思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

オールドレンズの憂鬱 

去年初めて手にしたオールドレンズsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0
今年初め手放したものの明るい開放値と比較的寄れる簡易マクロが捨てがたく買い直しました。
といっても居酒屋の飲み代ほどなので・・・

順光なら背景がよくぼけて写りがいいです。
40_80mm_0001.jpg 40_80mm_0002.jpg 40_80mm_0003.jpg 40_80mm_0004.jpg 40_80mm_0005.jpg 40_80mm_0006.jpg 40_80mm_0007.jpg 

それが逆光や背景とのコントラストが高くなるとフリンジだけでなく色にじみが盛大に発生します。
40_80mm_0008.jpg 40_80mm_0009.jpg 40_80mm_0010.jpg 40_80mm_0011.jpg 

またピントを合わせたつもりなのが少しでもずれるとフレアがかったようなります。
それを意図的気に利用するのも手でしょうが、ソフトフォーカスがかってるのは好きじゃありません。
左はシベと花びらがシャープですが、右はともにフレアがかってます。
40_80mm_0012.jpg 40_80mm_0013.jpg               

夜ネオンなど点光源を撮ると鏡筒内で乱反射を起こしますが、40-80mmというズームは夜間スナップにほどいいし比較的明るい開放値F2.8-4.0が重宝。
今所有してる smc PENTAX-M 35mm F2.8 / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO これらの方が開放値が明るくていいんですが、単焦点なので寄ったり引いたりできないときが結構あるし、夜間スナップのときはsmc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0を持ち歩くようにしてます。
といっても夕暮れから日没のときだし、それも今はあまり夜撮り歩くことはありませんが・・・

オールドレンズの憂鬱は現行レンズに比べコーティングが弱いというか性能が低い。
それでも高価な現行レンズを購入できないしオールドレンズに頼らざる得ない。
その現行レンズのラインナップがあまり充実してないのでSIGMA製品を併用してますが、ペンタックス側は他メーカーのレンズを使えないようにしてる節があり、なおさらオールドレンズに固執したくなる。
なんといってもやわらかなボケ具合が好きですから~~~
関連記事
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

この記事に対するコメント

ページトップへ↑

コメントの投稿

Secret