思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

紅葉の撮影で京都へ 

紅葉の撮影京都

早朝といっても9時ですが人がまばらで外国からの観光客もいません。
fall_leaves_0020.jpg fall_leaves_0021.jpg 

それでももたもたしてるとどっと人が押し寄せてくるのは必至。
fall_leaves_0022.jpg    fall_leaves_0023.jpg 

1時間したら案の定人が多くなってきました。
fall_leaves_0024.jpg fall_leaves_0025.jpg fall_leaves_0026.jpg fall_leaves_0027.jpg fall_leaves_0028.jpg fall_leaves_0031.jpg fall_leaves_0032.jpg fall_leaves_0034.jpg fall_leaves_0035.jpg 

fall_leaves_0019.jpg 

落ち着いて撮りたくても人が多く、構図を考えながら少し後ずさりすれば人とぶつかりそうになるのでうかうかしていられない。
fall_leaves_0029.jpg fall_leaves_0030.jpg fall_leaves_0033.jpg 

なに・・・九品仏
fall_leaves_0036.jpg 

先日アド街ック天国で九品仏浄真寺の紅葉が放送され、しかもこないだの日曜再放送されたらしく、去年の今頃ならカメラマンがちらほらで一般の人などほとんどいなかったのが、まるで京都紅葉スポットを思わせる人波。
そんななか四時間近く撮影した1時過ぎ昼食をとろうとするとどの飲食店も行列。
テレビの影響おそるべしですね(^_-)-☆
九品仏の駅員に乗降客が増えてるか聞くと、凄いと苦笑いしながらいってました。
もし行かれるなら早朝のがいいですよ!(^^)!

紅葉の撮影京都へ行ったような気分になった顛末でした_(._.)_
fall_leaves_0037.jpg                   

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
テーマ: 紅葉の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

光を活かした紅葉を撮影 

よく写真は光の魔術といいますが、光と影が織りなす芸術といっても過言でないでしょう。
ありふれた光景でも見る時間帯によってまるっきり違う印象になることがあるし、マジックアワーともなればドラマチックに感じることも。
そのため山へ行ったときは、日の出と日の入り前後1時間が勝負だとばかり寒さに震えながらレリーズしてました。

光を活かした紅葉の撮影と題したところで特別な技術は不要。
ただただ光と影を見つけるだけ。
ところが、そう簡単に見つけられないのは光と影の混ざり具合や枝ぶりとか画になると思えるのが少ないからです。

右半分から左にかけて球形状に光が当たってるのが花火を思わせてました。
fall_leaves_0005.jpg 

真ん中から外側に向かうほど暗い。
レンズによる周辺光量落ちなら四隅がもっと暗くなるはずですが、そうとは思えない。
木漏れ日でもない感じですが・・・
fall_leaves_0006.jpg

真ん中下だけがスポットライトを当てたように透けてるのに惹かれ撮影しましたが、背景の玉ボケが濁った緑で全体的にくすんだ色合いになってるのが残念ですが・・・
fall_leaves_0007.jpg 

東京都内と近郊はまだ半月ほど紅葉を見られるし、光と影を活かした紅葉を撮影したいものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
テーマ: 紅葉の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

さざ波に映る紅葉 

さざ波に映る紅葉ですが、本来なら鏡面のように波ひとつたってない状態で撮りたいものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
fall_leaves_0012.jpg fall_leaves_0013.jpg fall_leaves_0014.jpg   

テーマ: 紅葉の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

光を求めて 

天気によるイメージは
晴れ=ぎらつく
曇り=どんより
雨 =しっとり
こんな感じですが、晴れてるからといってすべてが明るくないのは影ができるからです。

写真は光と影の魔術師といわれるし、その光と影をいかに表現するかで印象がガラッと変わってしまう。
スナップはそういった縛りにかかわらず人の目を惹きつけるものがありますが、花や風景写真では光と影をどう処理するかが最大のテーマでしょう。

そう思いつつもありふれたものしか撮れないのはいい加減な自分だからです。
カメラを持ち出したからにはとにかく撮る。
その結果がどうあれ、いつか見返すとこういうのを撮ったのかと、あの時はああだったこうだったと思うことが多い。
それが自分なりの写真なのかと・・・

晴れてるなか3時間あまり光を求めて撮り歩いた一部です。
晴れてるのに光を求めてというのはおかしいですが、イメージに合う光と影を見つけ出すのは容易ではありません。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
fall_leaves_0008.jpg fall_leaves_0009.jpg fall_leaves_0010.jpg fall_leaves_0011.jpg     
テーマ: 写真日記 | ジャンル: 日記 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

紅葉スポットの京都東福寺で撮影禁止 

紅葉スポット京都東福寺撮影禁止の通達が出されたのは通天橋の欄干が低く落下する恐れがあるためです。
1日に3万5千人も訪れる紅葉スポットですから、押されれば高さ1メーターの欄干からはみ出し10メーター下に落ちる可能性が高いからでしょう。
それでも観光客が引きも切らず訪れてるのはネットの功罪でしょうか・・・

40年ほど前私は兵庫県相生市に1年ばかりいました。
仕事がハードなため四十七士で有名な赤穂城や竜野に高梁とか倉敷など比較的近いところにあっても行かずじまい。
今思えばなんてもったいないことをと地団駄踏むばかりですが、そんななかお盆休みに京都へ行ったことがあります。
夏の京都がどれだけ暑いか行かれた方ならご存知でしょうが汗をかいたシャツが渇くと塩の結晶になるほどです。
侘び寂びを感じさせる詩仙堂と曼殊院に観光客はなく、仲間と一緒に回廊で大の字になったものです。

それが今ではどうなってるのか知りませんが、ネットで紹介し少しでもいいと思えば瞬く間に拡散され、近所の住人たちが何事かと目を丸くするほど人が集まって来る。
いい例が千葉の濃溝の滝だし、福山雅治の歌で一躍有名になった桜坂など近所なので、何百人もが列をなして桜坂を目指してるのを見たとき、事件でもあったのかと思ったほどです。

東北では冬支度をしてるものの関東以南の各地では紅葉の見頃を迎えてる今、京都はもちろんあちこちで押し合いへし合いしながら紅葉を見てるのでしょう。
有名だし綺麗だから見たいと思うのは人情だし、行きたくなるのは当然でしょう。
それでも人の行く裏に道あり花の山ではないですが、そういった有名なところでなく自分自身の目で探し当てるのも乙なものです。

新宿御苑下の池の紅葉
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
fall_leaves_0001.jpg

昨日新宿御苑紅葉を撮りに行きましたが、ここでの紅葉スポットはなんといっても下の池のカエデとポプラ並木に銀杏でしょう。
もちろんそれも撮ってますが、あまり人が来ないし光線状況とアングルしだいでいい画になるカエデのスポットがあります。
そこは中腰というよりうつ伏せになるような体勢で撮影するため、腰や股関節がおかしい自分では長時間撮影できません。
昨日はまだ色づきが浅いのが多かったし、次回は携帯用の折り畳み椅子とローアングル用の三脚を持参しようと思ってます。

なんてことのないカエデですが新宿御苑でマクロ撮影するのはこのスポットです。
たまにハイアマチュアらしき方が何人かいることがありますが、セルカ棒を伸ばすような傍若無人なのがいないだけゆっくり撮影できます。
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
fall_leaves_0003.jpg fall_leaves_0002.jpg fall_leaves_0004.jpg  

2016年11月25日現在新宿御苑の紅葉状況は下の池や銀杏とポプラ並木もほぼ見頃を迎えてます。
サービスセンター脇のヒマラヤザクラは蕾がふくらみ始めてたので今日明日にも開花するかも知れません。
新宿門からサービスセンターへ向かうなら両側だけでなく上を見てください。
晴れてればカエデが透けて見えますから(^_-)-☆
テーマ: 紅葉の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

街角の猫と少女 

街角でたたずんでる猫を少女2人が立ち止まって見てますが、撫でたかったのかも知れませんね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
cat_town_0023.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

東京は昨日との気温差-18度で雪 

一昨日20度近くまで気温が上昇し、我が家の野良猫は日向ぼっこに勤しんでました。
夕暮れ間近に呼ぶと西日のなか下屋から下りて来るんですが、グラスライトの波板を歩くのに桟の上でないので割れて踏み抜かないか気が気でない。
4キロないというかはっきりわかりませんが、見かけだと3キロちょっとぐらいしかなさそうな猫なので難なく下りて来ました。
yoshino_02133.jpg 

今朝7時ごろ、霙から雪に変わり最高気温は2度で昨日との温度差は18度。
人間でもこんな目まぐるしく乱高下する温度差に体調がおかしくなりそうなのに、外猫たちはどうすることもできない。
我が家の野良猫は塒の存在を忘れてるのか入らず、縁の下で厳しい寒さに耐えてるようです。
強情張らずに懐いてくれば家猫にしてるのに、警戒心をゆるめない。

奥多摩辺りへ行けば紅葉に雪が降り積もるドラマチックな景色でしょうが、行くにも帰るにも電車は運転を見合わせることが多いので行かずじまい。
そんなことで近所の桜並木で雪景色を撮影しましたが、パッとしないものばかりで・・・
snow_0001_20161124133048fc4.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
テーマ: 写真日記 | ジャンル: 日記 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

撫でられて気持ちよさそうな猫 

撫でられて気持ちよさそうな猫は少女たちに可愛がられご満悦そのものでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
cat_town_0024.jpg cat_town_0025_20161109114213129.jpg cat_town_0026_201611091142152aa.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

猫の挨拶は頭突き 

猫の挨拶は頭突きのようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
cat_town_0022.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ユンボで寝てた猫 

気候陽気に応じて居所を替える猫。
今日の東京は高曇りで寒いような生暖かいような、どちらともいえなかったのが2時ごろから冷えてきました。
そんななか居心地がいいのかどうか知りませんが、ユンボの座席で寝てた我が家の野良猫。
4時前、雨が降ってきたというのにじっとして身じろぎしません。
屋根がついてて濡れないので、雨が降ってきたのもわからず寝てるようでした。
風邪をひくのでそばへ行って起こすと、みゃ~みゃ~鳴きながら降りてきました。

上が昼前で下が夕方撮影したものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
yoshino_02132.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
yoshino_02131.jpg 

東京は23日から24日にかけて雪か霙が降るらしいです。
勤労感謝の日だし、自宅でのんびりしてるのが得策かも知れませんよ~~~
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑