思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

落ち葉の撮影で奥ゆき感を出す 

枯葉とか落ち葉を目にする季節になりつつあります。
それを撮るにはいろんなアングルがあるでしょうが、ただ葉を撮るだけでは何を意味してるか分からなくなってしまいます。
それで黄色く色づいた枯葉を主題に撮りましたが、上段左のは閉塞感が漂ってる感じです。
右は上部を取り入れたことで奥ゆき感が出てます。
それをトリミングしたのが下段です。
SIGMA 17-50mm 2.8 DCは開放値が比較的明るいので絞りを開けると背景がそれなりにボケ主題が目立つようになりました。 
主題の葉がもっと右寄りで黄金分割比に適ってればよかったんですが、それだと街灯の根元が何本か写りこむのでやむを得ず左側に寄せました。
構図的な理想をいえばセンターより右上に主題があり、その前後がボケてればいうことなしなんですけどね・・・

flower_fall_0044.jpg flower_fall_0045.jpg 

flower_fall_0046.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

新宿御苑のプラタナス並木 

あなたの肩先に ひらひらこぼれてる プラタナスの枯葉 寒そうな枯葉
と歌ったのはランチャーズですが、新宿御苑プラタナス並木は青々としてほんの少し枯れてるていど。
紅葉して枯れ、すべての葉が落ちるのはクリスマスのころでしょうか?
そんな並木道で弁当を食べたり本に読み更けたり、猫のように日向ぼっこするのもいいでしょうね~

snap_0042.jpg snap_0041.jpg
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO  

 SIGMA 24mm 1.8 DG MACROは好きなレンズですが逆光シーンではゴーストとフレアーが派手に出ます。
ハレ切りするにも手が写りこむほどでないとゴーストとフレアーを防御できない。
付属の花形フードもかたなしです。

2枚の画像は新宿御苑下の池で昼頃に撮影しました。
陽がみじかくなりトップライトといっても高度が低く、それがかえってゴーストとフレアーの原因になりやすいんでしょうが、来月下旬は開園と同時に下の池の紅葉を撮影するし、そのときは斜光線ベストアングルを狙うつもりだし、これほど派手なゴーストやフレアーは出ないと思うんですが・・・

wood_0002.jpg wood_0005.jpg   
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

紅葉始まる 

自宅近くで紅葉が始まってるのがありました。
ほとんど緑のままなのにカエデ一本だけが赤く染まりコントラストが鮮やかでした。
都内でも探せば10月に紅葉してるのがあるんですね~

wood_0006.jpg
テーマ: 紅葉 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

乳白色の十月桜 

デング熱で閉園してた新宿御苑が再開園したので行ってきました。
目的は下の池のカエデの色づき具合を見るためですが、緑のままで紅葉するのは例年通り11月半ばから下旬でしょう。
あちこち歩きまわって目についたのはバラですが、それより帰りぎわ見た十月桜に惹かれました。
陽が傾き逆光で撮ると白銀とか薄墨色に写ってましたが、思いきって透過光風に仕上げると乳白色十月桜になりました。
画像処理ソフトは撮影したときのイメージになるべく近づけるために利用してますが、大胆な試みも面白いものです。

Lightroomで肉眼で見た目に処理した画像
flower_fall_0043.jpg

透過光風に仕上げた画像
flower_fall_0040.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO でバラのマクロ撮影 

SIGMA 24mm 1.8 DG MACROは私が唯一持ってる単焦点レンズです。
夕方のスナップや暗いところで猫撮りするために購入したんですが、めったに使うことがないのは万能ズームをつけたまま交換レンズを持ち歩くことがほとんどないからです。
それをあえてSIGMA 24mm 1.8 DG MACROだけを持ちバラのマクロ撮影をしました。

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO最短撮影距離は22センチですが、それはレンズ先端からでなく撮像素子からなのでバラにフードがぶつかりそうなぐらい寄れます。下手をするとフードの影が出てしまうぐらいです。
撮影倍率は1:5でマクロ専用レンズより小さく写りますが、寄れる分大きく撮ることができます。

また開放値がF1.8なのでボケが滑らかで綺麗なのがいい。
これは大口径単焦点レンズならこそで、万能ズームが逆立ちしても敵わない。
それをあえてF6.3まで絞って撮影したのは被写界深度を深くすることでなるべく多くのシベにピントを合わせたいからです。
それでもフォーカスポイントがメシベからずれてしまい、オシベばかりに合焦してるのが癪ですが、手持ちなのでしょうがないでしょう。
そのぶん後ろの花びらの脈というか筋がボケながらも出てて、単調な画像の雰囲気作りに一役買ってると思うんですが・・・

flower_fall_0042.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

里山の秋 

里山の秋といえばなんといっても
見てよし食べてよしの
来月山梨県塩山駅前にある旧高野家住宅甘草屋敷吊るし柿を見に行こうと思ってますが、日帰りバスツアーなので撮影はあまりできないでしょうが・・・
jike_0001.jpg

ススキを撮ったもののトップライトに近い状態のため金や銀に輝いてないのが残念です。
jike_0002.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

寺家ふるさと村の秋景色 

昨日あえて場所を伏せて記事にしたのは寺家ふるさと村です。

場所は川崎市と横浜市が隣接してる北部に位置し、西側にこどもの国があるといえばおわかりでしょうか?
田園都市線の青葉台駅からバスで鴨志田団地行き終点で下車し、坂道を下って行けばすぐに水田が広がってます。

私は20代から仕事の関係で、寺家ふるさと村はもちろん梶ヶ谷以西のR246沿いをよく通ってました。
この当時246にバイパス機能はなく馬絹交差点を過ぎたあたりは水田がそこかしこにありました。
その馬絹近辺だと思いますが「峠の食堂」というか店名の食堂があり、その先にある飲食店といえば市が尾のあかべこしかなかった気がします。
沿道に民家はありましたが、見渡す限りほとんどと田圃という状態でした。
そんなところに東急などの不動産業者が戸建て住宅の販売を始め、瞬く間に住宅街に変貌していきました。
それでも市が尾から横浜上麻生線を北上した鶴見川沿いの水田地帯はいまだに健在だし、その先の寺家ふるさと村はもとより地図上では恩田や成瀬にしても田が残ってます。

仕事柄しょっちゅうそういうところを通ってました。
そして今の我が家の一角にしてもアパートやマンションが建ち並び、昔の下町風情は全くなくなってます。
時代の流れとともに景観が変わるのは当然でしょうが、半世紀足らずの変遷に息をのまずにいられません。
年をとるとともに昔はよかったと思う気持ちが強くなり、3歳ころ祖母のところで暮らしてた付近は小さいながらもがあり、三つ子の魂百までではありませんが田園風景に思いを馳せるようになってます。

そんなことで寺家ふるさと村に足を向けました。
時あたかも実りの収穫時であり、稲刈り風景を目の当たりにできました。
谷戸の方へ行けばはさがけされた稲に、地方まわりをしてた時同じ光景を見ても仕事に追われ何も感じなかったというのに、それが今では郷愁に誘われます。
いろんなことが走馬灯のように思い出されてくるのです。
都会で生まれ育ったというのに、田園風景郷愁を感じるとはおかしなものです。
それだけ年をとったからでしょうか・・・

地方に住んでる方にすれば、こんなものどこがよくて撮影したのかと思われるかもしれません。
都会に住んでるからこそ、目新しく映る田園風景にカメラを向けずにいられませんでした。
jike_0006.jpg jike_0007.jpg jike_0008.jpg jike_0005.jpg jike_0010.jpg jike_0009.jpg jike_0011.jpg jike_0013.jpg jike_0012.jpg jike_0014.jpg jike_0015.jpg jike_0016.jpg jike_0017.jpg jike_0018.jpg jike_0019.jpg jike_0020.jpg jike_0021.jpg jike_0022.jpg jike_0024.jpg jike_0023.jpg jike_0025.jpg jike_0026.jpg
奥に見える建物は横浜桐蔭大学と高校です
jike_0027.jpg                           
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

都内から1時間余りで行ける水田 

皆さんすでに新米食べられてますか?
こちらは10日ほど前新潟産の新米を食べましたが美味しかったです。

の美味さを知ったのは40年ほど前新潟へ1か月ほど出張したときです。
3月から4月にかけてで収穫から半年ほどたってるというのに、出されたご飯はまさに銀シャリ。
いわゆる木賃宿なのに契約農家ので、味噌は手作りしてたし糠漬けもよく、アジやサバといった活きのいい魚でどんぶり飯をかるく2杯食べてました。

また今から20年ほど前新潟県亀田市出身の女性と知り合い新米を送ってもらったところ、上記した出張時のことがまざまざと蘇り、やはり新潟産だと思ったものです。
その後も新潟へ行くことが多く、佐渡のホテルや八海山の山小屋で食べた米も美味しかった。

先日自宅から電車とバスを1時間余り乗り継いで水田地帯へ行きました。
東京の近くで水田地帯というと不思議ですが、それがあるんです。
40年ほど前なら綱島駅から15分ほど行ったところに水田と畑がそこかしこに広がってたし、場所は違ってもいまだに都市近郊に農家が健在してます。
そんな都内から1時間余りで行ける水田の光景です。

jike_0003.jpg

jike_0004.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

氷雨に濡れる紅葉と愛しき野良猫 

氷雨に濡れる紅葉のなか我が愛しき野良猫はこの寒いなかも元気なようです。
先日梅雨前まで置いてあった塒を復活させるべく仮りの塒を作ったのに入らないので、屋根と出入口をはずし在り処をわかるようにしましたがそれでも入って来ない。
仮り小屋に万が一由乃が寝てて雨に降られれば濡れてしまうので、しかたなく一昨日撤去しました。
とにかく塒があるということを理解してもらわなければならないし、ホルスタインや昨日はどこからともなくキジトラが来てたし、そんな他の猫たちが先に居ついては困るし、雨続きになるということで撤去したら冬を思わせる氷雨です。
明日の東京の最低気温は12度だというしストーブをつけたくなるような冷え込みです。

そんななか合図して呼ぶと由乃が出て来ました。
温めたウエットは綺麗に食べるものの、一緒に出したカリカリはほとんど残してる。
昼食べたのがまだ完全に消化せずそれほど空腹でないのかも知れませんが、ウエットだけでは腹持ちが悪いし水分が多いのでそのぶん逆に体が冷えることが猫の由乃にはわからないんでしょう。
ま、それでも元気でいてくれるし、好きにすればいい。

ハナミズキがすっかり紅葉し、なかには枯れた葉が氷雨にうたれて落ちてます。
デング熱騒動で長い間閉鎖してた新宿御苑が開園したし、天気が良くなればバラやキクを撮りに行きたいんですけどね~~~
flower_fall_0035.jpg flower_fall_0036.jpg flower_fall_0037.jpg flower_fall_0038.jpg flower_fall_0039.jpg     

餌を食べ終えたあと、雨でどうしょうかなにか考えてるんでしょうか・・・天気が良ければ庇で日向ぼっこしながら寝るんでしょうけどね~
yoshino_0102.jpg yoshino_0103.jpg  
テーマ: 紅葉 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑