関連記事

木製物干しにスカイツリー

ここを何度か撮影してるのは、昭和の遺物と化した木製物干しと近代が誇るスカイツリーのアンバランスな組み合わせが面白いからです。
それでも限られた構図にしかできないジレンマがあるし、曇ってても空が背景になれば物干しが黒くつぶれがちになる。
そうならないように露出をプラス補正すれば背景の家とスカイツリーがとんでしまう。
三脚利用でHDR撮影すれば解消できますが、何キロも歩きまわるスナップ撮影に三脚を持ち運ぶのは疲れてしまうので持参してません。
ということでRAW現像する際、アンダー・適正・オーバーの3枚のレイヤーを合成しHDR撮影したような感じに仕上げました。
コントラストが上下か左右きっちり分かれてるならハーフNDフィルターで処置できるでしょうが、左のように混在してるような構図では不可能でしょう。
明暗比の高い画像をこうして再現できるのは画像処理の妙というか画像処理ソフトのおかげですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 kyojima_0016.jpg 

今日「やすらぎの郷」が最終回でした。
中盤見ないこともありましたがストーリーもさることながらほとんどが八十代前後の出演者たちに圧倒されるばかりでした。
六十代半ばの自分が朝なにを食べたか思い出せなかったり、外出したはいいものの鍵を閉めたかガスを消したかといった強迫観念に駆られ、したことを思い出せないことが多くなってるというのに、やすらぎの郷の俳優たちは台詞を覚え演じてた。
台詞を覚えるのが仕事とはいえ八十歳前後で記憶力は衰えないものかと感心しながら見てました。

内容はテレビをつまらなくしたテレビ局を皮肉ってるし、原案と脚本担当の倉本聰は愛煙家ということで男優女優問わず煙草をふかすシーンが多いのも時勢を皮肉ってるようでした。
テレビにしても喫煙にしても問題提起してるように感じたし、単なる団塊世代向けとは一味違うドラマでした。

このところリアルタイムでテレビを見るのはニュースぐらいで、あとは動画サイトで見てることが多い。
ドラマにしてもバラエティーやその他もろもろを見られるし、こんなのがあったのかとときめいて見るのもある。
それでも「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とか「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など各地を巡るロードサイド物は気楽に見られて面白い。
それなのに毎週のように見てた土曜スペシャルの旅番組とか大和田伸也ナレーションの「いい旅夢気分」がほとんど見ることができないのが残念でならない。

テレビがつまらなくなったというのは若者たちだけでなく年寄りも同様なのかテレビ離れが多い。
理由はいうまでもなく見たい番組がないからだし、見ててほっとしたりクスッと笑えるのがないからでしょう。
どうでもいいことを大袈裟に、それも無理に笑わせようとする番組にそっぽを向くのは当然で、視聴者をくすぐる番組がないのか見つからないのか?
そういう意味ではテレビ東京はなにかと話題の番組が多いし、テレビ朝日にしても今回のやすらぎの郷ドラマとはこういうものだと見せつけてくれた。
まだまだテレビは捨てたものではないと思いますけどね~~~

敬称は略させてもらいました。
関連記事

猫見っけ~~~

猫見っけ~~~
イチョウの葉ごしに猫。
緑の葉に茶白だからいるのがわかりましたが、紅葉してたら同系色で気づかなかったかも・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



この1年余り痛風の発作が起きずほっとしてたところ先日左足に痛みを感じた。
痛風発作は大体親指の付け根が赤くなって激痛を伴うのに、甲全体に鈍痛があるので捻挫をしたのかと思うがそれらしき記憶はない。
それでも念のため劇薬コルヒチンを6時間おきに3回飲むと鈍痛が収まったのはやはり発作が起きる前兆だったのかと・・・

生活習慣病というか成人病で中性脂肪値が高いうえに高脂血症だし高血圧も。
喫煙に飲酒とストレスが原因でたいした運動をしてない。
それで二日間禁酒し寝る4時間前までに夕食を済ませると体重が2キロ減ってました。
いつもだらだら晩酌しその1時間後に寝るのが習慣になってるのも生活習慣病を助長してるんだろうし、改善しなければと思いつつなかなかできない。

改善といえば小池百合子が日本をリセットするといって希望の党を立ち上げた。
それに民進党が来る衆議院選の比例区として合流するのは苦肉の策だろう。
民進党が小沢一郎を亡き者にしてなければこうはならなかったろうに~~~
それはともかく安倍政権打倒では希望の党と一致してるし、自公での過半数割れを実現させるためには劇薬になるのでは?
関連記事

庇にいる三毛猫

暑いからか寒くて日射しを求めてなのかにいる三毛猫
これから寒くなれば路地に潜んでた外猫たちはに上がることが多くなるでしょうね~~~

飛騨古川の辺りで行方知らずになってる黒猫を捜してる方がいます。
まだ仔猫で寒くなるこれから心配ですし、心当たりのある方はコメントしていただければ捜索人に連絡しますのでよろしくお願いします。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_kyojima_0011.jpg
関連記事

虎視眈々としてる猫の目

二階の手すり籠に三毛猫がいるのに気付いてカメラを向けると目が合いました。
その目が虎視眈々としてるようでした。

安倍晋三が内閣を解散した。
自己保身や党利党略だとか森友加計隠し解散と揶揄されてるのに、安倍晋三は自ら国難突破解散だというのに笑止千万。
その直前小池百合子都知事が希望の党を立ち上げ代表についたと声明。
都議選で予想をはるかに超えた当選者に国選でも行けると感じてのことだろうし、小池百合子自身都知事は踏台で女性初の総理大臣を目論んでのことだろう。
自ら与党でも野党でもないといってることから、機を睨んでいずれは寝返りを打つに違いない。
衆議院選挙の結果しだいで安倍晋三と小池百合子が手を組まないとも限らない。
まるで虎視眈々としてる猫の目のようだ。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

関連記事

猫にペットボトル

猫にペットボトル都市伝説化してて猫除け対策にならないのにあちこちで目に付く。
この猫にしてもペットボトルではなくファインダーを覗いてるこちらを怖がってたし・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


動物と話せるハイジという女性がまた志村どうぶつ園に出てました。
彼女が本当に動物と話せるなら懐かない我が家の野良猫が何を思ってるのか教えてほしいものですが、なんだか胡散臭い感じがするし・・・
関連記事

兄弟で子供神輿

子供たちが神輿を曳いてますが兄弟だろうか?
ねじり鉢巻きの子と青いつばの帽子の子は顔がそっくり。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

関連記事

神輿にスカイツリー

先日京島へ行くと飛木神社の例大祭でした。
秋祭りたけなわでスカイツリーに来てた人たちも神輿に目を奪われてました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 oshiage_0003.jpg
関連記事

夜の猫

仕事を終え家に向かってるサラリーマンだろうか?
門柱の猫がそんな彼にお疲れさんと言ってるような気がした。

 


ミシュランの重圧もうごめん、三つ星シェフがガイド非掲載を要請 仏

上記タイトルは昨日のヤフートピックですが興味深い記事でした。
ネット上には購入商品の評価とか宿泊施設や飲食店などいろんなランキングサイトがありますが、上位にランクされてるからといって自分の好みに合うかといえばさにあらず。
あくまで参考程度に利用してるだけです。
上記の記事は利用者側でなく提供側の主観を述べてて「完璧な料理を日々提供しなければならないという重圧から逃れたい」というし、トップアスリートになぞらえて「卓越したものであるためには、修練とハードワークが要求される」と語った。「私たちはうちの店のシェフたちにこう言っている。『ミシュランガイドのために働いているんじゃない。客のためだ』」と。
ランキング落ちするかも知れないというプレッシャーもさることながら、客の立場も考慮した料理人の在り方が窺い知れました。

gourmet_0009.jpg 

上記の画像は 東京オリンピックの時代から営業してる小さなラーメン屋のメニューです。
何度かテレビに取り上げられてるのでご存知の方がいるかも知れませんが、こういう感じの店が近所にあるなら足しげく通うに違いありません。
飲食は何を食べたいかだけでなくそのときの気分とかいろんな要素でどこへ行くか決めるし、サイトでのランキングがいいからとかはあまり気にしないのは自分に合う店かどうかが肝要であり、それは他人の評価と異なることが多いからです。
そういう意味でこのラーメン屋はいつ行っても納得できます。

昨夜はおでんを作って食べましたが、有名店だと片手がすぐ出ていきおいそれと行けませんからね~~~
猫からお疲れさんと言われてるようなサラリーマンは夕飯を済ませてきたんだろうか、それとも帰宅して奥さんと一緒に食べるのか、独りでカップラーメンをすするのか・・・
関連記事

毛並みがぼさぼさの野良猫

毛づくろいすると少なからず毛を飲み込み、吐き出すのに苦しんでるのを何度も見てるのでキャットフードを毛玉防止用のを与えてます。
去年冬ねぐらに入らず寒さや風雨をしのぐのに縁の下に潜り込むので白い毛並みが土埃で汚れてすごいのに、毛玉を吐くのが辛いのかあまり毛づくろいをしなくなってぼさぼさというか、抜け毛が塊になって体にまとわりついても気にならないのかそのまま。
さすがに気になって毛づくろいしたら舌にまつわりつき、それを払い落とすのも一苦労してました。
こんなふうになるまえは暇さえあると毛づくろいしてて、白い毛はピカピカとまでいかないまでも飼い猫のように綺麗だった。
塒に入らないがため自業自得とはいえ、気の毒でならない。
今年はなんとかしてまた塒に入るよういろいろ工夫するつもりですが、餌を出すときでも手を出してくるし、懐かない我が家の野良猫にてこずってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 yoshino_02264.jpg yoshino_02265.jpg yoshino_02266.jpg yoshino_02263.jpg  yoshino_02262.jpg yoshino_02261.jpg    
関連記事