FC2ブログ

名前も知らない あなたと私

名前も知らない あなたと私
なのに 不思議ネ 胸がときめく
恋はこうして 生まれるものなのネ
おしえて欲しい あなたの すべてを
今宵一人で歌う あなたへの歌

木の実と黄葉した木に佐々木勉さんが作詞した「あなたのすべてを」という歌を思い出したのは名前を知らないからです。
樹木や草花で名前を知ってるのはほんのわずかで、ほとんど知らないといっても過言でない。
それでも撮影したのは都会の片隅で秋を感じさせてるからだし、名前も知らないあなたと私~~~と歌いたくなってました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


一昨日の土曜スペシャルは「千原ジュニアの田舎でみやげ話を探す旅」で青森県の竜飛崎や五所川原に大鰐温泉を訪ねてました。
吉幾三や元高見盛に新山千春らが地元を案内する内容ですが、名古屋の居酒屋を飲み歩く「千原ジュニアのヘベレケ」と「田舎に泊まろう」をかけあわせたような番組でしたが、大鰐温泉のスナックと居酒屋が登場しました。
かつて1年間に5回も青森へ行き、その都度必ず泊まってたのが湯段温泉と大鰐温泉だったので、興味深くというか懐かしい思いで見てると大鰐もやし組合の寄り合いの方々がいて、その大鰐もやしの美味さに舌鼓を打ってました。
細長いもやしの食感がよく、普通のもやしとはまったく違う。
大鰐温泉内の食堂ではもやしラーメンを提供してるところが多く、その美味さは折り紙付きです。
また、かつての名スキーヤートニー・ザイラーがお忍びで滑りに来たというほど人気が高い大鰐のスキー場ですが、スキーヤーの減少とともに年々観光客が減少してる。
そんなところに星野リゾート津軽界がオープンして久しいが、自炊宿として繁盛してた鉛温泉藤三旅館がリニューアルしたとき高額な宿泊料を設定しひんしゅくを買ったことがあるものの、価格に見合ったサービスなのか概ね好評を博してるのに対し、‏星野リゾート津軽界はどうなのか?
蓼食う虫も好き好きというか、金に糸目をつけないのはいつの世にもいますからね。

そして昨夜「鶴瓶の家族に乾杯」では青森県の黒石が舞台。
黒石名物といえばなんといってもつゆ焼きそばで、それを食べた鶴瓶が焼きそばやんかといいながら美味いと唸ってた。
癖になる味というか確かに美味しいんですが、受け付けない人がいるかもしれない。
日本の道百選に選定されてるこみせ通りは雪国新潟県内の各所で見られるアーケードのような雁木造りで有名。
こみせ駅前の高橋家住宅は現在14代目当主ですが、先代当主のご兄弟が大鰐温泉の宿をしてて、そこが私の定宿だったこともあり住宅内部を詳しく説明していただいたことがあります。
また黒石よされ節は郡上踊りと阿波踊りとならんで日本三大流し踊りに数えられてて、年々観光客が増えてるそうです。
今頃近郊の紅葉山に紅葉狩りの人並がどっと押し寄せてるんでしょうね~~~

そんな青森へ足繁く行ったのは6年前。
いろんな人との出会いがあったし、テレビを見ててまた行きたいと思いが募ってくるばかりでした。

黒石の過去記事 

青森旅行の過去記事
関連記事

東京に木枯らし1号吹く

先週に続き今週も台風22号に見舞われ、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

先週から餌を出してもそっぽを向き反抗心を露にしてる我が家の野良猫。
首根っこをつかんで塒に入れようとしたことでますます警戒心を強くしてるんでしょう。
といってもつかんでないし手を伸ばそうとしただけで逃げてました。

そんなのに昨朝餌を出すと少しばかり食べました。
が、昨日は台風22号で雨が強かったせいか朝以降は姿を見せずじまいで、今朝晩くなってようやく出て来ました。
まる一昼夜なにも食べてないのでさぞかし空腹だろうとチャオチュールとササミにカリカリを出したのに、ほんの少し口をつけただけで御覧のように不貞寝。
不貞寝というか日向ぼっこしてるのに枯葉がまとわりついてるのは、東京に木枯らし1号が吹いたからです。

根っからの野良猫なので人に甘えることを知らないだけに空腹に耐えてる姿が意地らしい。
ハンガーストライキをしてるのか?
塒にいたときは白い毛並みが綺麗だったし、暇さえあれば毛づくろいしてたのが今じゃあまり手入れをしなくなって汚れ放題。
明日は最低気温が10度を下回りかなり冷え込むというのに、今年もまた塒に入らないつもりなんだろうか?

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

関連記事
関連記事

変哲のないスイレンの池

梅雨時に何度も撮影してたスイレンの池。
この日は晴れたり曇ったりで撮影時は薄曇り。
モネの池とか青い池とか行きたいと思わないのは人だらけだからですが、かといってなんの変哲もなく画にもならないこの池もどうかと・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

紅葉真っ盛りのハナミズキ

紅葉真っ盛りハナミズキは早いのは落葉して寒々しい枝ばかりになってるのもあります。
9月下旬から色づき始めたハナミズキですが、サクラは日当たりのいいところが黄葉するもまだまだ青葉が多いようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
2017_10_0008.jpg 2017_10_0009.jpg 2017_10_0010.jpg 2017_10_0011.jpg 2017_10_0012.jpg 2017_10_0013.jpg      

関連記事

不満だらけの猫

ほぼ真ん中に青いラインが縦に走ってる壁が画面を二分してて、猫の顔がその壁から少しはみ出して写ってる。
そんな構図に不満だらけの猫になってしまったのに、写ってる猫といえば穏やかそのもの。
それだけにこんな構図になってしまったのが悔やまれてならない。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROを望遠端にして撮影したものの猫と壁が近いのであまりぼけてなく、これが開放値の明るい単焦点ならもっとぼけただろうに。
それでも青いラインが気になるし、猫の顔が壁からはみ出さないようにするか、逆にもっと左へ振って壁をあまり写らないようにするべきだったのかと・・・
そうしなかったのは撮影場所を特定される懸念があったからですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

猫に見上げられて帰りたいのに帰れない

少女と母親が戯れてたのが自転車に乗ると、猫に見上げられて帰りたいのに帰れない。
もう帰っちゃうのとでも顔を見上げられては躊躇ってしまいますからね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

猫と遊びたい

猫をじゃらすというより猫と遊びたい。
そんな小さな女の子の生き生きした表情がいいんですが、顔をカットしなければならないのがなんとも・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

台風一過の多摩川

台風一過の多摩川を11時前に撮影しましたが、早朝ならもっと水位が高かったのは土手の法面に流木があったことで明らか。
河川敷の公園や植込みが水没してるし、ブルーシートの住人たちは昨日避難してるものの六郷のほうでは中州に取り残されたのが6人だかいたものの無事救出されたとのこと。
それでも川の流れは強烈で波頭を立ててるし、河川敷の猫たちがどうなったのか気が気でない。

この動画は再生ボタンをクリックしてリンク先のyoutubeでご覧ください


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
tamagawa_0008_20171023134207824.jpg tamagawa_0001_20171023134208a74.jpg tamagawa_0002_20171023134209e83.jpg tamagawa_0003_201710231342117e2.jpg tamagawa_0007_201710231342449eb.jpg tamagawa_0006_20171023134245763.jpg tamagawa_0004_2017102313424746e.jpg tamagawa_0005_201710231342486f5.jpg
関連記事

ブログ記事のタイトルをつけようがない

毎度のことながらブログ記事のタイトルに悩まされてもつけようがない。
この野草の名前を知らないし画像が眠いし・・・
それでもなにかに惹かれて撮影したわけで~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


2000年正月。
静岡県の寸又峡へ車で向かった。
このときシティーフォンやきjフォンを使ってたのをiモード搭載のデジタルムーバに切り替えたのはインターネットができるからで、出先で何があるか検索するのに便利だからだし旅行にはもってこい。
車中箱根駅伝の中継放送を聞きながら新年の挨拶をメールで送ると、即座に返信されるのが面白かったし不思議だった。

それはともかく寸又峡で泊まったあとは西伊豆は大瀬崎と戸田温泉の中間にある井田部落の平田荘へ投宿。
部落というと差別用語と言われそうですが、単なる単語であり同和問題とかそうしたこととは一切無縁であり、ガイドブックにも地域の名称として井田部落と紹介されてたし、それを知ったのはアッちゃんやベビーギャングの漫画家岡部冬彦の兄で登山家でエッセイストの岡部一彦の四季の旅宿にも西伊豆の秘境・井田部落とタイトルが明記されてる。
ま、それはともかく昔は沼津から船でしか行けない陸の孤島だったらしく、道路は崖を切り開いたような感じで狭くて曲がりくねった山道が続く。
それでも海沿いを走るので富士山が見えるし夕焼けに染まった富士山が素晴らしかった。
寸又峡から熱海へ行くつもりが平田荘になったのはこちらの思い付きで、それは上記した陸の孤島がどんなところなのか、テナガエビやタカアシガニを食べたいからだった。
それを予約するにもネットができるデジタルムーバの恩恵にあずかったもの。

伊豆半島をぐるり回って伊東温泉で泊まって帰宅すると、この旅行でiモードというかネットの便利さを否応なく痛感しすぐにノートパソコンを購入。
まだネット接続は従量課金制で1分30円か50円ぐらいした時代で1日10分ほどに制限してたものの、悪徳サイトにひっかかり高額請求されたことに地団駄踏んで悔しがったことがあった。
今でもネットを介した詐欺が横行してるし、このブログを提供してるFC2の管理画面で表示される広告サイトにはネットをするだけで1日3万円などという甘言で勧誘してるのがありますが、くれぐれもひっかからないようにして下さい。
関連記事