思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

透過光で撮影した桜 

透過光で撮影したの画像2枚です。
昨日と同じ新宿御苑のソメイヨシノ陽光桜ですが、濃いピンクの陽光桜はあまり透けませんね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_0022_20150329112154e2e.jpg flower_sakura_0023_20150329112155c2e.jpg  

青年学校農業科教員高岡正明氏は神の国の日本が戦争に負ける訳がないと生徒たちにいったことを後悔し、戦死した彼らのためにどんな気候条件にも適する陽光桜を誕生させ慰霊したらしいです。
日本を軍国化させてる安倍晋三内閣に、戦争の悲惨さを知ってか知らずか付和雷同し迎合する者が多い。
安倍晋三は祖父岸伸介がアメリカと締結した安保条約では自国防衛できないと見做してるのか、集団的自衛権行使容認に走り自衛隊を我が軍とまで言い放ってる。
自国防衛のための自衛隊のあり方は多事評論で人によって見方はいろいろだろうが、交戦権を否認してる憲法9条をあってなきが如くにしようとしてる安倍晋三内閣。
自衛隊が交戦すれば日本本土に戦火が及ばないとも限らず、そうなれば若者たちが前線に出て行くことになるだろう。
それどころか物がなくなり、まさに第二次世界大戦の混乱を招くのは必至。

そういった生死を彷徨う現実を実感してる者がどれほどいるのか!
広島と長崎に原爆が投下されその惨たらしさは筆舌し難いし、その遺児たちが謂れなき差別に苦しんでるとも漏れ聞く。
戦争になれば好き勝手なことをネットで発言するのはもちろん、すべてはお国の為と制限される。
「贅沢は敵」といいながら一部の者はのうのうとしてただろうし、軍部に取り入って大金を手にした者もいるが国民の大方は食うや食わずの極貧生活を虐げられる。

そんな戦争を二度としてはならない。
そのために高岡正明氏は陽光桜を誕生させし、その史実をもとに映画が製作されるとのこと。
かつて御母衣ダム建設のために湖畔に移植された荘川桜に感銘した佐藤良二氏は、国鉄バス名金急行線の運転手だったこともありその沿道に私財で桜の苗木を植栽していきました。
その氏をテーマにした「さくら」という映画がありました。
太平洋側の名古屋城から日本海側の兼六園まで桜並木にしようという壮大な夢を実現させるのは並大抵の苦労でなかったでしょうが、国が焦土と化す戦争と違い夢があった。
だからこそ氏が亡くなっても後継者がいたし、映画にもなったんでしょう。
高岡正明氏の「陽光桜」がどんな内容になるのか知りませんが夢のある映画なんでしょう。

平和な世の中だからこそ桜を愛で撮影できるし、花見とは名ばかりでどんちゃん騒ぎもできる。
そんな時代がこの先も続くとは限らないのは、愚かな有権者があまりにも多すぎるしそれに乗じて悪政を敷く政治屋が跋扈してるからに他ならない。
テーマ: 邦画 | ジャンル: 映画 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

透過光の桜をPLフィルターで撮影したら赤外線フィルムのような感じになりました 

梅やを撮影するのに光線状態とカメラの設定によって花びらが白飛びすることが多い。
露出をマイナス補正すればある程度白飛びを抑えられますが、肉眼で見たときより暗くなってしまう。
それでも画像処理でトーンカーブを持ち上げれば明るくなりますが、せっかく白飛びを抑制した意味が薄れてしまいます。
それならPLフィルターを装着しての撮影がいちばん無難でしょうが、太陽(光源)から90度のときが最も効率よく反射を除去してくれますが、逆光や順光では効果がないとされてます。
それでもある程度空を暗く落とせることがあり、風景撮影でよく使ってました。
但し、片利きすることがあるので要注意です。

PLフィルター装着で撮影したですが、左のはトリミングして圧縮しただけですが、右のは少し明るめに画像処理してます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_0019_20150329110357216.jpg  flower_sakura_0020_20150329110358738.jpg

上右のをモノクロにすると、まるで赤外線フィルムで撮影したように見えます。
透過光とは逆光もしくはそれに近い光線状態のときに起きる現象なのに、PLフィルターの効果があるのかと疑問に思われる方がいるでしょう?
でも写真撮影における逆光というのは太陽を正面にしてるときだけでなく、被写体に対し背景が明るいときでも同じことになります。
それでも太陽の光軸から外れた位置でカメラを構えれば PLフィルターは効果を発揮するようです。
ま、 PLフィルター使用でなくても赤外線フィルムで撮影したような感じに写すことは可能でしょうが、てかりが除去され透けたの花びらが幻想的になりました。
flower_sakura_0021_20150329110400f7f.jpg  
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

簪みたいな枝垂れ桜 

六郷用水の密蔵院そばに植栽されてる枝垂れ桜みたいです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_0018_2015032911035577b.jpg
テーマ:  | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

枝垂れ桜もいいけどやっぱり猫が好き 

枝垂れ桜を撮りに行ったのにやたらとが目につき、昼過ぎに帰るはずが2時間も撮りしてました。
歩いててもなにか動いたはずだと探知機のレーダーが過敏に反応してしまいます。
枝垂れ桜もいいけどやっぱりが好き。
子供たちもを撫でてご機嫌でしたね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_0015_2015032818551638a.jpg

flower_sakura_0017_20150328185519c99.jpg flower_sakura_0016_2015032818551999a.jpg cat_ogawa_0001.jpg cat_ogawa_0002.jpg cat_ogawa_0003.jpg     
テーマ:  | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

キスはいや 

キスはいやとばかりに腰が引けてる仔猫は昨日記事にした猫たちの仲間です。
ここには3匹どころか全部で8匹いますが、飼い猫はこのチャトラだけだそうです。
それでもどこからともなく集まって来た猫たちに小屋を与えて面倒見てるとのこと。
のどかな里山で猫本来の姿で川の魚を獲ったり、その反面のんびり暮らしてるようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_house_0006.jpg

cat_house_0007.jpg cat_house_0008.jpg cat_house_0009.jpg cat_house_0004.jpg

今日里山の枝垂桜を撮影しに行くつもりだったのに寝坊してしまい目黒川に変更。
中目黒から渋谷方面に向かい右側はまだ蕾が多いものの、左側は5分から7分咲きに近い状態。
そこを少しばかり撮影し右側を目黒不動に向かうと二十歳前後の女性がぽつんと咲いた桜を撮影してて、うまく撮れたか聞き見せてもらいました。
するとうまく撮れないというか、カメラはじめたばかりでどう撮っていいかわからないという。
それならプログラムオートでなく露出優先モードに設定を変更させ、しかも中央部重点測光にし露出をマイナス補正で撮るように勧めました。
すると川面が暗くなり花が白飛びせず浮き上がったように写ってると喜んでました。
NEXのお姉ちゃん頑張っていいの撮るようにね~~~

こちらは4時間ばかり撮り歩いてヘロヘロですが、皆さん今頃夜桜の花見で盛り上がってるんでしょうね~~~
flower_sakura_0014_20150327184957a37.jpg       
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

思わぬ出会い 

墓地を購入したのは30年ほど前。
景気が良く仕事が順調だし毎月50万円ほど定期積立預金をしてた当時のことで、寝る間がないほど忙しいというのにシルビアで山へ行ったり写真を撮りにあちこち乗りまわしてました。
それがバブルがはじけ天国から地獄へ真っ逆さまに落ち、もう何もする気になれず会社をつぶして雇われる身分に。
収入はがくんと減ったものの、いわれたことをやればいいのはどれだけ楽かと思いましたね~~~
ま、その後車を手放す羽目になりましたが・・・

車がなくてもレンタカーがあるし友人知人が持ってるので、それで10年ほど前までマイカー時代同様あちこち行ってましたが、それが今では3年余り運転してない。
我が家の野良猫の餌やりに翻弄されてることもあリますが、リタイア同然の今ドライブや旅行など贅沢をひかえてます。
それでも困るのが墓参り。
墓地がとんでもないところにありバスで行けても本数が少ないし、墓地の送迎バスは土日祭日と彼岸の期間以外前日予約しなければならない。
しかも管理事務所から墓まで400余りの階段を上らなければならず、やはり送迎バスを利用せざる得ない。
そういうところに墓地を決めたのは父親が亡くなった先の近くだからでしたが、今思えばもっと近くで便利なところなかったのかと・・・
そんなところでも墓石建立までにかかった費用が400万近いんですからね・・・

そんな墓地へ先日の彼岸に行きましたが、その周辺はまさに里山。
satoyama_0001.jpg satoyama_0002.jpg  

それでもなんども行ってて見飽きてるので少しばかり足を延ばしました。
それで行った先は都内及び近郊在住で草花の撮影愛好者ならあそこなら知ってるよというところですが、敢えて場所は伏せておきます。
ま、その最寄り駅に着き市街地の狭い路地のような道を歩いてると、第一猫発見。
cat_town_0040.jpg

人馴れしてないのか逃げられましたよ。
それから少し行くと第二第三の猫がいたし、目的地へ行く道から外れると迷う恐れがあるので脇道へは行きませんでしたが、行けばかなりいるのではないかと思いましたね~~~
cat_town_0041.jpg cat_town_0042.jpg satoyama_0003.jpg satoyama_0004.jpg satoyama_0010.jpg 
そして目指したところへ到着すると昨日記事にした菜の花畑の前の茅葺屋根があり、しばらくその周辺を撮影したものです。

satoyama_0007.jpg
 
satoyama_0006.jpg satoyama_0005.jpg satoyama_0008.jpg satoyama_0009.jpg

モダンな住宅が建ってるとはいえ、高野辰之の唱歌の詩が思い浮かぶような里山の光景。
それを撮り終え表通りに出て帰ろうとすると猫がいるではないか~~~
それも3匹・・・?
思わぬ出会いに小躍りしちゃいましたね~~~
cat_house_0005.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO 
テーマ: 心に残る風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

梅と菜の花畑と茅葺屋根 

菜の花畑に 入日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし
春風そよ吹く 空を見れば 夕月かかりて 匂い淡し

里わの火影も 森の色も 田中の小径を たどる人も
蛙の鳴くねも 鐘の音も さながら霞める 朧月夜


高野辰之はこの「朧月夜」のほかにも「故郷」「春の小川」春が来た」を作詞してて、誰もが幼いころ歌った曲ばかりでしょう。
その氏の故郷長野県下水内郡豊田村に行ったことがあります。
高野達之記念館の周囲は農村といういうより市街地のはずれという感じで、歌われてる詩情を味わうとまでいきませんでした。
そこへ行くまであちこち車でまわって疲れてたということもあり、歩いて里山気分を味わなかったからでしょう。
車は公共の交通機関がないところへ行ける便利さがある半面、ほんの些細なところを見落としてしまうことが多い。
その些細なところこそ、自分にはかけがえのないところなのかも知れないのに・・・

この菜の花畑茅葺屋根にたどり着くまで駅から歩いて行きましたが、里山気分を味わうにはもってこいのところでした。
というのもたんに鄙びてるだけでなくそこかしこに猫がいたし、1キロ余りなのに優に1時間ちかくかかってしまいました。
それで目にした非日常的なこの光景は・・・いうことなしです。
いや、菜の花がもっと咲いて黄色い絨毯になってればという思いが無きにしも非ずですが~~~

PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
view_0005.jpg

テーマ: 心に残る風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

旧六郷用水の桜が咲きだしました 

旧六郷用水が咲きだしたのは一昨日3月22日でした。
かたかった蕾がほころび、今日は数輪開花してます。
寒の戻りで最低気温が4度まで下がったものの、ソメイヨシノは今が咲きどころと寒さに関係なく花を開くそうです。
暖かくなる金曜には3分咲きか?
そうなれば上野のお山は夜桜見物でごった返すでしょう。
上司の命令で場所取りする部下たちは大変だ~~~

flower_sakura_0013_20150324143415f8d.jpg

まだかたい蕾もありますが全体的に膨らみかけてます。
日当りのいいところでは開花してるし~~~
flower_sakura_0009_20150324143348f48.jpg flower_sakura_0008_20150324143348a55.jpg flower_sakura_0010_20150324143350b83.jpg flower_sakura_0011_20150324143411d0e.jpg flower_sakura_0012_20150324143413213.jpg      
テーマ:  | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

綺麗なお姉さんいますよ~ 

テーブルチャージ90分3500円は安いのか高いのか?
夜のクラブ活動してたときは座っただけで4万とかだったし、それにくらべたら格安だろうがこの不景気では高く感じる。
それでも黒猫が綺麗なお姉さんいますよとでもいってる気がしてならない。
どんなお姉さんだろうと、もう女性に興味がないし関心なくなってるし・・・

cat_tow_kama_0002.jpg 



テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

梅と土蔵 

昨日彼岸で墓参りの帰りある所へ行きました。
電車を降りて歩き出すと里山らしい風情がそこかしこにあり、農村の名残に心が落ち着くというよりときめいてくる。
初めて訪ねたということもあり見るものすべてが新鮮に感じられました。
汗をかくほど暖かく桜が開花してもおかしくないというのに、日当りがよくない梅はあまり花をつけてない。
その後ろには雨風に耐えた土蔵が・・・
地方へ行けばありふれた光景だろうが東京近郊でもあまり目にしなくなってる。
それをどう感じるかは人しだいだし、カメラを向けない方が多いかもしれない。
自分の心情を揺さぶるといえば大袈裟か?
カラーでは味気ないとモノクロにしたものの、人様にそんな自分の心情が伝わるかどうか・・・

snap_0070.jpg
テーマ: モノクロ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑