ですね。

寒いのも困りますが(*^_^*)

Miyuさんへ

> 猫は、やはり蚊に刺されるのですね。
> クロも耳がただれていますから。
>>被毛が薄い耳だけでなく時には鼻も狙いますが、寝てる猫でもさすがに気づいて逃げます。蚊にも効果があるフロントラインできる猫ならいいんですができない猫のが多いです。
  
> 涼しくなったので、少し安心ですね。
> 寒いのも困りますが(*^_^*)
>>いっきに冷え込みがきつくなったというか例年こんな感じなのかも知れません。最高気温が20度を下回るようになって由乃も陽射しを求めて移動してるようです。
非公開コメント