思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

旅気分で撮影した東昌寺の枝垂れ桜 

過日幼馴染と居酒屋で煙草の喫煙禁煙について話したことを記事にしましたが、その彼と今年初め居酒屋でばったり出くわしたのは6年ぶりでした。
それで募る話をしてると、寝台特急あけぼので一緒に行った不老ふ死温泉や宿泊先にいた猫のことなどを話したものです。
その旅行でちょっとした行き違いで6年ほど会ってなかったんですが、その間行ったおたがいの旅行話に花を咲かせたものです。

そして私が最後に泊りがけの旅をしたのは去年秋の鬼怒川温泉でした。
その間に墓参りを兼ねて秩父で、そして猫撮りで熱海や千葉などに一泊してますが、去年秋から由乃の弟分だったクロが出没してて由乃が塒に入らないことを、仔猫当時の由乃やクロに餌出ししてた人物に話すと、クロを引き取ってないし由乃に餌を出そうにも現れないのであげてないということでした。
由乃に餌を出してると思ってばかりいたので、それを聞いて愕然となったのはいうまでもないし、これからは一泊とはいえ外泊できないと思わされました。

そんな状況で埼玉県小川町の東昌寺枝垂れ桜の撮影に行きましたが、去年一昨年と花見弁当を作ってたのをどうするか?
最終目的地の下里分校の桜はまだ蕾で花見でもないだろうし・・・
それでも弁当を作ろうかどうか迷ったのは、コンビニ弁当では味気ないし少しでも旅気分を味わいたいからでした。
それなのに作らなかったのは今週末彼と一緒に花見に行くときにしようと思ったからでした。

それはともかく都心を出た列車が郊外に向かいある駅を通過すると、その駅名に高校時代付き合ってた女性がかつて住んでたところだと思い出し、彼女が自宅に来るのに2時間近くかかってたのが今は相互乗り入れで1時間ほど。
高校を卒業後ドイツへピアノ留学するのに羽田空港まで見送りに行ったことが思い出されたし、その後何年たったか定かではないですがNHKラジオでピアノコンクールが放送されてたのを聞いてると審査員代表でその彼女の名前がいわれびっくりしたものです。
帰国しピアノの道に進んでるのがわかっただけでも嬉しく思えたものです。

2時間ほどで到着し3回目ともなれば勝手知ったる道とばかり東昌寺へ向かうのに高架橋からその枝垂れ桜が見えると、1年ぶりかと懐かしくなってきます。
flower_sakura_02077.jpg 

と思ってると犬の前を通り過ぎて行くおなかが大きい白黒猫を発見。
車の後ろを通って行くのを追って行くとキジ猫がいて、恋の相手はこの猫かと~~~
畑があちこち残ってて昔は農家が多かったんでしょう。
農作物を荒らすネズミ退治に猫を飼うのは農家の常。
そんな名残なのか他のルートで行った時も猫を見てます。
cat_ogawa_0005_20170406185617577.jpg cat_ogawa_0006_20170406185619051.jpg  
 

駐車場には三脚を持った先客が一人いましたが、さっと撮影してさっといなくなり自分一人だけ。
これ幸いとばかり撮影しますが、過去2回と同じようなアングルになってしまう。 
flower_sakura_02078.jpg  flower_sakura_02079.jpg flower_sakura_02081.jpg flower_sakura_02082.jpg flower_sakura_02083.jpg flower_sakura_02084.jpg flower_sakura_02085.jpg flower_sakura_02086.jpg flower_sakura_02087.jpg 

お年寄りたちが集まってゲートボールを始めるようです。
こういう光景に心が和むし、こうした老後を送りたいと思ってしまいます。
里山暮らしに憧れますね~~~
このあと同じく枝垂れ桜の西光寺へ、そしてカタクリを見ながら下里分校へ向かい里山気分を堪能しました。
それはまた後日掲載しますが、往復4時間の小旅行気分を味わって帰宅すれば、我が家の野良猫由乃が昼飯出さないでどこへ行ってたんだとおかんむりでした。
flower_sakura_02088.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑