思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

彼岸に撮影したヒガンバナ 

片道2時間かかるのに体調がすぐれず彼岸なのに墓参りに行かず仏壇に手を合わせ両親を供養。
その後カメラを持ち出し散歩してると彼岸花が目に付く。

9月半ば過ぎになるとネットでヒガンバナを目にすることがが多く日高の巾着田が話題に挙がってました。
数年前その巾着田へ彼岸時に行ったことがありますが、500万本ものヒガンバナが群生してる様は圧巻でも遠方から観光バスで押し寄せる人の波も負けず劣らず多く落ち着いて撮影できる状態ではなかった。
ま、早朝なら人はあまりいないでしょうが・・・

そんな巾着田でも行きたいと思ってたのは猫がいるかだし墓地から比較的近いからですが、墓参りとあわせるとまる一日かかるし歩く距離もかなり長くなるので断念。
ということで近所のヒガンバナを撮影。
背景がうるさくても白いヒガンバナは珍しいので撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 2017_09_0017.jpg 2017_09_0016.jpg 2017_09_0019.jpg  


高校時代級友が突然自宅を訪ねて来たことがありました。
その彼ととくに親しくなかったので何故と思うものの、来るもの拒まずで近所の土手へ行きました。
そこで何を話したのか全く覚えてませんが、今度はうちへ来ないかといいます。
近所に絵描きの東郷青児がいて仲がいいんだというのに、東郷青児が誰だか知らないというと自由が丘のケーキ屋モンブランの包装紙の絵を描いた人だといわれすぐにわかった。

高校時代自由が丘は何かにつけよく行ってて、ジャズ喫茶ファイブスポットで100円のコーヒーで何時間もねばりながらマイルス・ディビスやウエス・モンゴメリーなどを聞いてたし、デートにモンブランでケーキを食べちょっとした贅沢気分を味わってたからです。
で、その後戸越公園だか戸越銀座にある東郷青児の家へ案内されたことがありますが、変わったおじさんというイメージでした。

その東郷青児がテレビ美の巨人たちで紹介されてましたが、高校時代変わったおじさんだと思ったのはともかく、ネットで調べるとかなりの艶福家だったようです。
これより遅れること少しで付き合った彼女の父親が前衛画家だったし、二十歳ごろよく鎌倉へ撮影しに行ってて知り合った年配の方がなんらかのサークルに所属してたのか、その会合に連れて行かれると二科展の常連熊谷九寿さんという画家を紹介されたことがあります。
その当時60代半ばだったと思いますが、鎌倉の山奥に住んでて仙人のようないでたちでした。
油絵で鯉を描くのをライフワークにしてたようで若輩者の私にその鯉をポストカードにして年賀状を送っていただいたことがありました。

写真に対する造詣があっても絵心の全くない私が数年前から土曜の晩というと「美の巨人たち」を見るようになったのは絵に対してコンプレックスがあるからだろうか?
東郷青児熊谷九寿という著名なふたかたにいまさら畏敬の念を抱いても仕方ありませんが、引き合わせてくれた両者に感謝したいものです。
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ヒガンバナの滴 

9月半ばからヒガンバナは咲いてないかと近所や毎年撮影してるところへ行くもののありきたりなものしか撮れない。
花そのものが綺麗だから撮りたいというのはそうそうなく、アジサイにしても雨が降ってるときや雨上がりのがしっとりしてるしなによりも滴がついてると構図云々にあまりとらわれずに撮りたくなるのが不思議です。
それで雨上がりに撮りに行っても風が強かったり滴がついてなかったり・・・
ということで霧吹きで人為的に滴をつけました。
邪道でしょうが生き生きしてるそんなヒガンバナの滴です。

 2017_09_0036.jpg 2017_09_0035.jpg 2017_09_0033.jpg  

2017_09_0020.jpg 2017_09_0021.jpg 2017_09_0022.jpg 2017_09_0028.jpg 2017_09_0029.jpg 2017_09_0023.jpg 2017_09_0024.jpg 2017_09_0025.jpg 2017_09_0027.jpg 2017_09_0026.jpg  2017_09_0032.jpg 2017_09_0030.jpg 2017_09_0031.jpg 2017_09_0038.jpg 2017_09_0039.jpg                
テーマ: 撮ってみた | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ヒガンバナにクロアゲハ 

ヒガンバナクロアゲハ

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 butterfly_0002_20170926214620761.jpg butterfly_0003_20170926214621e5d.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

雨のヒガンバナ 

夏の終わりから台風が次々上陸し今日もまた台風16号が和歌山県に上陸し東京でも雨。
ま、秋雨の時期なので雨が多いのは当然として、上陸する台風が多すぎて異常だ。
被害がないことを祈るばかり。

雨ばかりと嘆いても雨が止むことはないし、風雨が強くない朝、昨日と同じところへヒガンバナを撮影してきました。
100mmマクロ70-300mmズーム簡易マクロで滴をアップ狙いですが、スペック限界まで近づいてもたいして大きく写らないのはアジサイと滴をここ数年さつえいしててわかってたし、こんなものかと~~~
マクロレンズはワーキングディスタンスが短いのはよしとして、等倍でなく2倍撮影できないかと思ってしまう。
接写リングをかませば等倍以上なりますが、そのぶん絞りが暗くなってブレやすいので雨の日は使えないし・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

2016_09_0022.jpg

2016_09_0021.jpg 2016_09_0023.jpg 2016_09_0024.jpg 2016_09_0025.jpg 2016_09_0026.jpg 2016_09_0027.jpg 2016_09_0028.jpg                                       
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

今年初めて見つけたヒガンバナ 

先週から散歩するたびに去年咲き誇ってたヒガンバナのところへ行ってるんですが、まだ早いのかまったく咲いてないというか株ごとなくなってるのが多い。
それが今朝まったく関係ないところで咲いてたヒガンバナを今年初めて見つけました。

PENTAX K-5Ⅱsのカスタムメニューでキーを1段マイナス設定いたおかげでヒガンバナの赤を色飽和を起こさずに撮影できました。
去年日高の巾着田へヒガンバナを撮影しに行ったときこのキー設定を忘れてたので今年こそは忘れずにという思いがあり、ヒガンバナだけでなくチューリップにしても原色のどぎつい赤黄青のときは注意してます。
メーカーが違っても同じ設定があるはずなので、これからヒガンバナを撮影しようと思ってる方はカメラの設定を今一度見直したほうがいいと思います。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC 中間リングN.O2/ smc PENTAX-A 50mmF1.4
2016_09_0013.jpg 2016_09_0014.jpg 2016_09_0015.jpg 2016_09_0016.jpg 2016_09_0017.jpg 2016_09_0018.jpg
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑