FC2ブログ

庇から庇へ飛び移る猫

冬枯れのなか庇から庇へ飛び移る猫です。

年末のあわただしいなか毎日のようにご訪問してくださる方には申し訳ありませんが、ブログの更新は2月半ばを予定してます。
悪しからずご了承願います。

撮影機材 NIKON D7000 / AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED
yoshino_02280.jpg
関連記事

昨日食べたカキの炊き込みご飯とカボチャぜんざい

昨日食べたカキの炊き込みご飯とカボチャぜんざいの画像ですが美味しかった。
このところ食欲を落としてる我が家の野良猫にも食べさせたいぐらいだった。
gourmet_0005_20171223181439173.jpg gourmet_0006_201712231814406db.jpg  

その野良猫由乃を今日初めて抱っこした。
抵抗しないので猫ベッドに連れて行き頭を撫でるとニャーと鳴く。
何度も何度も撫でてあげた。
できることならもっと早くこうしてできたらなと思うが、時を取り戻すことはできないのでしょうがない。

由乃に餌を出し続けて8年4か月余り。
玄関で餌を出してると、由乃は少し懐いたのかと母が病床で聞いてたのが懐かしい。
下の画像はそんな時だったのかよく年だったのか?
餌をあげてれば半月もしたら懐くと思ったら大間違い。
それでもパーテーション越しのせいか警戒心を露にすることなく、餌を出すのかとちょこんと座ってる姿が健気で可愛い。
まだ6歳か7歳で仔猫の面影さえ感じる画像だ。
そんな由乃が来年5月で15歳になる。
その由乃を抱いて猫ベッドに連れていくほんの数秒。
そして撫でてる感触に、もっと早く抱っこさせてくれればいいのにと思わずにいられなかった。
yoshino_02279.jpg
関連記事

冬至だしカボチャぜんざいでも作りますか

冬至だしカボチャぜんざいでも作りますか~~~

二十歳ごろ会津出身の方がカボチャぜんざいを作ってくれたのが美味しかった。
お汁粉にカボチャという取り合わせは初めてで驚いたものですが、両方とも甘いので違和感がない。
それでもカボチャはそれだけを煮て食べる概念が強かったので衝撃的だった。
そんなカボチャぜんざいをふるまってくれた方はこちらより二回り近く年配だったし健在なのか?
喜多方や塔のへつりが素晴らしいと故郷自慢してたのは寿司屋に連れて行ってくれた時だった。
そこはもちろん大内宿や東山温泉とか三島町の宮下温泉も行ってる。
新潟から西会津経由で日光へ抜けて帰ったり、奥鬼怒近くの土呂部から湯ノ花温泉へ向かったりと会津は何度も行ってる。
そんな会津どころかこの5年間旅行らしい旅行をしてない。
カボチャぜんざいを作りながら思い出にふけてみますかね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
撮影日は10月末なので冬至の今日はもっと影が長くなってるでしょうね
関連記事

猫の境界線

12月といえども東京は早くも真冬並みの寒さ。
それでも日が当たってる枯葉の上は暖かいのかも知れない。
2匹が寄り添って猫団子になればもっと暖かいのに、影を境界線にしたかのように離れ離れ。
5匹いる群れの中で白猫は常に孤高を保つがごとくぽつんとしてることが多いし、チャシロはじゃれあうキジトラとなら猫団子になるのかも知れないが、白猫ではそうもいかないのだろう。
厳しい寒さが続くなか外猫たちが無事に越冬できることを願うばかり。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

喧嘩してる猫に我関せずな猫

喧嘩してる猫に我関せずな猫です。
人にしても我関せずなのが多いし、猫ならなおさらでしょうね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

関連記事

ときめきに忘却した二人の少女

民家のモミジを撮影して目的地へ行こうとすると少女二人が歩いて来た。
顔を見た訳でないが後姿のいでたちから中学生かと思われる。
土曜日の10時頃で遊びに行くのか、それとも塾か?
遊ぶのは楽しいし、塾にしても将来のことを思えば苦にならないだろう。
将来のことなど関係なく親に言われて行ってるだけか?
塾に行きたくても行けないのだっているだろうし、行かせるのは親心で幸せだと思うべきだろう。
いや、そんなこと思わずただ行ってるだけに違いない。
snap_0004_20171218080851adf.jpg 

塾に行くのかどうかわからないのに、少女二人にそんなことを思ったのは明るい未来に向かって欲しいと願うからだ。
60代半ばになった自分に未来などない。
いや、80歳でエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎とはいかないまでも、60半ばで夢も希望も捨てるなんて情けない。

きっといいことがある きっといい人がいる
この街を出て 夢の故郷へ行こう
移りゆく季節が それぞれの顔で 出会うところへ・・・
小椋佳作詞 「遠きにありて」より抜粋

目的地へ行くとモミジが真っ赤に燃え盛ってて撮影に没頭した。
かつて通って来た二人の少女と同じ年頃にいろんな思いを馳せてたのも束の間で、紅葉に目を奪われ続けてた。
行こうかどうしょうかと迷ったあげく、重い腰を上げ来てよかったとつくづく思った。
遠い街でもないし、夢の故郷でもない。
それでも気分が高揚したというかときめいてた。
2017_12_0074.jpg 2017_12_0073.jpg 2017_12_0072.jpg 2017_12_0071.jpg 2017_12_0075.jpg 2017_12_0076.jpg

忘却とは忘れ去ることなり。
過ぎ越し人生をあれこれ思いあぐねたところで過去は過去。
忘れたいのに忘れられないこともあるが、それも忘れよう。
未来を見つめて生きていくほかないのだから・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
関連記事

今日も生きてた我が家の野良猫

都内で氷が張るほど寒かったし、夜中には雪も降った今日由乃が出て来た。
赤い涙から黒い涙に変ってるのや、ひたすら水を飲みまくるのが気になってしょうがない。
食欲がないのは腎不全でなのか、子猫時代にこじらせた風邪が元でなのか?
yoshino_02271.jpg yoshino_02272.jpg

我が家の野良猫由乃が自宅近くに居ついて間がないころ縄張り荒らしに来た猫を追っ払うつもりが返り討ちにあって口の端から頬にかけてごっそり肉をえぐられたことがある。
獣医に撮影した写真を見せ薬を処方してもらったのを餌に混ぜて出したら、一口食べただけでプイと後ろ向きになって去ってしまった。
こんな不味いの食べられるかと唾を吐き捨てる人間のようにだ。
yoshino_02275.jpg yoshino_02276.jpg yoshino_02277.jpg yoshino_0227n8.jpg  

それに風邪をこじらせ瞬幕が開いたままとなって死ぬのではないかという凄惨な姿を目の当たりにしたこともあった。
このときも薬を餌に混ぜて出したら食べなかったが、それでもクロが寄り添って温めた甲斐あって回復した。
yoshino_02278.jpg yoshino_0228.jpg

懐いてないので獣医に連れて行けないは薬は飲まずに、親の子心子知らずといった感じで、この馬鹿猫と何度思ったことか。
それでもこの数日ほとんど姿を見せないのが今日は現れたし、生きてくれててよかったとつくづく思う。
不愛想で可愛げのない猫だろうと、こうして日向ぼっこしてるのを見るだけでも有難く思うべきなのだろう。
今日も生きてた我が家の野良猫に感謝感謝。

関連記事

二足立ちで水を飲む猫

二足立ちでバケツの水を飲む猫。
いかり肩になってて何かを見つめてる眼差しの鋭さは猫が本来持ってる狩猟本能なのか・・・

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000

関連記事

喧嘩してる猫を止めようかどうしょうか迷ってる猫2匹

喧嘩してる猫を止めようかどうしょうか迷ってる猫2匹の様子がおかしい。
キジトラとチャシロは毎日こうして取っ組み合ってて、喧嘩じゃありませんけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4


水曜の夜から我が家の野良猫がまったく姿を見せない。
塒に入らず寒さに耐えてるのはいいとしても、姿が見えないので凍え死んだのか神隠しに遭ったのかと気が気でない。
1か月ほど前から定時の餌の時間になっても出て来ないことがあったし、出て来ても食べなかったりしてて体調が悪いのかと案じてた矢先だ。
それでも生きてると信じ、カリカリを置き餌にしてるとほんのわずかだが減ってる。
といっても我が家の野良猫が食べてるとは限らない。
というのも先日今まで見たことのない白黒のハチワレが近所にいたし、その後日には三毛猫までいて、時々ふらっと現れるキジトラもいるからだ。
そんな猫のいずれかと喧嘩して瀕死の重傷を負って出て来ないのかとか、気を揉みっぱなしだ。

このところ冷え込みが厳しく毎朝2度。
あと4か月もすれば15歳になるし、どう見ても3キロちょっとしかない小柄な我が家の野良猫がそんな寒さに耐えられるのかと・・・
塒があるのに入らないし・・・

それが今朝水を飲んでるのを見つけ、生きてたのかと安堵。
それでもまる2日間で食べたカリカリはほんの一握りで、足ががりがりだ。
乾いた赤い涙が鼻筋にびっしりこびりついてるのが惨たらしく正視できない。
それでも生きてくれてたことの喜びのが大きい。
温めたウエットに大好きなチャオチュールを添えて持って行っても、車が入って来たせいで細い路地へ逃げ込んでしまった。
それでも空腹だろうと餌を置いといたが、朝出したままになってる。

寒いだけでなくどこかしら具合が悪くてまる2日間出て来なかったのだろう。
否、水を飲む量がものすごいのは腎不全を発症してるのだろう。
猫の腎不全といったら・・・
行く末が心配なのに、懐いてないので獣医に診せられないのが癪でならない。
関連記事

二足立ちしてる猫

二足立ちしてる猫はベランダになにがあるのか見てるのだろうか?
それとも住人が手招きしてるんだろうか?
建物に片手をついてるといえども猫が二足立ちしてる姿が可愛い。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 

かなり以前から携帯電話のキャリアを替えようと思案してて、今日ようやく乗り換え終了。
スマホとタブレット2台持ちで1万円ほどだったのが端末保障込みで3千円ほどに。
月額7千円差は大きいです。
楽天の三木谷は大嫌いでも格安料金は有難いですから~~~

関連記事