思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

煩悩を祓いに九品仏浄真寺へ除夜の鐘を聞きに行きます 

12月17日早朝、都内の遅れてた紅葉も見頃だろうと九品仏浄真寺へ。
真っ暗ななか参道を掃き清める方がいます。
以前なら顔見知りの方が掃除をしてましたが、去年亡くなったとのこと。
マルちゃんたちに餌をあげたり疥癬処置で薬を耳に塗ってたIさん、2年前見たときかなり痩せてたのが気になってましたが病気だったのかもしれません。

6時ともなれば参道わきの広場にボスや与太郎、それに年長の白黒など顔馴染みの猫がいたはずなのに、まさに猫の子一匹いない。
石畳を履く音が響くだけです。
境内でラジオ体操が終わるころともなれば日が昇り始め、マルちゃんたちにいつも餌をあげてた方と久しぶりに挨拶を交わしました。
そしてマルちゃんたちの様子を聞くと、もう一匹たりとも猫はいないとのことでした。
九品仏浄真寺で見た猫は13匹いるのに、それが全くいないとのこと。
保護されたり亡くなったりしていき、とうとう猫の姿を見なくなったらしいです。
2009年から2010年までは足繁く撮影に来てましたが、その後足が遠のいていくうち猫を見ることがどんどん減ってたのを知ってる。

都会で猫を見るのは、よほど猫好きでなければそうそう目にすることはない。
猫を見たいから猫がいそうなところへ行くんであり、猫が出没しそうな時間に合わせて出向かなければならないからだ。
九品仏浄真寺だけでなくある霊園墓地にしても大改修が数年前あり、そのため15匹ほどの集団が姿を消してしまった。
そこには100匹以上猫がいるのではないかともいわれてたというのに・・・
ま、それでも姿を消した集団の猫たちは新たな居場所を見つけほとんど元気だが、ほかの猫たちはかなり見なくなってる。
いなくなったのはしょうがない。保護された猫たちの健康と亡くなった猫たちを偲ぶほかありません。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO
cat_kuhonbutsu_0396.jpg cat_kuhonbutsu_0398.jpg cat_kuhonbutsu_0397.jpg cat_kuhonbutsu_0399.jpg cat_kuhonbutsu_0400.jpg cat_kuhonbutsu_0401.jpg cat_kuhonbutsu_0402.jpg cat_kuhonbutsu_0403.jpg cat_kuhonbutsu_0404.jpg cat_kuhonbutsu_0405.jpg cat_kuhonbutsu_0406.jpg           

病院で検査の結果頭部に異常なしと診断されるとすっきりし、再び浄真寺へ行きました。
早朝撮影した紅葉は暗くてブレてるからです。
山門をくぐり境内へ行くとまさに紅葉が見頃でした。
それは以前記事にしたのでご覧になった方はお判りでしょうが、一枚掲載します。
cat_kuhonbutsu_0407.jpg

本来ならこれを撮影したところにマルちゃんとグレちゃん姉妹に、愛嬌たっぷりのマリモちゃんがいたのに・・・
そう思うと胸を絞めつけられる感じに・・・
いたのは参道わきの広場に白猫と反対側には顔馴染みのキジトラの2匹だけでした。
cat_kuhonbutsu_0395.jpg cat_kuhonbutsu_0394.jpg  

5時過ぎ自宅から自転車を漕いで九品仏浄真寺へ行くのを、母がまた猫を撮りに行くのかと呆れてたものです。
末期癌で行く先みじかい母の介護をないがしろにしてた訳ではありませんが、ときには息抜きも必要だし、なにより介護する側が元気でなければ介護されるほうも辛いはず。
行く先みじかいことを母が知ってたかどうかはともかく、元気でいてほしいと勇気づける毎日でしたから・・・
そんな私の気持ちを母も察知してたんでしょう。
呆れながらも気を付けて行くようにと送り出してくれてました。

そういう状況でマルちゃんたちを撮影してたし、猫を本格的に撮り始めたのはマルちゃんがいたからこそでした。
それなのに、もうマルちゃんもみないなくなってしまった。
それでも6年前九品仏浄真寺閻魔堂脇には高さ1メーターほどに板が架かってて、そこがマルちゃんたちの給餌場になってたのが蘇ってくるんです。
cat_kuhonbutsu_0408.jpg

九品仏浄真寺からどんどん足が遠のいていった2011年から早くも5年。
その間、私はいろんなところで猫たちを撮り、猫の習性を肌をもって知っていきました。
たんに猫を撮るだけでなく、猫らしい姿を撮りたくなっていきました。
それで尾道や瀬戸内の孤島、果ては青森や北海道まで猫を撮りに行ったものです。
そういった旅行費は決して安くないし、行けば行ったでまた行きたくなってしまいます。
そうこうしてる間に、九品仏浄真寺の猫たちが次々と姿を消していってしまいました。
この3年ばかり花を撮ることが多くなってて、そんなことで猫撮りはついでという事態に。
九品仏浄真寺なら隅から隅まで、どこにどの猫がいるか頭に叩き込まれてるし、いつ行っても会えるという慢心。
これまで4千枚余り撮ってますが、そのほとんどは2009年に撮影してることからも、この猫たちをもっと撮っておけばよかったという後悔の念に駆られてます。

執着心や後悔というのは煩悩でしょう。
そんな煩悩を祓いに、今夜九品仏浄真寺へ除夜の鐘を聞きに行こうと思ってます。
引き取られていったマルちゃんとグレちゃんや亡くなったボス猫たち、それにIさんの冥福を願いたいものです。

今日は大晦日ですが、みなさん佳い年末をお過ごしください。

cat_kuhonbutsu_0235.jpg cat_kuhonbutsu_0234.jpg  

九品仏浄真寺で撮影してた猫たちです。
マルちゃん 引き取られて家猫に                
cat_kuhonbutsu_0409.jpg 

グレちゃん 引き取られて家猫に
cat_kuhonbutsu_0410.jpg  

マリモちゃん いつも愛嬌たっぷりな猫でした
cat_kuhonbutsu_0411.jpg 

マルちゃんたちの給餌場に時々姿を見せてました
cat_kuhonbutsu_0412.jpg 

いつも怒ってるような黒猫はほんの数回見ただけでした
cat_kuhonbutsu_0413.jpg 

ボス クレージーキャッツのハナ肇さんに似てるというとボランティアの方々は笑ってましたが最後は感染症でなくなってしまいました 
cat_kuhonbutsu_0414.jpg 

与太郎 いつも舌を出してて間の抜けた感じに勝手に命名してました 死因不明ですが15歳とも17歳とも聞いてたので老衰でしょう
cat_kuhonbutsu_0415.jpg 

年長の白黒 参道でいつもにらみを利かせていましたが家猫になったのち感染症でなくなる
cat_kuhonbutsu_0416.jpg 

若い白黒 美形の猫ですが3年前びっこを引くようになり今年なくなったようです
cat_kuhonbutsu_0417.jpg 

キジトラ 参道脇を塒にしてるようで今も元気です
cat_kuhonbutsu_0421.jpg 


アキちゃん 大物俳優宅に出入りしてて今年春見たとき元気でしたが今はどうしてるのか・・・
cat_kuhonbutsu_0420.jpg 

参道脇にいることが多かったですがアキちゃんといることも それも今は元気なのかどうか・・・
cat_kuhonbutsu_0422.jpg 

首輪がついてますが裏門のほうにいることが多くたまに境内にいました
cat_kuhonbutsu_0418.jpg

マルちゃんを探しあぐねてるころ見たキジシロですが他にもいろんな猫が九品仏浄真寺周辺を入れ代わり立ち代わりしてたようです
cat_kuhonbutsu_0419.jpg 
テーマ: 猫のいる生活 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 10 | edit

ページトップへ↑

九品仏浄真寺の猫たちの状況変化 

2009年11月15日母が他界し放心状態になってたこともあったし、仕事の請負先を替えたりなんだかんだで猫の撮影から遠のいていくことが多くなってた2010年。
それでも暇を見つけては九品仏浄真寺へ行きました。

撮影機材 Nikon D90 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / FinePix F770EXR
cat_kuhonbutsu_0248.jpg cat_kuhonbutsu_0249.jpg cat_kuhonbutsu_0250.jpg cat_kuhonbutsu_0251.jpg cat_kuhonbutsu_0252.jpg cat_kuhonbutsu_0253.jpg cat_kuhonbutsu_0254.jpg cat_kuhonbutsu_0255.jpg cat_kuhonbutsu_0256.jpg cat_kuhonbutsu_0257.jpg cat_kuhonbutsu_0258.jpg 

cat_kuhonbutsu_0259.jpg cat_kuhonbutsu_0260.jpg cat_kuhonbutsu_0261.jpg cat_kuhonbutsu_0262.jpg cat_kuhonbutsu_0263.jpg cat_kuhonbutsu_0264.jpg 

cat_kuhonbutsu_0265.jpg cat_kuhonbutsu_0266.jpg cat_kuhonbutsu_0267.jpg cat_kuhonbutsu_0268.jpg cat_kuhonbutsu_0269.jpg cat_kuhonbutsu_0270.jpg cat_kuhonbutsu_0271.jpg cat_kuhonbutsu_0272.jpg cat_kuhonbutsu_0273.jpg cat_kuhonbutsu_0274.jpg cat_kuhonbutsu_0275.jpg cat_kuhonbutsu_0276.jpg cat_kuhonbutsu_0277.jpg cat_kuhonbutsu_0278.jpg cat_kuhonbutsu_0279.jpg 

cat_kuhonbutsu_0280.jpg cat_kuhonbutsu_0281.jpg cat_kuhonbutsu_0283.jpg cat_kuhonbutsu_0284.jpg cat_kuhonbutsu_0285.jpg cat_kuhonbutsu_0286.jpg cat_kuhonbutsu_0287.jpg 

cat_kuhonbutsu_0288.jpg cat_kuhonbutsu_0289.jpg cat_kuhonbutsu_0290.jpg cat_kuhonbutsu_0291.jpg cat_kuhonbutsu_0292.jpg cat_kuhonbutsu_0293.jpg cat_kuhonbutsu_0294.jpg

マルちゃんとグレちゃんがじゃれ合うのを見るのは久しぶりでした。
cat_kuhonbutsu_0295.jpg cat_kuhonbutsu_0296.jpg cat_kuhonbutsu_0297.jpg cat_kuhonbutsu_0298.jpg cat_kuhonbutsu_0299.jpg cat_kuhonbutsu_0301.jpg  

cat_kuhonbutsu_0302.jpg cat_kuhonbutsu_0303.jpg cat_kuhonbutsu_0304.jpg cat_kuhonbutsu_0305.jpg cat_kuhonbutsu_0306.jpg cat_kuhonbutsu_0307.jpg cat_kuhonbutsu_0308.jpg cat_kuhonbutsu_0309.jpg cat_kuhonbutsu_0310.jpg 

cat_kuhonbutsu_0311.jpg cat_kuhonbutsu_0312.jpg cat_kuhonbutsu_0313.jpg cat_kuhonbutsu_0314.jpg cat_kuhonbutsu_0315.jpg cat_kuhonbutsu_0316.jpg cat_kuhonbutsu_0317.jpg 

cat_kuhonbutsu_0318.jpg cat_kuhonbutsu_0319.jpg cat_kuhonbutsu_0320.jpg cat_kuhonbutsu_0321.jpg cat_kuhonbutsu_0322.jpg cat_kuhonbutsu_0323.jpg cat_kuhonbutsu_0324.jpg cat_kuhonbutsu_0325.jpg cat_kuhonbutsu_0326.jpg cat_kuhonbutsu_0327.jpg cat_kuhonbutsu_0328.jpg cat_kuhonbutsu_0329.jpg 

マルちゃん左目の角膜に異常が発生してましたが元気そのものです。
マルちゃんもそうですがマリモちゃん春から秋にかけ耳がただれるのは疥癬なんでしょう。
餌を与えるときは虫よけを置いたり薬を塗ったりしてますが、冬になるまで治りません。
cat_kuhonbutsu_0330.jpg cat_kuhonbutsu_0331.jpg cat_kuhonbutsu_0332.jpg cat_kuhonbutsu_0333.jpg cat_kuhonbutsu_0334.jpg cat_kuhonbutsu_0335.jpg cat_kuhonbutsu_0336.jpg cat_kuhonbutsu_0337.jpg cat_kuhonbutsu_0338.jpg cat_kuhonbutsu_0339.jpg cat_kuhonbutsu_0340.jpg cat_kuhonbutsu_0341.jpg 

一年はあっという間に立ってしまう。
夏は暑いからと外に出ることを控えてたし、ある霊園墓地へ行くと多い時は地域猫たち80匹を見てたこともあり、そちらへ猫の撮影をしに行くことが多くなってました。
そんなことで半年以上間をおいて九品仏浄真寺へ行くと猫たちは相変わらず元気でした。
境内だけでなく参道前も改修工事が行われ、猫たちは騒音に負けるどころか工事現場を駆け回ってました。
年長の白黒猫がこの年餌やりさんに引き取られましたが、感染症で亡くなったようです。
ボス猫さえ一目置いてた強面な猫ですが、ときたま見せるあどけないしぐさが忘れられません。
cat_kuhonbutsu_0342.jpg cat_kuhonbutsu_0343.jpg cat_kuhonbutsu_0344.jpg cat_kuhonbutsu_0345.jpg cat_kuhonbutsu_0346.jpg cat_kuhonbutsu_0348.jpg cat_kuhonbutsu_0347.jpg cat_kuhonbutsu_0350.jpg cat_kuhonbutsu_0351.jpg cat_kuhonbutsu_0352.jpg cat_kuhonbutsu_0353.jpg 

cat_kuhonbutsu_0354.jpg cat_kuhonbutsu_0355.jpg cat_kuhonbutsu_0356.jpg cat_kuhonbutsu_0357.jpg cat_kuhonbutsu_0358.jpg cat_kuhonbutsu_0359.jpg cat_kuhonbutsu_0360.jpg cat_kuhonbutsu_0361.jpg cat_kuhonbutsu_0362.jpg cat_kuhonbutsu_0363.jpg cat_kuhonbutsu_0364.jpg cat_kuhonbutsu_0365.jpg cat_kuhonbutsu_0367.jpg cat_kuhonbutsu_0366.jpg  cat_kuhonbutsu_0368.jpg cat_kuhonbutsu_0369.jpg cat_kuhonbutsu_0370.jpg cat_kuhonbutsu_0371.jpg cat_kuhonbutsu_0372.jpg cat_kuhonbutsu_0373.jpg cat_kuhonbutsu_0374.jpg 

霊園墓地の猫たちを撮ってるうち、被写体としての魅力に取りつかれました。
こちら九品仏浄真寺は境内が広く緑も多いですが、霊園墓地はこちらの百倍以上はあろうかという広大な規模に山あり谷あり、子猫がひょこひょこ歩いてたりします。
自然の中で生き生きしてる猫たちに惹かれ、九品仏浄真寺からどんどん足が遠のいていってました。
そんなこちらに関係なくボス猫が夏に亡くなったし、ボスと仲の良かった与太郎もなくなってしまいました。
cat_kuhonbutsu_0375.jpg cat_kuhonbutsu_0376.jpg cat_kuhonbutsu_0377.jpg cat_kuhonbutsu_0378.jpg cat_kuhonbutsu_0380.jpg cat_kuhonbutsu_0379.jpg          

cat_kuhonbutsu_0381.jpg cat_kuhonbutsu_0382.jpg 

cat_kuhonbutsu_0383.jpg cat_kuhonbutsu_0384.jpg cat_kuhonbutsu_0385.jpg cat_kuhonbutsu_0386.jpg 

2013年から2015年にかけて行ったのはたったの4回。
グレちゃんが飼い猫になると、去年マルちゃんもどなたかに引き取られたようです。
愛嬌のあったマリモちゃんがどうなったのかボランティアの方に聞くのを忘れてしまいました。
cat_kuhonbutsu_0388.jpg cat_kuhonbutsu_0389.jpg cat_kuhonbutsu_0390.jpg cat_kuhonbutsu_0387.jpg 

今年初めて行くと3年前びっこを引くようになってた若い白黒がいましたが、この猫も今年亡くなったようです。
オスかメスかさえ知りませんでしたが、美形で独り遊びするのが好きな猫でした。
cat_kuhonbutsu_0393.jpg 

境内へ行くと林の中をうごめく白いものが目に入り、あ・・・大物俳優宅に出入りしてる猫だとすぐわかりました。
cat_kuhonbutsu_0392.jpg

2009年春からこの九品仏浄真寺へ猫を撮りに行ったのは何回あっただろうか・・・
今月17日、私は頭部のMRI検査をする早朝九品仏浄真寺へ行きました。
結果次第では猫の撮影どころか外出もままならないかもしれない。
マルちゃんグレちゃんマリモちゃんだけでなくほかの猫もかなりいなくなってる。
どんな事情であれ、いなくなったものを呼び戻すことはできない。
それでも行ったのは時期的に紅葉が見頃を迎えてると思ってのことでした。                                                                         
テーマ: 猫のいる生活 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

愛しい猫と再会 


撮影機材 Nikon D90 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
cat_kuhonbutsu_0076.jpg cat_kuhonbutsu_0077.jpg cat_kuhonbutsu_0078.jpg cat_kuhonbutsu_0079.jpg cat_kuhonbutsu_0080.jpg cat_kuhonbutsu_0081.jpg cat_kuhonbutsu_0082.jpg cat_kuhonbutsu_0083.jpg 

餌待ちの参道組の面々です。
cat_kuhonbutsu_0084.jpg cat_kuhonbutsu_0085.jpg cat_kuhonbutsu_0086.jpg cat_kuhonbutsu_0087.jpg cat_kuhonbutsu_0088.jpg cat_kuhonbutsu_0089.jpg cat_kuhonbutsu_0090.jpg cat_kuhonbutsu_0091.jpg cat_kuhonbutsu_0092.jpg cat_kuhonbutsu_0093.jpg 

cat_kuhonbutsu_0094.jpg cat_kuhonbutsu_0095.jpg 

嗚呼~~~ついに愛しいカギ尻尾の猫と再会できました。
ボランティアの方に聞くと気まぐれなところがあり毎朝決まった時間に来ないとのことですが、五か月あまり追い求めてた猫との再会は万感の思いでした。
こちらが勝手に寅次郎と命名してましたが、マルちゃんといって皆に可愛がられてます。
上の二枚はグレちゃんでマルちゃんと姉妹だそうで、生後間もないころ境内に置き去りにされてたそうです。
それが今では二歳(撮影当時の年齢)になりいたって元気です。
cat_kuhonbutsu_0096.jpg cat_kuhonbutsu_0097.jpg cat_kuhonbutsu_0098.jpg 

秋の気配か朝靄の中ボス猫がやって来るのを与太郎が見守ってます。
cat_kuhonbutsu_0099.jpg cat_kuhonbutsu_0101.jpg cat_kuhonbutsu_0100.jpg 

境内組のマルちゃんグレちゃん姉妹とマリモちゃんボランティアの皆さんに可愛がられて幸せそうです。  
cat_kuhonbutsu_0102.jpg cat_kuhonbutsu_0103.jpg cat_kuhonbutsu_0104.jpg cat_kuhonbutsu_0105.jpg cat_kuhonbutsu_0106.jpg cat_kuhonbutsu_0107.jpg cat_kuhonbutsu_0108.jpg   cat_kuhonbutsu_0109.jpg cat_kuhonbutsu_0110.jpg cat_kuhonbutsu_0111.jpg cat_kuhonbutsu_0112.jpg cat_kuhonbutsu_0114.jpg cat_kuhonbutsu_0115.jpg cat_kuhonbutsu_0116.jpg cat_kuhonbutsu_0117.jpg 

ボス猫は参道だけでなく境内にも出没し、調子よく餌をもらったりしてます。
cat_kuhonbutsu_0118.jpg cat_kuhonbutsu_0119.jpg cat_kuhonbutsu_0120.jpg cat_kuhonbutsu_0122.jpg cat_kuhonbutsu_0121.jpg cat_kuhonbutsu_0123.jpg cat_kuhonbutsu_0125.jpg cat_kuhonbutsu_0124.jpg cat_kuhonbutsu_0126.jpg cat_kuhonbutsu_0127.jpg cat_kuhonbutsu_0128.jpg cat_kuhonbutsu_0129.jpg cat_kuhonbutsu_0130.jpg cat_kuhonbutsu_0131.jpg cat_kuhonbutsu_0132.jpg 

参道組の猫は餌をもらったのかどうか・・・
cat_kuhonbutsu_0134.jpg cat_kuhonbutsu_0135.jpg 

大物俳優というか今では歌手としての活動が多くなってるお宅に出入りしてる猫が人懐こく、餌をあげたら帰って行くこちらを見送ってくれました。
cat_kuhonbutsu_0136.jpg cat_kuhonbutsu_0138.jpg cat_kuhonbutsu_0137.jpg cat_kuhonbutsu_0139.jpg cat_kuhonbutsu_0140.jpg   cat_kuhonbutsu_0141.jpg cat_kuhonbutsu_0142.jpg 

突然目が合いびっくりしてるマルちゃんの顔がおかしいですが、枯れ草の上で独り遊びしてる姿が寂しげに感じるのは考えすぎでしょうか・・・
cat_kuhonbutsu_0143.jpg cat_kuhonbutsu_0144.jpg cat_kuhonbutsu_0145.jpg cat_kuhonbutsu_0146.jpg cat_kuhonbutsu_0147.jpg cat_kuhonbutsu_0148.jpg 

普段仲良しという感じを見せませんが、こうしてみるとやはりしまいだなと感慨深くなります。
cat_kuhonbutsu_0149.jpg 

参道では白黒猫が塒をどこにするか考えてるような感じです。
cat_kuhonbutsu_0150.jpg cat_kuhonbutsu_0151.jpg cat_kuhonbutsu_0152.jpg 

境内組は相変わらずのほほんとした光景を見せてます。
cat_kuhonbutsu_0153.jpg cat_kuhonbutsu_0154.jpg cat_kuhonbutsu_0155.jpg 

雄々しいキジトラもボス猫には逆らえないのか・・・
そのボス猫も年長の白黒猫には一目置いてるようです。
cat_kuhonbutsu_0156.jpg cat_kuhonbutsu_0157.jpg cat_kuhonbutsu_0158.jpg cat_kuhonbutsu_0159.jpg cat_kuhonbutsu_0160.jpg cat_kuhonbutsu_0161.jpg cat_kuhonbutsu_0162.jpg 

強面な白黒猫ですからね~~~
cat_kuhonbutsu_0164.jpg cat_kuhonbutsu_0163.jpg cat_kuhonbutsu_0165.jpg 

秋間近でマリモちゃんとマルちゃん叢で虫の音に聞き入ってました。
cat_kuhonbutsu_0166.jpg cat_kuhonbutsu_0167.jpg cat_kuhonbutsu_0168.jpg cat_kuhonbutsu_0169.jpg cat_kuhonbutsu_0170.jpg cat_kuhonbutsu_0171.jpg cat_kuhonbutsu_0172.jpg   

参道組にはボランテジアさんが何人もいるようで、ボス猫に餌を出してました。
cat_kuhonbutsu_0173.jpg cat_kuhonbutsu_0174.jpg cat_kuhonbutsu_0176.jpg cat_kuhonbutsu_0175.jpg cat_kuhonbutsu_0177.jpg cat_kuhonbutsu_0178.jpg cat_kuhonbutsu_0179.jpg cat_kuhonbutsu_0180.jpg cat_kuhonbutsu_0181.jpg cat_kuhonbutsu_0182.jpg cat_kuhonbutsu_0183.jpg cat_kuhonbutsu_0184.jpg cat_kuhonbutsu_0185.jpg    

餌だ餌だとボランテジアさんを追い駆けて行くグレちゃんとマリモちゃん。
ボス猫もおすそ分けをいただいてます。
cat_kuhonbutsu_0186.jpg cat_kuhonbutsu_0187.jpg cat_kuhonbutsu_0188.jpg cat_kuhonbutsu_0189.jpg cat_kuhonbutsu_0190.jpg cat_kuhonbutsu_0191.jpg 

秋の気配に猫たちは何を思ってるのやら・・・
cat_kuhonbutsu_0192.jpg cat_kuhonbutsu_0193.jpg cat_kuhonbutsu_0194.jpg cat_kuhonbutsu_0195.jpg cat_kuhonbutsu_0197.jpg

クレージーキャッツのリーダーハナ肇さんが猫になったら下のボス猫のような感じだろうか?こんな姿を見たのは初めてでした。
cat_kuhonbutsu_0196.jpg 

マルちゃんとなかなか会えなかったのは、裏門のほうでほかの方から餌をもらってたからのようです。
cat_kuhonbutsu_0198.jpg cat_kuhonbutsu_0199.jpg cat_kuhonbutsu_0200.jpg

それでもまた定位置でIさんたちから餌をもらってます。
ボス猫とマリモちゃんに似たキジトラが遠慮がちに餌をもらいに来てました。
cat_kuhonbutsu_0201.jpg cat_kuhonbutsu_0203.jpg cat_kuhonbutsu_0202.jpg cat_kuhonbutsu_0204.jpg 

参道組の与太郎や年長の白黒猫たちは雨で餌やりさんが来ないのかと気をもんでます。
cat_kuhonbutsu_0205.jpg cat_kuhonbutsu_0206.jpg cat_kuhonbutsu_0207.jpg cat_kuhonbutsu_0208.jpg cat_kuhonbutsu_0215.jpg 

白猫は飼い猫かどうか知りませんが雨の日でも姿を現しました。
cat_kuhonbutsu_0209.jpg cat_kuhonbutsu_0210.jpg 

食事を終えたマルちゃんとグレちゃんは散歩に行きましたが、マリモちゃんはこちらの相手をしてくれました。
cat_kuhonbutsu_0211.jpg cat_kuhonbutsu_0212.jpg cat_kuhonbutsu_0213.jpg cat_kuhonbutsu_0214.jpg 

いつもの見慣れた光景ですが、いつもながら心が癒されたものです。
cat_kuhonbutsu_0216.jpg cat_kuhonbutsu_0217.jpg cat_kuhonbutsu_0218.jpg cat_kuhonbutsu_0219.jpg cat_kuhonbutsu_0220.jpg cat_kuhonbutsu_0221.jpg cat_kuhonbutsu_0222.jpg 

若い白黒が手水を失敬してもマリモちゃんは石畳を濡らしてる水を飲んでたし、白黒の一人遊びにあきれ返ってるようでもありました。
cat_kuhonbutsu_0223.jpg cat_kuhonbutsu_0224.jpg cat_kuhonbutsu_0225.jpg cat_kuhonbutsu_0226.jpg cat_kuhonbutsu_0227.jpg cat_kuhonbutsu_0228.jpg cat_kuhonbutsu_0229.jpg 

物憂い顔は秋のせいか・・・
cat_kuhonbutsu_0230.jpg cat_kuhonbutsu_0232.jpg cat_kuhonbutsu_0231.jpg   

この年の十一月抗癌剤治療の甲斐もなく母が他界し、あわただしい師走のなかようやく猫の撮影に行けました。
二か月足らずとはいえ、会えなかったマルちゃんや馴染みの猫たちにほっとなったものです。
cat_kuhonbutsu_0233.jpg cat_kuhonbutsu_0234.jpg cat_kuhonbutsu_0235.jpg cat_kuhonbutsu_0236.jpg cat_kuhonbutsu_0237.jpg cat_kuhonbutsu_0238.jpg cat_kuhonbutsu_0239.jpg cat_kuhonbutsu_0240.jpg cat_kuhonbutsu_0241.jpg cat_kuhonbutsu_0242.jpg cat_kuhonbutsu_0243.jpg 

都会の片隅にもこんな見事な紅葉があるのかと、目を洗われる思いでした。
cat_kuhonbutsu_0244.jpg cat_kuhonbutsu_0245.jpg cat_kuhonbutsu_0247.jpg cat_kuhonbutsu_0246.jpg     

大晦日までこのシリーズが続きます。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫がアゲハチョウを食べた 

梅雨入りした九品仏浄真寺の猫たちの様子です。

撮影機材 Nikon D90 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
蒸し暑さにぐったりしてるクロと与太郎。
cat_kuhonbutsu_0025.jpg cat_kuhonbutsu_0026.jpg cat_kuhonbutsu_0027.jpg cat_kuhonbutsu_0028.jpg 

マリモちゃんお坊さんがお茶を飲んでるのを見てますが、この光景に笑わずにいられませんでした。
cat_kuhonbutsu_0029.jpg cat_kuhonbutsu_0030.jpg 

若い白黒の美猫はオスなのかメスのマリモちゃんに興味を示してます。
cat_kuhonbutsu_0031.jpg cat_kuhonbutsu_0032.jpg cat_kuhonbutsu_0033.jpg cat_kuhonbutsu_0034.jpg cat_kuhonbutsu_0035.jpg cat_kuhonbutsu_0036.jpg cat_kuhonbutsu_0037.jpg cat_kuhonbutsu_0038.jpg 

マリモちゃんがアゲハチョウに飛びついてむしゃむしゃ食べたのにはびっくりです。
cat_kuhonbutsu_0039.jpg cat_kuhonbutsu_0040.jpg cat_kuhonbutsu_0041.jpg 

マリモちゃんは愛嬌たっぷりで人懐こいです。
cat_kuhonbutsu_0042.jpg cat_kuhonbutsu_0043.jpg 

首輪がついてるので飼い猫なんでしょう。
cat_kuhonbutsu_0044.jpg

建築業という仕事柄梅雨時は雨で休みになることが多い。
休みにならなくても出勤前自転車で愛しい寅次郎を求め、九品仏浄真寺へ行きますがいっこうに姿を見ることはありません。
5時過ぎ山門前の広場では顔馴染みの猫たちが餌やりさんを待ってるので、空腹だろうと少しばかりカリカリを出してあげます。
するとマリモちゃんが遅れて現れましたが、お参りしてる女性の前できょとんとしてる。
そんな光景に思わず吹き出しながらぶれないようにシャッターを押したのに、やはりボケてしまいました。
かと思えば若い白黒と年長の白黒が取っ組み合い寸前の一触即発。
暑いは腹が減ってるはで気が立ってたんでしょうか、それも束の間で餌をもらえば何事もなかったかの様。
境内のと違い参道組の黒猫はおとなしく穏やか。
嗚呼・・・それにしても寅次郎はどこにいるんだろうか・・・
愛しい猫を求めて日参する日々を繰り返してました。

cat_kuhonbutsu_0045.jpg cat_kuhonbutsu_0046.jpg cat_kuhonbutsu_0047.jpg cat_kuhonbutsu_0048.jpg cat_kuhonbutsu_0049.jpg cat_kuhonbutsu_0050.jpg cat_kuhonbutsu_0051.jpg cat_kuhonbutsu_0052.jpg cat_kuhonbutsu_0053.jpg cat_kuhonbutsu_0054.jpg cat_kuhonbutsu_0055.jpg cat_kuhonbutsu_0056.jpg cat_kuhonbutsu_0057.jpg cat_kuhonbutsu_0058.jpg 

梅雨が明け猫たちは暑さしのぎでコンクリートや庚申塔の上にいます。
cat_kuhonbutsu_0059.jpg cat_kuhonbutsu_0061.jpg cat_kuhonbutsu_0060.jpg

境内組の猫たちは至って元気なのはまだ若いからでしょう。
cat_kuhonbutsu_0062.jpg cat_kuhonbutsu_0063.jpg cat_kuhonbutsu_0064.jpg cat_kuhonbutsu_0065.jpg cat_kuhonbutsu_0066.jpg cat_kuhonbutsu_0067.jpg cat_kuhonbutsu_0068.jpg cat_kuhonbutsu_0070.jpg cat_kuhonbutsu_0071.jpg cat_kuhonbutsu_0073.jpg cat_kuhonbutsu_0072.jpg cat_kuhonbutsu_0074.jpg cat_kuhonbutsu_0075.jpg                   
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

恋しいカギ尻尾の寅次郎 

抗がん剤治療を終えた母の容態が安定してたせいか、私は前年の介護疲れもありこの年は温泉や旅行をかなりしてました。
そして春、九品仏浄真寺で見かけたカギ尻尾の猫を密かに寅次郎と命名し会いに行くもいません。
それでもここにはたくさんの猫がいるし、またいつか会えるだろうと足しげく通い始めたのが六月からでした。

撮影機材 Nikon D90 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
cat_kuhonbutsu_0005.jpg cat_kuhonbutsu_0007.jpg cat_kuhonbutsu_0009.jpg cat_kuhonbutsu_0011.jpg  cat_kuhonbutsu_0008.jpg cat_kuhonbutsu_0010.jpg cat_kuhonbutsu_0006.jpg cat_kuhonbutsu_0012.jpg cat_kuhonbutsu_0013.jpg cat_kuhonbutsu_0014.jpg  cat_kuhonbutsu_0016.jpg cat_kuhonbutsu_0017.jpg cat_kuhonbutsu_0015.jpg cat_kuhonbutsu_0018.jpg cat_kuhonbutsu_0019.jpg cat_kuhonbutsu_0020.jpg cat_kuhonbutsu_0021.jpg cat_kuhonbutsu_0022.jpg cat_kuhonbutsu_0023.jpg cat_kuhonbutsu_0024.jpg                       
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

九品仏浄真寺にカギ尻尾の猫がいました 

地球温暖化が顕著になったのはいつごろからだろうか・・・
入学式には満開の桜がめでたい門出を祝ったものですが、今では葉桜でわびしい入学式。
そんな桜を九品仏浄真寺へ六年前撮影しに行くとがいました。
強面な白黒のがいるかと思えば、キジシロがちょろちょろと歩いて行くのがファインダーに飛び込んできました。
擁壁に足をついて前方を見つめる姿がまるで人間のように見えたし、ジャンプして座り込んだ後姿が可愛く見えたものです。
このカギ尻尾を、ひそかに寅次郎と名付けたものですが・・・

撮影機材 Nikon D90 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
cat_kuhonbutsu_0001.jpg cat_kuhonbutsu_0002.jpg cat_kuhonbutsu_0003.jpg cat_kuhonbutsu_0004.jpg     
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

暖かいクリスマス 

クリスマスイブの昨日は小春日和のように暖かかった東京ですが、今日はさらに暖かいとか~~~
先日みなとみらいで夜景撮影してると、汽車道のそばの桜が蕾をつけていました。
温暖化といわれて久しく、さらに今年は暖冬ということもあり各地で桜が狂い咲きしてるようですが、例年なら年末に花芽がついてるのを目にしても、今にも芽吹きそうな感じでした。

私が子供のころクリスマスといえば、ケーキよりサンタクロースが履いてるブーツにお菓子を詰め合わせたものが主流でした。
ビスケットやチョコレートにキャラメルなどですが、普段口にするのは英字ビスケットぐらいでしたから盆と正月が一緒に来たようなうれしさでした。
それがいつしかケーキにとって代わり、それもバタークリームでなく生クリームに。
母の妹が田舎から上京しあるケーキ屋に就職し、招待されたときお店の方から好きなだけ食べていいといわれたことがありますが、みっつでおなか一杯になってしまった。
そのケーキ屋は半世紀以上たった今でも営業を続けてるし、母の妹つまり叔母ですが、乳癌で抗癌剤治療してるので見舞いがてらそこのケーキやクッキーを持っていこうかと思ってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
yokohama_0047.jpg yokohama_0048.jpg yokohama_0049.jpg

yokohama_0051.jpg yokohama_0050.jpg
テーマ: 花・植物 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

横浜赤レンガ倉庫とみなとみらいの夜景 

馬車道から万国橋へ着くと夕暮れ間近。
ランドマーク撮影地の定番万国橋へ。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO
yokohama_0023.jpg

yokohama_0024.jpg yokohama_0025.jpg yokohama_0026.jpg yokohama_0027.jpg     

日が暮れそうな赤レンガ倉庫は思いのほかシャッター速度が遅く、絞りをF2.0にしても1/4秒。黒い雲が上空を覆てるからだろうが、開放値が明るい単焦点でもこれではイルミネーションの撮影が思いやられる。
ところがあに図らんやでイルミネーションは意外と明るく、シャッタースピードは遅くても1/15以上なので、なんとか手持ち撮影できました。
ま、それでもブレてますけどね・・・
yokohama_0028.jpg yokohama_0029.jpg yokohama_0030.jpg   yokohama_0031.jpg yokohama_0032.jpg yokohama_0033.jpg yokohama_0034.jpg yokohama_0035.jpg yokohama_0036.jpg 

赤レンガ倉庫を後にワールドポーターズを経由し汽車道へ行く途中ベイブリッジが見えましたが、橋の真ん中あたりはかなり揺れて船酔いしそうな感じでした。
にっぽん丸を撮影した後は冷たい強風で冷えた体を暖めるごとく野毛へ。
といっても飲んだのはビールと白瀧酒造の生原酒春待月。
白瀧酒造といえば上善如水がトップブランドで、初めて飲んだときフルーティーなのどごしがワインのようにかるかったもののすぐに飽きたものですが、生原酒春待月はにごり酒なのでコクが深い。
それでも料理をつまみながらというより寝酒むきか("^ω^)・・・
yokohama_0038.jpg yokohama_0039.jpg yokohama_0040.jpg yokohama_0041.jpg yokohama_0043.jpg yokohama_0042.jpg yokohama_0044.jpg yokohama_0045.jpg yokohama_0046.jpg                

テーマ: 夜景・夕景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

カエデの終焉 

カエデの終焉というか枯れる直前です。
人だけでなく、生あるものはいつか尽き果てる時が来ます。
そのとき地団駄踏むようなことしたくありません。
そのためには悔いのない日々をおくろうと思ってるんですが・・・

この冬初めて我が家の野良猫が塒に入ってきました。
暖冬とはいえ、今日は3時ごろから雨が降り出したし、さすがに寒かったんでしょうね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
leaf_0119.jpg
テーマ: 紅葉写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

九品仏浄真寺の紅葉 

九品仏浄真寺の紅葉です。
紅葉もさることながら、神社仏閣に来ると心が落ち着きます。
一枚目はあえて赤外線撮影風にしてみました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5 / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 Macro
leaf_0105.jpg

leaf_0106.jpg leaf_0107.jpg leaf_0108.jpg leaf_0109.jpg leaf_0110.jpg leaf_0111.jpg leaf_0112.jpg leaf_0114.jpg leaf_0113.jpg  leaf_0115.jpg leaf_0116.jpg leaf_0117.jpg leaf_0118.jpg       
テーマ: 史跡・神社・仏閣 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑