思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

泥棒猫 

アジの干物を失敬した猫。
昔は泥棒猫といって朝夕家のまえで七輪で焼いてた魚を失敬する猫がいたものですが、それを目の当たりにするとは思いもしてなかっただけに、干物を咥えて駈け出したところを撮り逃がしたのが悔しくてならない。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROの万能ズームはスナップ撮りにいいんですが、 開放値が暗いので明け方のこのシーンで望遠側にするとブレてしまいます。
かといって開放値が明るい望遠ズームレンズとなれば持ち歩きが大変だし、だいいち高すぎて手が出ない。
それで以前からネオ一眼レフタイプのLUMIX DMC-FZ1000は35mm 判換算: 25-400mmで高倍率ズームだし、開放値が F2.8 - 4.0で明るいので欲しいと思ってましたが、先日キャノンが発売したPowerShot G3 Xは35mm 判換算: 24-600mm でルミックスよりさらに望遠端が長くなってます。
但し開放値は/ F2.8 - 5.6で少し暗いのが決め手に欠けます。
物欲に走るときりがなくあるものでなんとかするのが心情ですが、それでもこういう近寄れない猫撮りのシーンでは魅力あるカメラだと思ってしまいます。
それにチルト液晶やピーキング(ピント位置拡大表示)など手持ちカメラにはないし、なによりもいいのは動画撮影でもオートフォーカスが被写体に追随してくれることで、PENTAX K-5Ⅱsにはない機能があるのでサブカメラとして欲しくなるんですよね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
左は初めて見たときで人に動じない猫だと思ってましたが、翌朝は右の画像のように奥の作業員たちの人目を盗む、いや干物を盗んで行きました。
作業員が気付いて出て来た時すでに猫は逃げたあとで、思わず苦笑してしまいましたよ。
cat_katsu_0005.jpg cat_katsu_0018.jpg  
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 10 | edit

ページトップへ↑

釣り人に猫 

一昨日「ご機嫌伺いする猫」と題して記事にしたキジシロ。
釣り人はもちろんこちらが近づいても動じることはありませんでした。
察するところ、この漁港で釣り人たちに顔を知られてて、またおこぼれ頂戴に来たのかと憎めない存在なんでしょう。
漁港に猫はつきものだし、釣り人たちにしても足元に来られればじゃらして暇つぶしするにはいい相手なのかも知れませんね~~~

餌に困ってるようには見えないそんな猫でも、時には憂いを見せることもあるようです。
cat_katsu_0014.jpg

cat_katsu_0010.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_katsu_0008.jpg cat_katsu_0009.jpg cat_katsu_0011.jpg cat_house_0011.jpg cat_katsu_0012.jpg cat_katsu_0013.jpg cat_katsu_0015.jpg cat_katsu_0016.jpg        
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

昨日見た夕焼け 

昨夕ブログの更新をしてると窓からの建物がいつになく黄色っぽく見えました。
空を見るとピンクがかった青に黄色を混ぜたように見える。
それがじょじょに暗くなっていくうち赤く染まり出し、夕焼けだとカメラを持ち土手へ駆け出しました。

夕日赤く地平の果て 今日も沈み時はゆく
遥か遠き君住む町  一人しのぶ旅の日よ
心に秘めた恋     その名を呼べば
むなしくかえるは谺よ・・・

昔よく歌ってた加山雄三、いや岩谷時子さん作詞のこの「夕日は赤く」を口ずさみたくなるような夕焼けになってました。


sunset_0001.jpg sunset_0002.jpg sunset_0003.jpg sunset_0004.jpg    
テーマ: 夕焼けの写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

ご機嫌伺いする猫 

釣り人から獲物のおこぼれを頂戴する猫をたまに見かけますが、この猫は今日の釣果はどうかと釣り人たちのご機嫌伺いしてるようでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_katsu_0004.jpg cat_katsu_0003.jpg  

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

高幡不動のアジサイ 

ajisai_0098.jpg

昨日に続き高幡不動アジサイです。
高幡不動は初めてですがどういうところか予備知識を入れることなく行って来ました。
駅を出て裏道を行ったのは猫がいるかと思ってのことですがいませんでした。
それでも青梅の街並みを思わせるしぶい居酒屋があり、アジサイをからめてみました。
ajisai_0103.jpg ajisai_0104.jpg 

高幡不動アジサイは高幡城址へ続く小路の山腹に咲いてました。
四国八十八ヶ所霊場の全行程1460キロを高幡不動尊の山内八十八ヶ所めぐりで手軽にできていいですが、時間と経済的ゆとりのない私にすれば有難いもののご利益はあるのか?
ajisai_0105.jpg ajisai_0106.jpg ajisai_0108.jpg

弘法大師像に手を併せ手早速アジサイを撮影。
ajisai_0107.jpg ajisai_0109.jpg ajisai_0110.jpg    ajisai_0111.jpg ajisai_0112.jpg ajisai_0113.jpg 

ajisai_0099.jpg

ajisai_0100.jpg

ajisai_0101.jpg

ajisai_0102.jpg

多摩川台公園のアジサイはマクロ撮影が多かったんですが、こちら高幡不動では風景として少しばかりアジサイを撮ることができました。
それでも滴を見ると思いっきり寄りたくなる+>j<*';

老若男女問わず小雨が降ったり止んだりのなか、皆アジサイを楽しんでました。
ajisai_0114.jpg ajisai_0115.jpg ajisai_0116.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

昨日カメラバッグと一脚を購入するのに2時間以上かかり、写真を撮り歩くより疲れた感じ。
購入したあと引き戸すべてが開け放たれた開放的な居酒屋でビールを飲んでると猫が通り過ぎて行くのが目に入り、店長に猫撮って来るからとバッグから取り出したカメラで追って行きました。
もどって来ると店長が写真はいい趣味ですねという。
店員たちの福利厚生は恵まれてるほうだけど、休みの日はクタクタで寝てばかりで趣味を持っててもする暇がないという。
確かに寝れば疲れはとれるだろうけど、趣味で楽しまないと心までは満たされないだろうというと、そうなんですよね~と苦笑してた。

ほろ酔いで居酒屋を出て電車に乗り込むと、ガタンという音がして何だろうと見ると足元にカメラが転がってた。
やっちまったか・・・
下部はレンズ収納の仕切りで上部はカメラ本体と小物入れになってるカメラバッグというかショルダーザック。
上部に購入したレンズ用の仕切りを入れその上にカメラを入れてたんですが、ファスナーを閉め忘れてたのだ。
万能ズームにフードを逆付けしフィルターをつけてましたがなかなかとれないし、レンズキャップをようやく外せたはいいが、フィルターはひびどころかかなり砕けてる。
それを恐る恐る外すとレンズに大きな傷は見えないものの、それでも砕けたフィルターの破片がレンズに付着してる。
カメラを落としたのはこれが2回目で、何やってんだか・・・
帰宅後ブロワーで破片を落とし完動したのを確認すると、それで由乃を撮影しファイルを確認したらPCでは異常が見られない。
御釈迦にならなかったのは高幡不動で山内八十八ヶ所めぐりしたおかげだろうか~~~
有難うございました、弘法大師様~~~
ともあれ、フードとフィルターを装着してたのが幸いしてたんでしょう。
フィルターはよけいだという方がなかにはいますがそのよけいなものは画像処理できるし、フードはレンズ保護の為にも常時装着してるほうがなにかと無難でしょうね~~~

昨日はカメラとレンズが御釈迦にならずほっとしたのも束の間、今日雨が降ってるなかアジサイを撮りに行ったらカラスだかハトにカメラの軍艦部に糞を落とされてしまいました。
テイッシュとレンズクリーナー用のペーパーでなんとか事なきを得ましたが、昨日に続いてこの災難にはほとほと参りました。
それでも居合わせた若いカメラ女子と写真の話をしたりでめげずにすみました。
さきほどその女性に自分が使ってた昔のレンズを進呈しました。
Nikkor 43-86mmで40年ほど前購入したものですが、今ではジャンクめぐりしても見当たらないほど古いレンズ。
またニコンにもどることがあっても使うことはないので、写歴3年だという彼女に使ってもらえればレンズも喜ぶでしょう~~~
trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑

鎌倉のアジサイ狂騒 

アジサイを撮りに鎌倉円覚寺東慶寺明月院浄智寺へ行って来ました。
ajisai_0088.jpg

ajisai_0091.jpg

ajisai_0090.jpg

ajisai_0089.jpg


アジサイの掲載はもうしないといっておきながら、なぜまた?
多摩川台公園は近所なのでアジサイの咲きはじめからかなり行ってました。
3千株あるといわれるアジサイですが、年々開花する数が減ってるような気がするし狭くて限られたところへ何度も行ってるうち自分自身飽きてしまいました。
それでたまには鎌倉へ行こうと思ってたんですが成就院が工事をしてて海をからめたアジサイの撮影ができないし、明月院が混んでるのはわかってる。
それでも鎌倉は自分が写真を撮るようになってから通い始めた土地だし、神社仏閣をからめたアジサイなら風景として撮ることができる。

そんな思いで雨が降りしきるなか北鎌倉の駅に降りると改札を出る人でごった返しててびっくり。
しかもその人波が線路伝いに明月院まで続いていようとは・・・
そんなことで円覚寺なら空いてるだろうと行きましたが、その考えは甘かった。
アジサイなどほんのわずかしかないというのに傘の花がたくさん咲いてまして、それなら猫のしいちゃんを。
ajisai_0096.jpg ajisai_0097.jpg      

東慶寺にしても山門下の階段から行列だし境内は押すな押すなで明月院並みの混雑。
浄智寺はさすがにひっそりとしてましたが、それでも撮影するには人が邪魔で・・・
40年以上まえからアジサイの時期になるとアンアンやノンノンなどが鎌倉をとりあげてましたが、それでも先日のように大降りの雨のときなどカメラマンがいるぐらいで一般客はさしていなかった。
それが今ではバスツアーで大挙して押しかけるので、開門と同時に入ったとしても思い通りに撮影することなどできない。
それでも長谷寺とか御霊神社は早くいけばそれなりに撮影できますが、成就院が工事をしてるというので北鎌倉に行ったのが間違いの元でした。
このさきも梅雨になれば、鎌倉のアジサイ狂騒は延々と続いて行くんでしょうね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
ajisai_0092.jpg ajisai_0093.jpg ajisai_0094.jpg ajisai_0095.jpg    
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

踊るカツオに頬ゆるむ港の男たち 

勝浦漁港はカツオの水揚げ量が関東一だそうです。
放り投げられた踊るカツオに頬ゆるむ港の男たちの笑顔がなんともいえない。
これこそスナップ撮りの醍醐味でしょうね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
travel_katsuura_0059.jpg
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

勝浦の朝市で落花生の半立を買う 

朝市というものに行ったことがあるのは高山だけ。
宮川沿いにずらっとならんだ店で赤かぶを買ったのはもう35年ほど前のこと。
あ、函館のも行ったか・・・
でも、函館のは朝市という感じより食べ歩きだったような・・・

国内で流通してる落花生の九割が輸入らしい。
落花生は別名南京豆というし、中国産とか台湾産が多いんでしょう。
茹でた落花生を初めて食べたとき確かに美味しかったけど、やっぱりバターピーナッツとか殻付のが好き。
米でいえばコシヒカリと称される落花生の半立
亀戸の豆屋にいる看板猫のクリちゃん撮りに行ったときたまに落花生買うけど、あそこのは本当に美味しい。
そんなことが脳裏に焼き付いてて、それで勝浦では是非とも半立ちを買いたかった。

そのまえに夜明けの漁港をひとまわりして時間つぶし。
それで6時ごろ朝市会場へ行ったものの、まだ準備をしてるところがほとんどで出店数もさほどでない。
高山の朝市のような活気がないのは平日だからだろうか?
聞けばほとんどが地元とその付近の住人がスーパー代わりに購入してるらしい。
高山のように観光客相手でないのが素朴でいいところなのだろう。
採りたての野菜が安いし、加工食品の種類がかなりある。
撮影しながらしばらくすると開店準備が整い、ようやく半立ちを購入。
その場で味見させてくれたけど、本当に美味しい。
こくがあるというか、ダダ茶豆のように味が濃い。

宿にもどっての朝食は歩きまわったこともあり、御櫃をほとんど空にするほど食欲旺盛。
たった一泊二日の安近短な小さな旅でしたが、思いのほか堪能できました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
travel_katsuura_0047.jpg travel_katsuura_0048.jpg travel_katsuura_0049.jpg travel_katsuura_0050.jpg travel_katsuura_0051.jpg travel_katsuura_0052.jpg travel_katsuura_0053.jpg travel_katsuura_0054.jpg travel_katsuura_0055.jpg travel_katsuura_0056.jpg travel_katsuura_0057.jpg travel_katsuura_0058.jpg            
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

夜明けの勝浦漁港 

夜明けの勝浦漁港です。
鰹祭りなるものがあるほど勝浦はカツオの水揚げが多く、県外からカツオの一本釣りの船が集まって来るようです。
漁港近くの水産加工場では早くもアジが干され、それを猫が失敬するのを見ましたが惜しくも撮り逃がしてしまいました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO
travel_katsuura_0044.jpg travel_katsuura_0045.jpg travel_katsuura_0046.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

勝浦漁港の昼と夜 

勝浦漁港の昼と夜、そして街の光景です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO

勝浦担々麺の店舗案内図があるのはさすがです
travel_katsuura_0027.jpg travel_katsuura_0028.jpg

暑かったこの日海では若者たちがサーフィンをしてました
travel_katsuura_0029.jpg travel_katsuura_0030.jpg travel_katsuura_0031.jpg

活気づいてる漁港と釣り人たち
travel_katsuura_0033.jpg travel_katsuura_0032.jpg travel_katsuura_0035.jpg

漫画喫茶があっても利用者はいるのか?
昔ながらの板張り民家と三和土に仕舞われてる自転車は潮風で錆びないためだろうか?
高照寺の乳公孫樹
travel_katsuura_0037.jpg travel_katsuura_0038.jpg travel_katsuura_0039.jpg travel_katsuura_0040.jpg

夜の漁港はひっそりとしてると思いきやホテル三日月が不夜城の如くだし漁に出る船があった
travel_katsuura_0041.jpg travel_katsuura_0042.jpg travel_katsuura_0043.jpg          
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑