思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

郷愁を感じさせる秩父市街の松村甘味食堂 

郷愁とは他郷にて故郷を懐かしく思うことであり、転じて遠い昔に惹かれるノスタルジーとも・・・
昭和28年生まれの私が物心ついたとき、生まれ育ったところが下町ということもありまだ敗戦の跡があちこちに色濃く残ってました。
そう・・・闇市の名残がマーケットになってたし、その周りでは傷痍軍人を模倣して物乞いするのや南京袋に入れたマムシに腕を噛ませようかというガマの油売りがいた。
市街地には畑があちこちあり蝶々や蜻蛉が舞ってたし、山羊どころか馬を牽くのもいました。

そんな時代に育った私が口にする甘味といえば、食事で出される佃煮でマグロの角煮とかうずら豆といった類でした。
お菓子でいえば英字ビスケットぐらいで、一年でたまさか甘味処でみたらし団子や大福を買ってくれるのがなによりもの楽しみでした。
その甘味処は住んでる沿線のあちこちにあったのがどんどん姿を消していったのは高度経済成長が終焉を迎えた頃だったか・・・
伊勢屋をはじめとした甘味処が沿線各地から軒並み姿を消してしまったのはスーパーばかりかコンビニでも甘味を安く販売してて採算が合わないし、それなら時流にのってアパートやマンション経営に鞍替えしてるんでしょう。

そんな今でも巣鴨とげぬき地蔵通りの伊勢屋はおばあちゃんの原宿として親しまれいつ行っても活況を呈してるし、たまに行く秩父松村甘味食堂も地域住民だけでなく懐かしい昭和の郷愁を求めて訪れる観光客が多い。
だんごや大福に稲荷寿司と海苔巻きだけでなくラーメンと蕎麦にうどんや丼物まであり、それが安くて美味しいし開店から閉店まで休憩なしでやってるのが有難い。
それほど広くはない店内に漫画や雑誌が置かれてるのもいいし、空腹を満たすだけでなく心を和ませてくれる。
虎屋とか立田野みたいな高級志向でないのは勿論、2時間3時間待ちの行列が絶えないスイーツ処でもない。
気が向いたときふらっと入れる庶民的な甘味処がこれいじょうなくなって欲しくない。

そういった甘味処へ行きたくても近所のさえ電車を乗り換えて行かなければならないし、秩父となれば3時間近くかかってしまう。
シャッター通りと化した商店街にもこうした甘味処はたくさんあっただろうに・・・
なくすべきは今問題になってる富山市議会や安倍晋三がガリガリ君や高価なミネラルウオーターを購入してる政務活動費であり、甘味処ではないはずだが・・・

撮影機材 Nikon1 / 1Nikkor VR 10-30mm F3.5-5.6
chichibu_0001.jpg
関連記事
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

こんにちは^^

ご無沙汰していました。

彼岸花、燃えるようですね。
北ではあまり見かける事が少ないんですよ~
情熱的です。

秩父といえば、秋にハイキングにいって彼岸花を
たくさん見かけたことを思い出しました。

本格的な秋になりましたね^^♪

ハーモニー #- | URL | 2016/09/19 14:35 * edit *

ハーモニー さんへ

> こんにちは^^
>
> ご無沙汰していました。
>
> 彼岸花、燃えるようですね。
> 北ではあまり見かける事が少ないんですよ~
> 情熱的です。
>
> 秩父といえば、秋にハイキングにいって彼岸花を
> たくさん見かけたことを思い出しました。
>
> 本格的な秋になりましたね^^♪
この時期秩父はどこも彼岸花が咲いてるでしょう。
数年前行ったときは画線路端に凄く咲いてたのや、去年は日高の巾着田に撮影しに行ったのをを思い出します。
そちらはすっきりした秋なんでしょうが、こちらは雨模様の秋雨日和ですが~~~

freecat #hdScUxTA | URL | 2016/09/19 17:44 * edit *

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret