思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

幻覚 

目で見るものにぼやけたものはない。
極たまに寝起きとか、あまりにも間近にありすぎて焦点が合わず、ぼやけるというかボケて見えることが稀にありますが・・・
人の目はそのように何から何までというか、見るものすべてに焦点があってます。

ところがテレビや映画などレンズを通して再現したものがどうかといえば、焦点が合ってるところがあるかと思えばぼやけてる部分もあります。
それを肉眼で見てもぼやけてるものはぼやけたまま映ります。
こう書いてきて「目で見るものにぼやけたものはない」と冒頭に記したのは矛盾してるのではないかと思ってしまう。

人の目は都合よくできててなにかなにまで焦点が合って見えるものの、それがなんらかによって近視や遠視とか老眼で視度調節がうまくできずぼやけて見える現象が起きます。
老眼の私など本を読むとき眼鏡をかけますが、本を読み終えて老眼鏡のままほかのものを見ると、焦点が合ってるところと合わないところが一緒くたになってる。
これこそがまさにレンズで見てる、すなわちカメラでとらえてる現象で被写界深度内のものはピントが合いそれ以外がぼやける。

初めて老眼鏡を作ったとき、店員の方が眼鏡をかけたまま歩かないでくださいといいました。
焦点が合ってる範囲いがいの距離感がわからず躓いて転ぶからと注意されました。
それから12年ほどたってる今、その老眼鏡で本を読むにしても作ったときと比べると文字の鮮明度が落ち、いい方はおかしいですが老眼鏡なのに遠近両用眼鏡となり、かけたまま歩いても躓くことはありません。
そして数年前新たに作り直したのは度が強く、これをかけたまま歩けないのは、極端ないいかたをすればマクロレンズに近い見え方をしてるからです。

人の目は都合のいいようにできてて万能なようでも、視力が劣化すればレンズのように焦点が合ってない部分が見え幻覚なのかと思ってしまう。
厭な世の中だし、見ざる言わざる聞かざるになったほうがいいのかも知れませんが~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
flower_summer_0028.jpg
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猛暑が恋しい 

猛暑が恋しいと思うのは、八月だというのにこのところ雨や曇りが多く肌寒いからです。
盆過ぎの8月18日まで連続29日間猛暑日だった東京ですが、それ以降は曇りや雨が多く今週もそんな空模様らしい。
ヒマワリの花が萎れるほど暑かったのが嘘のようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
flower_summer_0029.jpg

画像処理ソフトについて
以前使ってたニコンではトViewNXがフジやペンタックスにはSILKYPIXが添付されてますが、重くて使いづらいことしか記憶にありません。
去年XPがつかえなくなると同時にPCを買い替えました。
プロセッサ i7-4770 CPU 3.40GHz 実装RAM 16GB
上記のようなスペックでもSILKYPIXはフリーズすることがありました。

ニコンからペンタにカメラを買い替えたことで添付されてる画像処理ソフトはSILKYPIXになったし、それ以前Photoshop7を使ってたのがPC買い替えで使用不能になったため、どうしてもSILKYPIXを使わざる得ない事態になりました。
それでAdobeのLightroomを導入したところ動作が軽く使い勝手もある程度いい。
それでもPhotoshop7を10年ほど使ってた者としてLightroomはロゴの作成ができないし、上下左右を歪めたり任意の箇所を任意に加工できない不便さを感じてます。
そういうのはCSでやればいいんでしょうがあれほど多機能なツールの必要性を感じてない。
ということでLightroomを利用してますがクラウド版でないのでバージョンアップできず、適用レンズが見当たらないことが多く痛し痒しといったところです。
それでもしょっちゅうフリーズしてたSILKYPIXにくらべれば使い勝手は断然いい。
といいながら5年ほど前SILKYPIXの講習会に参加したりしてましたが;+j*_ _ ...
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

アキアカネが舞う片瀬江ノ島駅 

鎌倉から腰越へ、そして江の島大橋を渡ろうかとしましたが歩き疲れてて片瀬江ノ島駅へ。
するとアキアカネが舞ってて夏も終わりが近づいてるのかと・・・
いや、ナツアカネかも知れませんが・・・

東京は今日も小雨が降ったり止んだりで寒いですが、来週から気温が平年並みにもどるようです。
それでもスカッと晴れる日はあまりないようで・・・

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
tombo_0001.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夢想花 

朝夕すっかり秋らしい気配というか数日前から毛布がないと寝られないぐらい寒くなってます。
それなのに5日前ときたら暑くて道路に逃げ水が見えてました。
逃げ水は蜃気楼の一種だといいますが、空を見上げれば夢想花が・・・
夢想花などこの世に存在しませんが、smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0で撮影した花はもやっとしてていかにも夢想花という感じでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0 Macro
flower_summer_0027.jpg
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 5 | edit

ページトップへ↑

擬宝珠 

高校時代から二十代半ばごろまで鎌倉へ何度となく通ってたのは神社仏閣を撮影するためでした。
若いのになぜ神社仏閣を撮ってたのか今思えば不思議ですが、この当時知らないうちに構図とは何かを勉強してたように思います。
垂直な高欄の擬宝珠と鎖樋に柱の背景には樹木の葉。
被写界深度を浅くして擬宝珠だけを浮き立たせた方が印象的でしょうが、涼しい風が吹いて心地よかった境内をあまりぼかさないで撮りました。
それにしても少し絞りすぎたかという感が無きにしも非ずで、背景がうるさい感じになってしまいましたが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
kamakura_0003.jpg 

テーマ: 史跡・神社・仏閣 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

山門に夏モミジ 

5年ほど前の早朝妙本寺を訪ねたとき、勤行を始める僧侶たちが本堂へ入っていくのを見たことがあります。
鎌倉駅からさほど離れてないのに山深い趣のなか、夏だというのに清々しい思いになりました。
今回もそんなことを期待し一番電車に乗って行くつもりが起きたら8時過ぎ。
行こうか行くまいか迷ったあげく鎌倉に到着したのは11時過ぎだし、どうせなら八幡宮へ寄ってからにしようと行けば源平池のハスは終わりかけだし、小町通りの人波にはうんざり。

それが妙本寺に行けば風が吹いててひんやりしてる。
山門に夏モミジ。
葉擦れと蝉の鳴き声がするだけで静寂そのもの。
そんななか階段の途中でなんどもシャッターを押すが、暗くてシャッター速度は1/120がせいいっぱい。
使用したオールドレンズの解像度がどれほどだかわからないですが、現行レンズにくらべれば劣ってるはず。
しかも風で葉が揺らいでるとあれば、全体をピタリと写し止めることは不可能でしょう。
いや、それは最新のレンズとて同じで、新緑や紅葉を撮影しても全体がピンボケというかブレて写ってることが多い。
肉眼では静止してるように見えても、レンズは少しでも揺らいでるとその揺らぎより早いシャッタースピードでないとぴたりと写し止められない。

何千何万枚とある葉の1枚1枚をブラさずに写し止めるのは無風状態でも難しいでしょう。
板橋区舟渡にあるリコーイメージングである講習を受けに行ったとき、ロビーに飾ってあった写真はまさにそういう木々の葉を写し止めてましたが、大伸ばししてあるのに葉の一枚それぞれが鮮明に写ってました。
おそらくブローニーで撮影してるんでしょうが、非の打ち所がない。
センサーサイズが大きくなればなるほどブレが目立つというのに、撮影条件もさることながらカメラマンの秀逸なテクニックがあってこそ撮れたというべきでしょう。

妙本寺の階段から見上げた山門と夏モミジ。
晩秋ともなれば色づいてさぞかし綺麗だし、そのときは三脚持参で隅から隅までピントが合ったパンフォーカスなのを撮りたいと思ってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
kamakura_0001.jpg kamakura_0002.jpg
テーマ: 風景写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

サーファーが通る電車道 

昨日江ノ電にに乗って腰越で降りるとサーフボードを自転車で運ぶ男性が電車道を通ってました。
サーファーのその姿にいかにも湘南らしい街角だとカメラを向けました。

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
snap_0084.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

久しぶりに多摩川花火大会の撮影 

花火の撮影で難しいのはシャッター速度と露出をどうするかでしょう。
それも単発で撮るとなると打ち上がった大きさと色によって露光量がかなり変わるし、それを見極めてからシャッター速度と露出を決定してシャッターを押すなど不可能。
ところがフィルム時代に単発であろうと連続したのであろうとプロが綺麗に撮影してるのは、経験則による勘を働かせてるからだろう。

その勘は花火撮影だけでなくあらゆる被写体を撮って得たものであり、素人がネットで得た付け焼刃など敵うはずはない。
いやいや敵うんです。
私など花火撮影は今回で三回目か四回目なのに、下のように撮れましたから~
といっても露出設定をどうするかある程度知ってるからであり、写真のイロハがまったくわからずいつもコンデジのオートまかせで撮ってるという方となると別ですが・・・

花火が地上から打ち上げられ上空で開くまで時間差があり、単発だけを撮ろうとするのはよほど勘が冴えてないと無理でしょう。
そこでいくつもの花火をバルブ撮影することになります。
その花火の大きさと光り具合によってバルブ開閉時間はまちまちですが、今回私が目安にしたのは5秒から10秒で、絞り値をF11~14に変えてます。
バルブ時間とも露出値を変更してるのは花火の打ち上がった数によってで、多く写しこむときは絞り値を大きくし、少なくするときは小さくし、それとともにバルブ開閉時間も変えました。

F11で10秒露光したのはほとんど露出オーバーになり2,3秒だと露出アンダーになってました。
撮影を始めたとき時そういう結果をもとにし、あとはだいたい勘まかせです。
撮影当日の昼にビールを飲んでて昼寝して起きたのが6時過ぎ。
慌てて用意しかけつけるも花火の打ち上げ開始10分後。
それでもま、なんとかものにできたというか、結果は御覧の通りです。

昔の多摩川花火大会といえば丸子橋でした。
子供のころよく見に行ってましたが高校生になるころ交通規制が難しくなり開催しなくなったようですが、最後は東横線下の堰堤で仕掛け花火が川幅いっぱいにひろがった様が見事でした。
その花火大会と前後してお盆には燈籠流しをしてた多摩川
昨夜は秋を思わせるような肌寒さだったし今朝もひんやりしてて、そろそろアユとサケが多摩川を遡上するのかも知れません。

丸子三業地があったほど、その昔は船べりで芸者衆を侍らせる旦那衆が多かったらしい。
川崎側の新丸子には料亭が何軒もあったし、東京側の多摩川浅間神社の下を走ってる東横線の上には橋が架かってて、そこを渡ると松籟荘とかいう料亭があり、花見時は酔客であふれてた。上流の二子玉川と対岸の二子新地然り登戸にも料理屋がたくさんあった。
その名残が連れ込み宿だったし今に残るラブホテル。
そんな昔日を偲び夏の名残を楽しみながらの花火撮影でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SLICK MASTER
hanabi_0003.jpg hanabi_0004.jpg hanabi_0005.jpg hanabi_0006.jpg hanabi_0007.jpg   hanabi_0008.jpghanabi_0009.jpg hanabi_0010.jpg hanabi_0011.jpg hanabi_0012.jpg hanabi_0013.jpg
hanabi_0014.jpg hanabi_0015.jpg hanabi_0016.jpg hanabi_0017.jpg               
テーマ: 花火 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑

起きない仔猫 

たまに撮りに行く猫のところへ行くと目当ての猫がいない。
3匹いるので1匹ぐらいいてもおかしくないはずだと思ってると叢に見かけない猫がいた。
それも仔猫。
前回ここに来たのがいつだか思い出せないほど日が経ってるにしても、仔猫などいなかった。
間近でシャッターを何度押しても、ぐっすり寝てて起きない仔猫。
先住猫の3匹は不妊去勢されてて仔猫が産まれるはずないのだが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5
cat_numa_0001_gol.jpg cat_numa_0002_gol.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ハスの花にホバリングするハチ 

ハスの花にホバリングするハチ。
植物はは風や虫によって受粉し花を咲かせる。
そういう意味でハチは植物にとって重要な役割を果たす有難い存在だが、我が家の庇にいくつもハチの巣を作るのはどういうわけだろう?
去年は玄関の庇の照明脇に20センチ以上の巣があるのに気付き、暮れに撤去したら今年は窓上の庇にまた大きなのを作ってた。
榎本三恵子に恨みを買う覚えはないのだが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
flower_hasu_0016.jpg

追記
今夜は多摩川の花火大会へ行って来ました。
ロケハンなしでしかも打ち上げ開始10分後に川崎側から撮影。
慌ただしい思いでしたがなんとか撮影できました。

撮影データ シャッター:7秒 絞り値:F14 露出補正-1.3 
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
hanabi_0001.jpg 

テーマ: 花・植物 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑