距離によるボケの違い 2016年09月04日 smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR コメント:0

昨日に続いてsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRで撮影した画像です。
左の手前の花を酔って撮影したのが右ですが背景のボケがかなり柔らくなってます。
レンズ先端からの距離が近ければ大きく、遠ければ小さなボケになるのが被写界深度の原理。
しかもマクロレンズなのでボケが柔らかい。
マクロレンズでなくても絞りを開ければ同じ効果を得られますが、それはレンズのスペックによっていろいろで・・・ 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
100mm_0004.jpg 100mm_0005.jpg
関連記事

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する