思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ハトはどこへ行ってしまったのか 

昨日病院へ行った帰り公園へ寄りました。
昨秋からバリアフリー化工事のためアジサイ園と西洋庭園が封鎖されてて、毎年1月初めに梅を撮りに行ってたのが今年初めての撮影。
背丈が低い梅はすでに花を落としててアップでの撮影は無理でした。
flower_ume_0307.jpg flower_ume_0308.jpg flower_ume_0309.jpg 

それでヒュウガミズキを撮影しに行くと映画蛍川のラストシーンを思い出したのは、逆光のヒュウガミズキの小さな花がまさに蛍が群舞してるかのように見えたからです。
2017_03_0006.jpg 2017_03_0003.jpg 2017_03_0004.jpg 2017_03_0005.jpg 

ユキヤナギは日一日毎に花数をふやしてるようです。
2017_03_0007.jpg 

最近由乃がいるのはここ。
こちらが由乃を初めて見たのもここですが、それも建て替えが始まるようで由乃の居場所がますますなくなっていくようです。
2日間姿を見せなかったクロがまた来てました。
気のいいクロですが、由乃が外敵としてる以上追い帰すほかありません。
そんなこちらにクロは戸惑ってるようで、こちらとしても心中申し訳ないと謝ってました。
yoshino_02204.jpg kuro_0024.jpg 

平和の象徴ハトですが・・・

東日本大震災からまる6年。
いまも避難者が12万人いるそうです。
そういったなかで横浜市の児童は災害見舞い金が入っていいだろうと、金を無心する者がいたとか・・・
当の避難者にしたら避難したくてした訳でないし、できるなら地元を離れたくなかったはず。
そんな気持ちを理解し、少しでも和ませるのが人としてのあるべき姿なのに、これでは避難した方たちが救われる訳がない。

米国の51州目と揶揄されてきたというか自虐的に認めざる得ない日本。
オバマからトランプが大統領になり、超タカ派の安倍晋三が尻尾ふりふりゴルフ三昧でますます米国従属に。
ロシアのプーチンを招いて北方四島返還を迫るどころか、経済政策で3千億円も投資するという愚策。
ロシアはその北方領土に対米政策というか脅威のため、基地を建設するというのだから盗人に追い銭とはこのことだろう。

方や東日本大震災で仮設住宅暮らしを余儀なくされてる人たちにはこれといった進展はない。
進展どころかいつかは立ち退きを迫られるだろうし、故郷を奪われた挙句流浪の民となるばかりに違いない。

北朝鮮に拉致された遺族たちは高齢となって、我が子との対面は叶わぬまま。
対中対韓を煽りまるでマッチポンプの安倍晋三になびくばかりで、今の自民党に良識ある議員はいないのか!
この安倍晋三と女房が時代錯誤甚だしい教育勅語を、年端のいかない幼稚園児に叩き込んでる籠池夫婦が運営する学校法人がもとで足元に火がついてる。
火のないところに煙は立たずの喩えがあるように、足元だけでなく火焔地獄に堕ちるかも知れない。
堕ちなければ自分がしてることの非道さは、いつまでたってもわからないだろう。
稲田朋美にしても早晩辞職する羽目になるだろうし、いつまでもこんな狂った内閣が続いてては困るのだ。
加藤紘一が生きてたなら自民党はもっとましな政策をしてるだろうし、東日本大震災の被災者や北朝鮮による拉致被害者にきちんとした対応をしてただろうに・・・
ハトはどこへ行ってしまったのか・・・
bird_hato_0001.jpg    
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑