思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ガラス戸から見える光景 

ガラス戸から見える光景は里山の梅だったか・・・
曇りガラスと透明ガラスを合わせた硝子戸は木製でかなりの年月を経た時代もの。
右に見える建物も木造。
そんな建物にノスタルジーを感じるのは自分だけだろうか・・・ 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02145.jpg  
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

永すぎた春 

少し離れた隣町では桜が満開になってるというのに、こちらは山があるせいか梅がやっと満開といった状態で、桜は一分咲きにも満たない状態でした。
それでも里山の梅は風情があっていいです。

この梅を撮影してからまだ一か月たってませんが、桜が満開となって葉桜になったしハナミズキにツツジやチューリップといろんな花を撮影してきました。
春が永いというか1年12か月を四季に当てはめると4月は夏に相当するし、草花が競うように咲くのは無理ないですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ume_0311.jpg flower_ume_0312.jpg  


菊川怜さんが結婚してたそうです。
永すぎた春に終止符を打った彼女の幸せを願います。
テーマ: 風景写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

目に青葉でもカツオが不漁とか 

明日からゴールデンウイークで、今夜から出かける方もいるのでは?
でも猫を飼ってる方はゴールデンウイークであろうとお盆だろうと、猫最優先で泊りがけの旅行をしない方が多いんでしょうか?
こちらも野良猫といえど餌を出さなければならず、旅行できません。

目に青葉山ホトトギス初ガツオの季節ですが、カツオが不漁だとか・・・
クロマグロも漁獲制限となったようで・・・

2017_04_0018.jpg

若葉が新緑となってまばゆかった今日撮影してるとけっこう暑くて、帰宅して冷やし中華を作りました。
コンビニで売ってるのもいいですが具が雀の涙で物足りないし、タレが好みとあわないからです。
タレといっても自己流で味見しながら調整してるのでばっちりです。

タレは多い順から 水 醤油 酢 醤油 中華出汁 砂糖 ゴマ油 塩 ですが、中華出汁でなく和風出汁にしてゴマ油を抜いたのは素麺や冷や麦で流用してます。
4食詰めの生麺なので食べたい分量を適宜にできるのがいいし、味も自分好みで1食あたり100円もかからないので経済的です。
とはいえ真夏日ともなれば作るのが面倒になり外で食べたくなるのが人情だし、具にしてもハムでなくチャーシューや蒸し鶏にクラゲにカニとかトマトなど豪華なのを食べたくなります。
神保町の揚子江菜館で食べた冷やし中華は確かに美味しかったですが、今では人気店になって行列ができてるし並んでまでとなって、街中の昔ながらのラーメン屋でありふれた冷やし中華のがいいとなってしまいます。
それでも真夏はあまり出歩かなくなってるし、やっぱり自分で作って食べるんでしょうね~~~
cooking_0019.jpg cooking_0020.jpg cooking_0021.jpg   
テーマ: 作ってみた | ジャンル: グルメ |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

花を愛でる心 

ソメイヨシノと八重桜の見頃を終えた今、ハナミズキが葉桜に彩を添えてます。
朝晩はひんやりしてまだまだ寒いですが、日中は初夏をとおりこし蒸し暑い日がある東京です。
日本は四季がはっきりしてて季節折々に花を愛でることができます。
が・・・

挑発をやめない北朝鮮に対しアメリカが威嚇するのを、安倍晋三が支持支援すると表明したことで日本はますます北朝鮮から敵視されるに違いない。
これまでは単なる挑発だけだった北朝鮮が、本気で核弾頭を搭載したミサイルを日本に向けて発射する可能性が高くなり、こんなブログを運営してるどころでない日がいつ来てもおかしくない。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_02150.jpg 

 2017_04_0012.jpg  2017_04_0010.jpg 

着物を着た女性が銀座の花椿通りにはハナミズキの並木を歩いてますが、こんな優雅な光景も一瞬にして火の海と化すだろうし、東日本大震災や熊本地震を上回る大惨事になるでしょう。
核弾頭搭載ミサイルの標的は間違いなく首都東京だろうし、死者がどれぐらい出るのか・・・

生き残ったとしても食うや食わずで路頭を彷徨い、花を愛でるどころでない。
それでも安倍晋三や国会議員ら一部の者はのうのうと飯を食ってるに違いない。
それは過去の大戦を紐解くまでもないこと。
そういう戦争がいつ起こってもおかしくない非常事態を迎えてるのに、自分自身もふくめそんな馬鹿なことなど起きるはずないと思ってるはず。
ま、元凶は北朝鮮の独裁者なんで、それを懲らしめることに異論はないにしても、武力行使以外に他の方法があるだろうに、気に入らないからなんでもいいという短絡的な考えしか持てないトランプと安倍晋三がタッグを組んでは戦争になってもおかしくない。
どちらにしろ国民を自分の意思に従わせることしか頭にないんでしょうから・・・

花を愛でる心があるなら、戦争を絶対にしないし起こさせないでしょう。
ろくでもない野心をもった者が国の代表となり、それゆえ多くの人間を不幸にするというのがわかってないんでしょう。
安保条約など破棄してスイスのように永世中立国にすればいいものを、そういう平和主義に思考が及ばないんですから…

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5
2016_04_0001.jpg 

ハナミズキの和名はアメリカヤマボウシらしいですが、そのヤマボウシを見られる時期がもうすぐ。
来るゴールデンウイークに皆さんがあちこち行かれてるころ、こちらはヤマボウシを撮影してるでしょう。
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

薄紫の藤棚の・・・ 

薄紫の藤棚の下で歌ったアベマリア 澄んだ瞳が美しく なぜか心にのこってる~~~♪♪
「女学生」の歌は安達明さんのが馴染み深い方がいるかも知れませんが、私は三田明さんが歌ってたのを聞いてました。
なんでもかんでも略語化してしまう今、女学生という言葉自体死語となってJKとかJDなど語彙のない呼称になってますが・・・

正月明けから梅を撮り始めその後少しすると並行して河津桜を、そして都内では若葉になってますが東北と北海道でこれから見頃を迎える桜を撮影してましたが、ツツジやチューリップが目につくなかフジが見頃を迎えてます。
足利フラワーパークのような豪華さはなくても、歩いて行ける近所の藤棚に初夏を感じてます。
それにしてもフジの花は本当に薄紫ですね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / smc PENTAX-M 150mm F3.5 / smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0
 2017_04_0016.jpg 2017_04_0014.jpg 2017_04_0013.jpg 2017_04_0015.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

隣の芝生は青いが・・・ 

隣の芝生は青いが・・・
人によって解釈のしかたはいろいろあるでしょう。
田舎にいても働き口がなく都会に出て行かなきゃと思うのがいれば、ごみごみした都会より田舎暮らしのがいいと思うのもいる。
そんなふうになにかを羨むより、今を謳歌しなければと思ってるんですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02146.jpg 

以前、自治体がインターネットのプロバイダの運営をしたらどうかと書いたことがあります。
その費用がどれぐらいかかるのかわかりませんが、プロバイダ業者は大手資本の事業者ばかりでないし不可能な金額でないと思うんですが・・・
もし可能ならプロバイダ料金だけでなく広告を出店できるように法整備をすれば、税収が少ない自治体は増収になる。

これまでいくつか大手のプロバイダを利用してて思うのは、役立つことがある反面くだらなすぎることが氾濫してて、広告収入を得るためにどうでもいいトピックを何ページにも分けて多数回にわたって閲覧させてるのが多い。
その鬱陶しさといったらないし、誤字脱字だらけ。

倉本聰さんが今のテレビ界を憂いて「やすらぎの郷」という脚本を書いてシニア向けドラマを放映してます。
購買力が高い団塊世代を超えたシニア向けというのは、スポンサーにしたらかなりリスクが高いと思いますが、予想した視聴率の倍以上を上げてるようです。
その理由はなにか?
出演者の多彩な顔ぶれはもちろんだし、主演の石坂浩二の子を宿したと週刊誌に書かれた加賀まりこに、その石坂浩二と結婚したものの離婚した浅丘ルリ子。
団塊世代はそんな顔ぶれに嗚呼と思わずにいられないし、身につまされるというか共感を覚えるシーンがあるかも知れません。
敬称は略させていただきます。

テレビ放送が始まって64年。
映画化された三丁目の夕日では、東京オリンピックに向け高度経済成長の真っただ中。
テレビが届いた家に近所の皆が寄ってたかって見たのは映画だけの話でなく、私自身ポパイやディズニー番組を近所のお宅で見せてもらってたし、繁華街での街頭テレビも見た記憶がいまだ鮮明に残ってる。

それなのに今、テレビ離れが進んでるという。
理由はいろいろでしょうが、単身者が家賃を払って生きていくには無駄な出費を抑えなくてはならず、森永卓郎が12年前に「年収300万円時代を生き抜く経済学」を上梓してますが、その2年後には「年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫」を書いてます。
小泉純一郎は米百俵の精神論で有権者をだました構造改革に安倍晋三を揶揄したアホノミクスと続く政策は相も変らぬ富裕層優遇で、5パーセントから8パーセントに上げた消費税の一部を大企業の減税にまわしてるというのがから何をかいわんやでしょう。
そうしたなか正社員より非正規社員が多い企業が跋扈し、若者たちだけでなく中高年者も年収百万円前後という者が多い。
そういう状態でテレビを見るにも見られないのがいるだろうし、テレビ自体所有せずスマホのワンセグで見てるのかも知れない。

本離れ新聞離れテレビ離れと続き、スマホが取って代わりPC離れも加速してるという。
確かにスマホは便利だが、PCにしてもソニーが壁や机をモニター代わりにしどこでも使えるのを発売するし、やたら広告ばかりが出て来るスマホよりずっといい。
インターネットが普及し始めて20年近くなります。
1分10円ほどの従量課金制度で始まり、今は光回線で定額制が当たり前。
それでも地方や山間部では光回線を利用できない地域があるだろうし、自治体同士が協力し合えばネット難民を救済できるだろうし、テレビもネットで見るようになりつつある今、民間業者まかせでなく自治体が率先していくべきだと思うんですが・・・
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

カタクリの撮影はぎっくり腰になりそう 

カタクリは地面すれすれに咲いてるのが多く、撮影するのに腹這いになってる人もいます。
猫を撮るにも腹這いになってるのを見たことありますが、そこまでするのはよほどの熱意があってこそでしょう。
ビニールシートを敷いてヒガンバナを腹這いで撮影したことありますが、カメラを持つ手が震えてブレまくりでした。

そんなことでバリアングルLUMIX DMC-FZ1000を購入しましたが、それでも中腰にならなければならず、カタクリの撮影はぎっくり腰になそうでした。
ぎっくり腰は癖になるし、完治させないと歩行困難になるので気をつけないと~~~

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

画像処理に思い悩むチューリップ 

晴れてるとき撮影したチューリップです。
内側は筋状のピンクに色づいてますが、外側だけでなく全体的に白い。
段階露出で撮影したのをモニターで確認し、あとは画像処理でどうにでもできると判断しました。
なぜそう判断したかといえば上記したように露出値を変えながらアンダーからオーバーに4枚撮影してたからです。

ところが帰宅してPCに転送したのを見ると、カメラのモニターで見たのとかなり違う。
濁ってるし適正露出が1枚もないんです。
それにホワイトバランスもおかしく、画像処理するのにてこずってしまいました。

肉眼で見たときは透けるほどではなかったにしろ、もう少し明るかった。
それでトーンカーブを調整するとコントラストが強くなるし、そうでなくても白飛びを起こしてるので明度と彩度を上げたり下げたり、あれこれやっても見た目と同じようにならない。
白飛びを抑えパステル調にならないようにと・・・
それでもまだ濁ってて見た目よりかなり暗い。
かといってこれ以上明るくすると、写真でなくパステル画のようになってしまいそうでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_04_0008.jpg 2017_04_0009.jpg
テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

下町の猫 

いかにも下町の猫といった感じですね~~~
雑然とした光景に半飼い猫が思い思いに・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 cat_town_0042_20170417180927c07.jpg 


以前「ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。」で養老孟司さんの飼い猫マル君のを見たと書きましたが、その続編というべき角田光代さんのを見逃してしまいました。
それが今日再放送されてたので見ましたが、猫より飼い主自身のことが多くてあまり見どころがなかったです。
それに比べ養老孟司さんのほうはマル君がかなり出ずっぱりで、鎌倉というロケーションがなんともいえないし貫禄のあるマル君がそんな自然のなかで悠々としてて、2回目なのに飽きずに見てしまいました。
鎌倉のあるハイキングコース途中に侘び寂を感じさせる和風民家があるんですが、ひょっとするとそこが養老孟司さんの邸宅なのかと思ってしまいました。
昔北鎌倉に光風苑という割烹旅館が風情のある建物でしたが、かなり以前なくなってますが、場所はともかくそういった静かなところで猫と暮らすのが夢です。
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫が縁で知り合った人 

あの人から話しかけられてからもう6年たってたのか・・・

暇ができると猫ばかり撮り歩いてました。
朝早く出かけたときなど途中でおにぎりかパンを食べますが、何キロも歩きまわり中腰や不自然な姿勢で撮影し終えるとぐったりしてることが多い。
そんなことで帰りがけ立ち寄った店でビールを飲みながら撮影した画像を再生してると、隣の男性から猫が好きなのかと聞かれました。
猫しか映ってないので、そういわれるのは無理もない。
「それうちの近所だし、見たことある猫だよ」
それどころか、猫を5匹飼ってるといいます。
それなら今度行ったとき撮らせてほしいと、住所と電話番号を教えてもらいました。
それで撮らせてもらったのが下の写真です。

撮影機材 NIKON D7000 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
 

その後も何度かその方と会ってましたが、3年前胃癌になったといわれました。
それで手術をし体力が快復したあとは好きな山にも行けるようになったと喜んでました。
それでも好きな酒と煙草をやめてたし、少し痩せてたのが気になってました。
こちらにしても脊髄狭窄症で歩くのが辛いときがあって、その方がいる街へ猫撮りに行く回数が減ってたし、行ったとしても自宅を訪ねようにも疲れきってて会わずじまいになったのが2年前だったろうか・・・
先日ひさしぶりに訪ねチャイムを鳴らしても出てこないし電話してもつながらない。
向かいに住人がいたので聞くと、去年亡くなったという。
娘さんがいるはずなのでチャイムをもっと鳴らせば出て来るというが、会ったことがないし生前娘さんのことを話したことなど聞いたことがない。
というより先にこちらが奥さんがどうしてるのか聞くと、奥さんでなく内縁関係だったようだと・・・
奥さんとは面識があったんですが、複雑なような気がして娘さんと会うことなく後にしました。

しぶい顔つきだったYさんは、猫の話になると目を細め柔和な顔を見せてました。
生前一緒に飲もうといってましたが、初めて会った時以来飲むことは叶いませんでした。
写真の猫は飼い主に似て人懐こく、これいがにも何枚か撮影した猫たちは元気なのか?
6年などあっという間に過ぎていくばかりで・・・
Yさんが何歳だったのか聞いてませんがこちらより年長だったのは確かです。
そんなYさんのご冥福を祈るばかりです。
テーマ: 我が家の猫 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑