思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

日本一古い駄菓子屋上川口屋の石松君 

FUJI FILM FinePix 770EXRは電源を切るとレンズを保護する幕が自動で閉まるのが故障し池袋近くにあったフジフィルムのサービスセンターへ修理依頼し、それが直ったので受け取りに行った帰り調子がどんなものか見るのに鬼子母神界隈に向けて歩きながらスナップ撮りしたことがあります。
というのは鬼子母神近くの法明寺の桜が咲いてるのではないかと思ったからでしたが、もう3年前のことなので記憶が定かでなく蕾だったのか開花してたのか・・・

鬼子母神から都電に乗ろうと駅逓へ向かうと駄菓子屋があり猫がいたので撮らせてもらいました。
女将さんに猫の名前を聞くと石松だと教えてくれました。
石松ってわかると聞かれ、清水次郎長の子分でしょうと答えるとよく知ってるわねと・・・
よく馬鹿は年を取らないといいますが私もその口で女将さんからは若く見られ、講談浪花節で有名な森の石松を知らないと思われてたんでしょう。
ところがどっこい、3歳か4歳ごろまで祖母のところに預けれてた私は、隣の主がよくうなってた利根の川風たもとにいれてとか馬鹿は死ななきゃ治らないを、二軒長屋の薄い壁ごしに聞くともなく聞かされてました。
それにその後何年かたち小学生になった頃だろうか、玉川良一さんがやたらとテレビで馬鹿は死ななきゃ治らないといってたのを覚えてます。

猫の名前が石松とは・・・
帰りながら猫の片目が濁ってたのを思い出しそれが隻眼なら、森の石松をもじってのことだろうと合点がいったものです。
帰宅してから駄菓子屋のことを調べると、1781年創業で日本一古い駄菓子屋ということでした。
日本一古い駄菓子屋鬼子母神の上川口屋の石松君、その後見てませんが元気だろうか?

撮影機材 FUJI FILM FinePix 770EXR
cat_temple_0002_201609201344106dd.jpg
関連記事
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret