思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

迷い道をふらふら 

ゴールデンウイークに青森か尾道へ行こうか3月からいろいろ計画してました。
まずは交通機関をなににするか、そしてどちらにするかが問題なのに、私はこれまで行ったところのことを思い出してばかりいて、遅々として計画が進まない。
それなのに、尾道なら天空に浮かぶ竹田城が近いから行ってみようかなどと地図を見てしまう。
竹田城もいいが、母がよく口にしてた津山の桜を見に行こう。
津山から高梁なら備中松山城がそばで、竹田城と同じ天空の城を拝める。
その津山へ行くのに智頭急行に乗ろう。
ローカル線の旅はいいし、いっそのこと青春18きっぷで行こうか・・・
そんなことをあれこれ思いめぐらものの、弘前城は今秋から大規模な改修工事が始まり堀を埋めてしまい、10年ほど堀に映る桜を見ることができない。
それどころか弘前に5回行ってるというのに夏から冬にかけてばかりで、一度も花見をしてない。
それに人懐こいももちゃんやシャムもどきの猫に会いたくてしょうがない。
それで行きつけの宿2軒に予約状況を確認すると、やはりゴールデンウイークは無理でその前後ならなんとかなるという。
弘前城の花見には遅いだろうが、ゴールデンウイーク明けでも岩木山神社先の桜並木なら見頃だろう。
なんなら青函フェリーで函館に渡り北海道まで桜を追い駆けよう。

消費税引き上げが迫った3月半ば、PCの買い替えをやっと決めセッティングを済ませまた旅行のプランを練ってると、モニターが映らなくなってしまった。
それで急遽買いに走りなんとかネットを再開できるようになったものの、去年秋から撮影した画像フォルダーを整理しないままだし、ハードディスクのバックアップもしなければならない。
そんなこんなで以前のネット環境にするのに、かなりの出費をしてしまい旅行どころでなくなってしまった。

そもそも青森か尾道のどちらにするかで迷いに迷ってました。
それに関東以北の地域でゴールデンウイークといえば田植えをする時期で、白川郷へ行ってみようかとも思ってました。
まるで目的地が定まらないというか、宿の手配がうまくいかないこともあって行く気をなくし、それに追い打ちをかけるように予定外の出費と体調不良もあり、どこへも行かずおとなしくしてることにしました。

昨日昼過ぎから東京は小雨がぱらついてて、今日の昼からは大粒の雨。
4月の雨は5月に花を咲かせるではありませんが、墓参りのついでに青梅の塩船観音へ行けばツツジが見ごろになってるはず。
6月は潮来のアヤメを見に行きたい。

雨の1日をとりとめのないことに時間をとられ、気が付けば早夕方。
ブログの更新をなににするかにも迷い、雨つながりで雨上がりの枝垂れ桜を撮ってたのを思い出しました。
flower_sakura_0048.jpg

テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫の夕涼み 

寒がりで暑がりやな猫は車の下とかボンネットの上がお気に入りのようですが、今年初めて、夜だというのに車の上にいる猫を見ました。
猫の夕涼みといったところですかね~

yoshino_0047.jpg

以前Nikon D7000を使ってた時、これと全く同じシチュエーションでオートフォーカスは迷いに迷ってました。
それはズームレンズで開放値が暗いということもありますが、検出範囲がが-1~19EVでは輝度やコントラストが低いと合焦できなかったんでしょう。

ところが今使ってるPentax K-5Ⅱsは-3EVまで検出するので、これぐらいの暗さなら難なく
合焦します。
ま、SIGMA 24mm F1.8 DG MACROという単焦点で開放値が明るいレンズということもありますけどね~


テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

そよ風の中の男と女 

花大根だろうかそよ風に吹かれどこにピントが合ってるのか、撮影した自分でさえ分からないぐらいです。
なにも花大根をモチーフにしたわけでなく、男と女がやすらいでる姿を撮りたかったんです。
ところが著作権個人の肖像権だのあって、顔をはっきりと写すと何かと問題があるので、それでそよ風で揺らぐ花大根があたかもモチーフのようにして撮りました。
RAW現像したのを見ると、そのカップルが思いのほかボケててこれなら掲載できると相成ったわけでして…

ネットが今のように当然でなかった10年前というよりデジカメが発売される前の当時、日本カメラやアサヒカメラのコンテスト写真など見ると当然のように街ゆく人々を撮影したのが掲載されてましたが、それをブログなどで掲載すると当人でなく第三者が、この人たちに許可を得て掲載してるのかといってくる時代です。
そんなこと聞いてどうするつもりか知りませんが、暇人にはお手上げです。

spring_0001.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

不老ふ死温泉で極楽気分に浸る 

温泉は疲れを癒すだけでなく日常の雑事を忘れられることがいちばんでしょう。
昔山登りをしてた当時山麓の温泉を浴びビールを飲んだ爽快さ。
なんともいえない気分でした。

写真は4年前行った不老ふ死温泉です。
ゴールデンウイークを温泉で極楽気分に浸ってる皆さんが羨ましいです。


spa_0001.jpg
テーマ: 温泉旅行・温泉宿 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

夜汽車に乗って旅に出たい 

渋滞や混雑する列車や飛行機を我慢し、今頃温泉はいって美味しいビール飲んでるでしょうか?
ゴールデンウイーク初日をそうして目的地に着いた方たち、お疲れ様です。
思う存分羽を伸ばしてくださいね~


田舎の姫路へ行くのに急行銀河が初めての夜汽車でしたが、私が中学生だったとき夜汽車はざらにありました。
それで軽井沢や八ヶ岳へ行くのに何度か鈍行の夜汽車に乗りましたが、夜が明けきらないうちに着くので寒い思いをしたものです。
 
3年前青森へ行くのに特急寝台あけぼのに乗りました。
それ以前にも仙台へ行くのに寝台車に乗ったことありますが、二段式のオープンタイプでした。
あけぼのはソロの一階だったので比較的ゆったりしてるほうでしょうが、カシオペアに比べたらかなり狭いんでしょうね…

そのあけぼのが氾濫しそうだという胎内川手前で5時間ほど停まってしまい、東能代から乗るはずだったリゾートしらかみに乗り継げませんでした。
それでも青森は初めて訪問するところで、見るものすべてが新鮮でした。
いろんな猫にも出会え、この年1年間に5回も青森へ行きました。
2回目以降は飛行機や夜行バスとか新幹線で、あけぼのではありませんでした。

そのあけぼのが今年3月廃止になりました。
カシオペアや北斗星、それにサンライズ出雲と瀬戸にしてもいつまで走ってるのかわかりません。
いや、いつ廃止にされるかというべきかもしれません。
なんでもかんでも利益優先で利用者無視を続けるJR。
夜汽車に乗って旅に出たいという夢を奪わないでほしいものです。

train_0001.jpg 
テーマ: 駅の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

僕も君も私も名カメラマン 

函館へ行った観光客のほとんどが朝市へ、そしてツアーでなく時間があればこの函館港を見下ろす八幡坂へ行くでしょう。

以前運営してたブログで「僕も君も私も名カメラマン」というタイトルで掲載した写真です。

明日からゴールデンウイークで、皆さんあちこち行かれるんでしょうね~

hakodate_0001.jpg


テーマ: 旅の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

奇妙な柄の猫 

奇妙な柄の猫は顔が白黒で首から下は茶褐色。
この猫を見たのは3年前の尾道ででした。
雨が降って水たまりとまでいかないまでも、坂の上から雨が流れ込んでるところでじっとしてました。
翌日も気になって行くとそのそばにいましたが、間近で見た足はがりがりでした。
そんな猫にも会いたかったし、他にもブログ仲間の墓参りをしたく4月始め広島へ行くつもりでしたが、諸事情で行けませんでした。
 
cat_onomichi_0002.jpg  cat_onomichi_0003.jpg

4月8日の日付になってますが4月9日の間違いです。
cat_onomichi_0004.jpg cat_onomichi_0005.jpg  
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

仲のいい猫 

仲のいい猫。
下の画像を見ると確かに仲睦まじく見えますが、外猫同士だった由乃とクロがはじめから仲が良かったわけではありません。

 クロが来て9か月のころで、箱はそれぞれ入るよう二つ置いてあるのに一つのところに入って暖めあってました。
yoshino_kuro_0001.jpg

クロが我が家からかなり離れたところにいたのを見てから1年ほどたった時、どういうわけか由乃の縄張りに現れました。
そんなクロに一度餌をあげたら毎日その時間になると来るようになったんです。
由乃に追い駆けまわされてばかりいましたが、それでも懲りずに私の足元をちょろちょろしてました。
由乃とは離れたところで餌をあげてましたが、食べ終わると由乃の様子を見てるこちらの足元へ来るクロ。
いつしか由乃もそんなクロを認めるようになり、追い駆けまわすことがなくなっていきました。
一昨年11月由乃が風邪で生死を彷徨ってるとき、クロは塒で寄り添って体を暖めてあげてました。
由乃はクロのおかげかどうか知りませんが、閉じたままだった瞬幕が正常になり餌も食べるようになりましたが、クロはその数日後失踪してしまいました。
いや、クロもこの年の8月足の付け根をえぐられるようなけがを負ってて、それを餌やりにいった直後由乃と一緒にいた塒からいなくなったんです。
もともとそのエサやりが我が家のそばでクロに餌をあげてたし、クロを獣医に連れて行こうと捕獲を試みても失敗してたので、その人には私より懐いてたのでうまく処置するだろうとのことでいったんですが、豚猫のことでその人間とすったもんだしてたこともあり、一言もいわずクロを連れ去ったんでしょう。
そのクロがいなくなって由乃は寂しい思いをしてるんでしょうが、猫の気持ちはわかりませんからね…
yoshino_kuro_0002.jpg yoshino_kuro_0003.jpg

我が家周辺にはそのエサやりが来る者拒まずで餌をあげてるので、どこからともなく現れたホルスタインやその仔猫も今ではすっかり居ついてしまってます。
それで由乃が相当なストレスを感じてることなど、エサやりは意に介さないんでしょう。
こちらが由乃に餌をあげるようになってから5年になりますが、
由乃は子猫時代からその人間から餌をもらってて、今でもある時間になるとその人間のところへ行ってます。
由乃が唯一懐いてる人間ですからしょうがないです。
そこにはホルスタインと仔猫はもちろん、ほかに5匹ぐらい集まってるようです。
それでも由乃は孤高なので、ほかの猫たちと離れたところで餌をもらってます。
そんなとき由乃はホルスタインやほかの猫たちをどういう思いで見てるのか知りませんが、エサをもらうためにはしょうがないと割り切ってるんでしょう。
そのためほかの猫がいても揉み合うことはないのかもしれません。

それでも先日私が目にしたのは、ホルスタインの仔猫チビと睨み合ってるところでした。
その由乃は私に気付いて餌を欲しいのか、睨んでたのも忘れ駆け寄って来ました。
そんな由乃に子猫は呆然とするばかり。
yoshino_with_chibi_0001.jpg cat_holstein_chibi_0002.jpg

ササミを食べてる由乃を見てるのが気の毒でチビにもあげたんですが、食べ終わった由乃は姿を消してました。
チビが低空飛行で飛来した
カラスを追って行った先に由乃がいました。
塀に駆け上がってにじり寄るチビに、なんと由乃が逃げ出して行く。
おまえ、ホルスタインを完全に見下してるのに、その仔猫のチビにビビってどうするんだ!
雨が降ってるというのに、追い駆けられた由乃が塒に戻って来たのはそれから4時間ほどたってからでした。
cat_holstein_chibi_0003.jpg

クロが来たときは由乃が追いかけまわし、縄張りを守るためにはしょうがないと思ってました。
ホルスタインに対してもそうですが、子猫のチビに追い駆けられてはクロのように仲良くなれる可能性は皆無でしょう。
そんなことでチビを見ても相手にしないと決めました。
ただただ由乃に健やかな日々を送ってほしい。
そのためには他の猫に来てほしくないというのが心情です。
由乃は他人から見れば外猫とか野良猫でしょうが、私にすれば懐かないけど飼い猫だと思ってるからです。
そんなことでクロのことが懐かしく思い出されてます。

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

4月の雨は5月の花を咲かせる 

4月の雨は5月の花を咲かせるではありませんが、4月は意外と雨が多い。
それで桜が見ごろだというのに雨で散らされてしまうようですが…
ま、その桜が葉桜となった今ツツジが見ごろを迎えてます。
根津神社や塩船観音といったツツジの名所へ行かなくても
ツツジはいろんなところで見ることができ近所の道端にも咲いてる。
雨上がりにそんなツツジを撮りました。

カメラ     PENTAX K-5Ⅱs
レンズ    SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
露出     F7.1 補正なし
SS        1/125
露出モード  中央部重点測光
焦点距離  300mm(35mm換算で450mm) 
flower_tsutsuji_0001.jpg 


これは一昨年行った青梅市の塩船観音です。
tsutsuji_0002.jpg

サムネイルをクリックすると拡大しますが、もう一度クリックするとさらに大きくなります。
モニターに全面おさまりきってませんので縦スクロール するようにお願いします。

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

リード付きで散歩してる猫ですが・・・ 

リード付きで散歩してる猫ですが、自由気ままというか気まぐれな猫が犬のように飼い主のいうことを素直に聞き入れる訳がありません。
猫を散歩させてるというより、飼い主が猫に散歩させられてるような感じでした。
ぐずってる猫ですが、それでも外に出てご機嫌なのかもしれませんね~

cat_bunkyo_0012.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑