オールドレンズsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0で撮影した花あれこれ

smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0を購入した当時街角スナップを撮影してたせいかフリンジやフレアの発生がなく気にならなかったんですが、花を撮影するととたんにそれらが顕著になりあれっと思わされました。
とくに白や黄色など明るめの花をアップにすると背景の葉が暗くしずんでコントラスト比が高くなり、それで花びらの輪郭にフリンジが発生します。
それで露出の測光モードを中央部重点測光でなくスポット測光と多分割測光でも撮影しますが、それでも防ぎきれないことが多い。
もちろんフリンジ抑制のために絞り込みますが、それでも発生するときがあります。
それにシベのアップなど少しでもピントをはずすとフレアがかった感じになりやすい。

そんなことでピーカンのときはsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0は使わず、コントラスト比があまり高くならない薄曇りや曇ってる時に撮影するようにしてます。
花の撮影ではやわらかなボケを表現するのに適してるし、馬鹿と鋏は使いようですから~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0
40_80mm_0017.jpg 40_80mm_0016.jpg 40_80mm_0018.jpg 
関連記事

コメント

非公開コメント